道草小噺 一瞬だけ益子焼

栃木県益子町、益子焼という焼き物の町ですね。
益子焼は、土の風味を活かしたどっしりとした素朴な造形が特徴の焼き物で、割と近所には笠間焼の町があるけれど、僕は益子焼の方が好きだったりします。

母の店で益子焼の食器を使っているという事があり、その追加の器を買いに運転手を買って出る事になったのですが、母が器を選んでいる間に僕も店内を見て回りました。

日本酒をおちょこ1杯夕飯時の飲むのを止め、
今は白米も三くちで食べ終わる量しか取ってい無いので、
おちょこも飯茶碗も見てもしょうが無い。
コーヒーカップを見たけど、今使っているブルテリアが描かれた いたってノーマルなカップで十分。
仕方なく生け花用の花瓶を見たりしたけど、値段が5万円って・・・
100万円近い物も置かれていて隣を歩くのが怖かったよ。

美味しんぼの山岡士郎が、人間国宝の唐人先生に対して、土をこねくり回しただけでぼったくりみたいなものだ 的な事を言うのですが、何でこの器はこんなに高いんだと母に言ったら、絵画だって同じような物でしょう。絵の具は高くないんだしとの事。

そうですね。
芸術としての付加価値があるんだろうね。

僕は柄とかいらないから、土そのまんまって感じのシンプルな湯呑が欲しいです。
でもシンプルなのって無いんだよね。
陶芸家は益子にも沢山いるのだろうけど、無地で変化の無い作品を世に出すのは勇気がいることなのだろうとは思います。

一日かけて陶芸の町を散策してお気に入りの一品を探すのも楽しいでしょうね。
おっさん的な意見を言ってしまいましたが、陶芸は興味あるんですよ。
食器を買い込んで、トランクに丁寧に乗せて、安全運転でトンボ帰りしました。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و