音の話をちょっとでも 今なに聴いてんの? モータウン・レコード・コーポレーション

椎名林檎ちゃんのNewアルバムがかなり攻撃的でインパクト大な物だったからか、いくつものメディアでも特集が組まれていたりしました。
その中の一つ、林檎ちゃんとクリス・ペプラーの対談を見たのですが、
「椎名さんと&トータス松本さんがモータウンに造詣が深いのは聴いていてわかる」
という言葉が出てきました。
聞き慣れないモータウンという言葉。
妙に気になって調べてみました。

レーベル名でした。
去年入院するまで働いていた副業でMのマークのレコードを大量に見ました。
これがモータウンレーベルのマークだったのです。
知識が繋がってきたぞ。

ウィキペディアによると、
アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト発祥のレコードレーベル。
1959年、ベリー・ゴーディ・ジュニアがタムラ・レコードとして設立し、1960年、モータウン・レコード・コーポレーションとなった。
レーベル名は自動車産業で知られるデトロイトの通称「Motor town」の略。
アフリカ系アメリカ人が所有するレコードレーベルとして、ソウルミュージックやブラックミュージックを中心に据えて大成功をおさめ、ポピュラー音楽の人種統合において重要な役割を担った。
1960年代モータウンは、ポップの影響を受けたソウルミュージックのスタイルとして「モータウン・サウンド」の提唱者となった。
1960年から1969年の間、Billboard Hot 100のトップ・テンに79曲もランクインし、インディーズ・レーベルとしては異例の大成功となった。

モータウン・サウンドの特徴としてポップにアピールするため、
バックビートにタンバリンのアクセント、
時に派手で時に流れるようなエレクトリック・ギターの旋律、
独特のメロディとコード構成、
ゴスペルを起源とするコールアンドレスポンスが使用されている。
オーケストラ弦楽器、管楽器、念入りにアレンジされたバックグラウンド・ヴォーカルを使用するなどポップの技術が取り入れられている。
複雑なアレンジやメリスマ的ヴォーカルは避けられる。
モータウンのプロデューサーたちは「KISSの原則」(keep it simple, stupid、簡潔に、の意)を確信している。
ポピュラー音楽において黒人アーティストの作曲や演奏がよく行われるようになったにも関わらず、白人演奏者に演奏されない限り人気が出たり認知されたりすることはなかった。
しかしモータウン・サウンドは明らかに独特で、白人演奏者がそのサウンドを再現することは不可能である。
実際のモータウン・サウンドはそれをアレンジされたものより好まれるようになった。

モータウン・レコードの成功は、作曲およびプロデュースの能力に加え、モータウンの音楽の広がりの重要な役割はゴーディの審美眼によるところが大きい。
ベリー・ゴーディは毎週金曜朝に品質管理会議を行ない、最高品質のもの以外はリリースを拒否した。
週間ポップ・チャート第5位以内を目指して、新曲リリースのたびに毎回この審査が行われた。

っという事らしいので、これまでアーティスト単位で好みに合う物を探していましたが、しばらくモータウン・レコードのアーティストを中心に探してみようかと思います。
Soul、Funkばかり聴くことになりそうですが、好きなジャンルなので楽しめるかと。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。


僕とうつ病&統失 闘病記 2019.06.07 6月の病院にて

関東地方が梅雨入りした今日、雨の中病院に行ってきました。
身体が重くて病院に行けない事はないにしても、けっこう辛い状態でしたが、行かないともっと辛いことになるので、無理して行動。

先生には先月のほどほどに頑張るで止めておくというアドバイスを実行してから体調の波が小さくなったと報告。
動けない日は座っていられない程起きている事が辛い日もあるが、基本的に安定しています。
ただ頭の中は思考が切り替わってしまって、一日かけても何をした日だったのか?と思い出せないような日もあるとも伝えました。

先生によると、今はかなり薬を減らした状態で、ギリギリだそうです。
仕事をするようになったら、増やすことになりそうだけど、今はこのままが良いとの事。
寝る前に飲んでいる錠剤は何を狙っての処方ですか?と聞いたら、心を安定させるための物でコレをやめると今も少し幻聴があるだろうけど、それがもっと全面に出てくる可能性があるから、やめられないとの事。
薬はこのままで行きましょうという事で話がついた。

デザインの仕事が入ってきて、大変そうな事は断ったのだが、小さな仕事は断りきれなくて引き受け、その小さな小さな仕事ですら何日もかかってしまって苦しんだと言ったら、その小さな仕事ですら断る事がホドホドの仕事量だと思ってくださいと言われてしまった。
まだまだ安静にしないといけないということか・・・

とはいえ、母からショップカード作りの依頼が入ってきているし、小さな仕事第2弾が間もなく始まるので、6月は休んでいられないと思う。
先生の言いつけを守らない悪い患者ですが、断れない性格ではなくて、断れない事も付き合い上有るという話です。

薬に変更は無しです。
 ゼプリオン水懸筋注75mmシリンジ(注射)
 夕食後:ランドセン0.5mg 2錠、オランザピン2.5mg 1錠

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

道草小噺 「安全」になりました

先日、URLに安全ではありませんと表示されてしまう問題について書きました。
セキュリティーの設定はしてあるけど、仕様としてhttpだけだと安全ではないと表示され、httpsだと表示されなくなるという物です。

しかしセキュリティーの設定をしているのに、危険なサイトのように表示されてしまうのは不本意なので、何か方法は無いものか?と舞台裏を見ていたら、閃いてしまいました。
っというよりはセキュリティー設定をしているなら、こちらもついでに設定しなさいよ という場所を発見。
そこをいじったら、httpsのURLになり、安全ではありませんの文字は消え、ご丁寧に南京錠🔒のイラストまでURLの前に表示されるように。
何でもっと早くに気付かなかったのか?というほどあっけない解決方法だったのですが、まぁ結果オーライという事にしましょう。

前回も書きましたが、畦道通信はお金や個人情報の記入は発生しないただのブログなので、まったくもって安全なサイトです。
コメント記入の際はハンドルネームを書くだけですし、こちらも安全です。
どうぞ、心置きなく畦道通信を読んでいってくださいね。
(*´∀`*)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。