僕とうつ&統失 闘病記 2019.06.23 凶悪犯が精神病を装う事について

先日、警官を刺し拳銃を奪い逃走していた犯人が逮捕されました。
複数箇所を刺された警官も幸い命を取り留めることになりそうな流れ。
数日この話を書かずに世間の見方を様子見していたのですが、とりあえず落ち着いて来たかな。

犯人が「ゲームを止めたら、声が聞こえるようになった」と証言しているというニュースが流れたわけです。
この犯人、かなり計画的に犯行に及んでいるのは皆さんも気付いていると思います。
声が聞こえると事前に警察に相談しに行ったとの事ですが、普通警察に行きますかね?
その行動すら下地つくりのような印象を受けるのですが、実際にはどうなんでしょう。

自分に置き換えてしか判断は出来ませんが、声が聞こえてどうしようもなく苦しい状況になったら、人を刺したり、ピストルが必要になったりはしませんね。
人に危害を加えて声が止んでくれるわけがないし、思考が滅茶苦茶になっている時に、計画的に行動するなんて事は無理です。
声が止まなかったら、部屋に閉じこもり、布団を被って、耳を抑えている事くらいしか僕には出来ませんでした。

それをこの犯人は、声がしたから犯行に及んだわけでしょう?
警官からピストルを奪えって声が聞こえたのでしょうか?
普通、自分を否定したり攻撃的な声が聞こえるので本人は苦しむわけです。
この犯人は声に従った事になりますが、従わないですよ。
やってはいけない事や、あり得ないような言葉が聞こえるのが普通ですから、従わないのです。

犯人は頭が良いと感じる部分が多々あるのですが、精神鑑定の結果は刑事責任を問えると判断される事でしょう。

この話で一番僕が言いたい事は、精神病患者は健常者よりも犯罪率が低いという事です。
これは統計でハッキリと出ている事実です。
先程書いたように、本当の精神病患者は自分の事で精一杯だし、辛かったら内に内にと籠ろうとするのが普通の流れです。
また、精神病を発症する人の多くが、繊細で真面目な人が多いという事です。
他人に危害を加えようとするような傲慢で自己中心的な性格とは正反対なのです。

マスコミには、この事件を最後まで取り上げ、真実を粛々と伝えてもらいたいです。
「犯人は精神科に通っていた過去がある」と報道してそれで終わりですからね。
「精神病患者は危険ではない」って所まで言ってもらわないと。
犯人は精神病と言った責任があるんだし、そこまで伝えて初めて終わりになると思うし。

凶悪事件がある度に出てくる精神鑑定という言葉。
相当に厳しいチェックが入るぞ。
医者は騙せないぞ。
という事を伝えていく事も必要だし、
精神病患者を装う事は、証拠隠滅や、虚偽の証言をする事と同じように、罪が重くなる事としても良いと思うんだけど。

いつまで経っても、精神鑑定をして罪を逃れようとする犯人と、
精神病患者は犯罪者予備軍のような扱いを受ける、そういう印象に持って行かれる事に怒りを覚えるのです。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。