僕とうつ&統失 闘病記 2014.01 動けない、眠ってしまう、愛犬が可哀想で自責

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・今年に入り、幻聴幻覚が感じられなくなった。
 薬の副作用も無く、今の処方が自分に合っているのかもしれない。
 このまま行ったなら、この処方を続けて欲しいと言おうと思う。

・一日中起きている事ができず、コタツで眠って過ごしてしまった。
 これくらいの事で罪悪感は感じなくなったが、
 やはり、出来る事ならば起き上がって活動していたい。

・昨晩、母と群馬県にあるレシピ作りの参考になりそうな店に行こうという事になっていたのだが、今朝起きてみると体が重く、行くのは困難だと判断。
 出発1時間前に母に行けない旨のメールをする。
 1階に下りて直接言うべき事だが、
 それも出来ずにメールで済ませたことも自己嫌悪の原因になる。
 10時くらいになってやっと体が動くようになり、
 愛犬の散歩に行く事ができた。
 午後になると、また体が重くなり、コタツで眠って過ごしてしまう。
 もっと体が動く薬があるのか次回病院の行ったら、聞いてみようと思う。
(直接話ができない程身体が重い事は良く分かる。 レシピ作り関係の事は朝は早いし、立ち仕事だし、頭も使うから、無理が無いわけないんだよね。 レシピ作りは今思えば辛いだけだったが、母はどう思っていたのか?手伝いが出来なくなった現在をどう思っているのだろうか?)

・今日も体が重くて、起きている事ができない。
 父は成田に墓参りに行ったが、本当ならば自分も参加するはずだった。
 ここ数日体調が悪く、
 前もって不参加になるかもしれないと言っていたので、
 朝行かない事を伝えなくても済んだ。
 父の車が家を出て行くときの音を聴いたら申し訳なくなってしまい。
 また自己嫌悪に陥る。
(成田までは遠い。 運転をしなくてもとても疲れるから、無理をして体調が悪くなる事をする必要はないように思う。 それが弟の墓参りだとしてもね。 何も申し訳なく思う必要はない。 自分の最優先は病気を治すこと、治そうとすること。 それには元気なフリをしたり、無理をして活動する必要はない。 治療とは逆方向のことになる。 弟はずっと成田にいるんだし、体調の良い日にいつでも行けば良い。)

・今日は体が軽く、愛犬を病院に連れて行くことが出来た。
 とは言っても薬は5日前に切れていたので、とても褒められた物ではない。
 おやつを楽しみにしているという母の言葉も後押ししてくれた。
 病院の帰りにセブンイレブンに寄って、
 丸ごとバナナミニとフルーツの焼き菓子を買った。
 大友克洋氏の本が売っていて買おうかと思ったが、
 700円もするので買うのは諦めた。
 仏壇に置いてやったら弟は喜ぶだろうけど700円が出せなかった。
 すまぬ弟。
(おやつで釣っての外出はとても効果があるけど、大量に甘味を買ってきてしまい、それを一気食いしてしまうから、おやつで動くのはどうなのだろうか? それでも外出しないよりは良いのかなという考えです。 外にも出なくなったら、何も改善しない気もするしね。 たまに外出して一気食いするのではなく、毎日小さな甘味を買いにコンビニまで行くことにした良いかもしれないね。)

・朝起きる時間が遅くなっていて、一日があっという間に終わってしまう。
 スマホのめざまし時計は6時半に鳴るようになっているが、
 その時間になるとアラームを止めて二度寝してしまう。
 6時半に起きる必要は無いだろうが、
 8時までには愛犬の散歩に行くようにしたいとは思っている。
 体は少し重いが、一日中コタツから出られないというような事は無く、
 その気になれば外出もできるかもしれない。
 今日はスーパーにカップラーメンとスイーツを買いに行こうと思ったが
 ダイエットの事を考え行かない事にした。
 食べなくても夕飯まで我慢できるようにならないといけないだろう。
(スイーツよりもラーメンだよね太るのは。 カップラーメンにご飯を投入して食べたりするから、間違いなく太る。 春雨系のカロリーは無いけど、少しだけお腹を満たしてくれる物を利用するのも良い。)

・一日中寝て過ごしてしまった。
 特別体が重いというわけでもなく、ただただ眠いというだけである。
 怠け病と言われてしまっても仕方ないと思う。
 明日は朝7時からレシピ作りをやる事になっているが、
 動けるか心配である。

・朝から体が思うように動かず、今朝予定していたレシピ作りに
 参加する事が出来なかった。
 10時前には母が部屋に来て愛犬の散歩も行ってくれた。
 何も出来なくて情けなくなるが、動けないのだからしょうがない。
 夕方からは何とか体も動くようになり、散歩に行く事は出来た。
 姉に背中に肉が付いていると指摘され、やや傷つく。
 痩せないといけないとは思うが、食欲が凄く食べずにはいられない。
 明日は、トシ・ヨロイヅカで行われるショコラデザートライブの
 予約電話をかける必要があるので、今日から気合を入れている。
 明日こそは動かないと!!
(レシピ作りが大きな負担になってしまっているよね。 夜からやるとか、短時間で終わらせるとか、もっと方法はあったように思う。 しんどかったら無理して付き合わずに白旗を上げる勇気も必要。)

・今日も体が重い。
 イエローハットに行かないといけない、
 ドッグフードを買いに行かないといけないで、やる事がたまっている。
 イエローハットに行かないと、またバッテリーがあがってしまうので、
 今日中に行かないといけないのだ。
 1時間ほど葛藤し行く事にした。
 どうせ行かないといけないのだったら、すぐに行動に出ればいいものを
 それが出来ない。
 情けないが、動ける時間が限られている。
 一日のうち、3つくらいのやる事を、一回の外出で周れるような、
 体の軽さが欲しい。
 明日は、ドックフード買いと、米の精米に行かないといけない。
 ウィンカーも直さないといけないしで、やる事が溜まってきている。
 こうなると追い込まれてしまうのがパターン。
 SEだった頃から分かっているじゃないか。
 早めはやめに行動して仕事をやっつけていかないと、
 どんどん深みにはまっていってしまう。
 明日も気合入れて外出しようと思う。
(後手後手に回って何もできなくなるのは自分の短所だということは十分理解しているはずだけど、それでも素早く対応できないんだよね。 早め早めに動くと後が楽。 やるべき事はどんどんやっつけていこう。)

・今日は比較的体が軽く、午前中からホームセンター、スーパー、
 米の精米と続けて行く事ができた。
 外出できたのは素晴らしいのだが、おやつを買ってきてしまって
 一気食いしてしまう。
 スーパーやコンビニに行かなければ済む事だが、
 おやつを餌にしないと外出する事ができない。
 体重がどんどん増えているので、おやつはやめないといけないだろう。

・一日中炬燵で眠って過ごしてしまった。
 愛犬の散歩は10時半まで行けなかったし、帰ってきてからも炬燵で3度寝。
 夕方になってやっと活動するようになったが、罪悪感を感じてしまう。
 薬は飲むと腕の中がムズムズする副作用がでて眠れなくなるので、
 昨日今日と飲んでいない。
 どの薬を飲むとそうなるのか分からないが、夜寝るときになるので、
 夕食後か就寝前に飲む薬のどちらかだろう。
 明日病院に行こうと思っているので、先生に聞いてみて、
 可能ならば薬を変えてもらいたいと伝えようと思う。
(薬が会わないと思ったらすぐに病院に行きたいところではある。 支払った薬代が無駄になるけど、飲まなかったり副作用で苦しんだりしてひと月過ごすよりはお金を払ってでも自分にあった処方をしてもらい、それを飲んで少しでも楽に慣れるようにしたほうが良いと思う。 病院自体が苦痛だということが問題だから、病院を早くに変えてしまったほうが良かったよね。 病院に行かないことが毎月問題になっているのだし。)

・起きる時間がお昼になってしまっている。
 朝の目覚ましを止めても、その足で炬燵に入り2度寝してしまう。
 1時間くらいで起きればいいものを、12時近くまで寝てしまい、
 愛犬の散歩もその時間まで行かない。
 愛犬の膀胱炎が悪化してしまわないか心配だが、
 それとは別に寝てしまう。
 母が一昨日、昨日と一人でレシピ作りをやっているので、
 やる時は誘ってくれと言った。
 早く起きると一日長いので、外出して一日を過ごしてみたいとは思う。

・14時まで寝てしまい、愛犬の散歩後も寝てしまい、
 動き出したのは19時以降。
 これではいけないと思うのだが、眠いやら体が重いやらで動けない。
 散歩が遅れる事で愛犬の膀胱炎が悪化しないかとヒヤヒヤしているが、
 それでも朝は起きられない。
 飼い主失格だと思う。
 薬を飲まなくなってから1週間くらい経っただろうか?
 それが影響して起きられないのかもしれない。
 明日は木曜日なので、病院は休み。
 金曜に病院に行き、洗濯をして、風呂に入る。
 朝起きて愛犬の散歩に行く。
 なんとかしたいとは思うのだが・・・・
 明日は朝7時からレシピ作りだ。
 6時半には起きるが、3時前になっても眠れない。
 昼間寝すぎなのだろう。
 なんとかしたいとは思う。
(愛犬を愛しているのに、それと動けるかは別。 犬は何も言えないのだから可哀想だし、こういう状態で飼ってはいけないのだろう。 でもどれだけこの犬に自殺を思いとどまらせられたか数え切れない。 この子がいなかったら自分は死んでいたと思うし、この子無しの生活も考えられない。)

・病院に行かないといけないだろう。
 それには風呂に入り、着替えて、洗濯もしないといけない。
 朝9時までレシピ作りだし、それから風呂、洗濯でお昼、
 16時には愛犬の散歩に行き、病院に向かわないといけない。
 できるだろうか?
(一日に色々と詰め込みすぎ。 もっと分散させて軽く片付けてその日は終わりにする事だね。 頑張らないといけない時もあるけど、そういう日もホドホドで止めておき、翌日に繋がるようにしたい。 夜更かししないで早寝早起きを実践するのは当然の事である。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

風来旅団 どこへゆく 1985.06 茨城県つくば市 つくば科学万博’85

当時、つくば科学万博は物凄い人気だった。
学校の授業でも万博のテーマに沿って紙新聞的📰な物をグループで作って競い合ったり、TV📺でも毎日のように特集が組まれ各パビリオンの紹介を日替わりで行なっていたりした。

斬新な形の建物が多く、それらは皆ピカピカで汚れひとつ無く、未来は明るいというメッセージが会場全体から伝わってくるようだった。
全部でいくつの企業が参加していたのか分からないが、1企業1アトラクション?建物?を作るわけで相当なお金がかかっている事は子供ながらに理解していた。
時代がバブル期だった事もあり、楽観的な丼勘定で建てられたような雰囲気がどの館にもあった。

デカイTVがあってね。
ちょっとしたビル🏢くらいのサイズがあったからね。
今の時代だったらLEDでどれだけ大きな画面でも作れてしまうだろうけど、この当時ブラウン管の時代だから、確か小さな画面を並べてひとつの映像を流すようにしていたとかだったかな。
この巨大TVに手を振るとその子の画像を画面に映してくれて、すぐに振り向いて写真を撮ると、画面と本人が1フレームに収まるなんて事も出来たりした。
そういう裏テクみたいな事ができるという情報もTVでやっていて、ちょっとした『熱狂』みたいな物があった。

この時期に学校🏫で1枚のハガキ✉️を書いた。
未来の自分に送るタイムカプセル💊だ。
学校で書いて、それを万博側(郵便局📮だけど)が管理し続けて、16年間後に届けるっていうのが驚くよね。
学校ぐるみで万博応援してたもんな。
ハガキの宛先は自宅だが、届くのは2001年。
21世紀になった年の元日🎍である。
ハガキには、このハガキが届いたら、またクラスメイトで小学校に集まろうという物だった。
集まる日付も書いてあったけど、本当に小学校に行った人はいたのだろうか?

さて、YouTubeで科学万博を検索してみたら映像がありました。
当時の様子が少しでもわかっていただけると嬉しい😌

写真は後ろにFUJIの文字があることから、富士通パビリオンだと思われる。
この館が何を展示していたかは思い出せないが、結構お気に入りの場所だったように思う。

全てが活気付いていた時代。場所。
もう一度戻ってみたい年代です。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

当時の会場、各パビリオンの風景↓
今見てもワクワクするデザインの建物ばかりだ


道草小噺 深夜の雷でMacが光った

今、梅雨の季節ですが、深夜に雷雨になりました。
近くに雷が落ちた音が聞こえて飛び起きると、真っ暗な部屋の中にあるiMacのモニターが赤く光った。
こりゃ逝ったなと思った。
買ったばかりの外付けHDDも繋がっているから一緒に壊れたと思った。

すぐに電源を入れて立ち上げてみたら、問題なく動いてくれたが、恐ろしいことです。
画面が赤く光ったという事はPC内に過電流が流れたという事。
壊れていても何ら不思議ではない。

眠ってから天気が悪化したようで、コンセントを抜いて寝るなどの対策は取れなかったのだが、夜中の天気予報も調べてから寝るようにしないとローンだけが残る事になってしまう。
恐ろしい事です。

あの鈍く赤く光ったモニターの色が忘れられません。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。