僕とうつ&統失 闘病記 2019.07.05 考えられないながらも悩む

7月の病院に行ってきました。
今日は混んでいて、結構待つことになりました。
他の患者さんの様子を見ていたのですが、みんな辛そう。
自分の症状は軽い方なのかもしれない。
それでも今日は体調が悪く、病院にも行けないかもしれないという所まで悩みました。
が、行かずに注射を打たないと更に苦しむ。
また入院前の頭の中がオカシクなる症状が出る事が怖く、病院に行くのも辛いし、行かなくても辛いことになる。
行かない時の辛さの方がしんどいので、無理して運転して行きました。

運転も危ないんだよね。
思考がまとまらない状態だから、信号や他の車の動きが頭に入ってきづらい。
徹底的に安全運転を心がけてやっと普通の人の運転レベルか?という感じで、短い距離の運転だけでも消耗します。

今日は体調が悪かったので、先生にも何も言えず、先月と変わりありませんという事が精一杯。
バイトは7月に入ってから4日連続で行けたけど、今日は無理でした。
行ったら更に悪化するのが目に見えているので、行かなくて正解かと思う。
先生の言うホドホドというのがどの程度までならやるべきか分からないのだけれど、きっと自分で判断するしかないんだろうな。

行けそうか、無理か。
ちょっと無理すれば行けるか。
それに行ったら体調はどうなるか。
はっきりとしたラインは無い。
何となくだけど、自分の感覚でちょっとサボリ気味だけど良いんだろうか?と罪悪感を感じるくらいが、何事も無理してしまう自分にとっては丁度いいラインのような気がします。
性格的にはそのラインは甘いんじゃないか?とか、ずるいんじゃないか?とか、迷惑だけしかかけていないんじゃないか?とか考えてしまいますが、体調最優先にしないと、結局もっと迷惑をかけることになるので、甘すぎる判定を下しています。
甘すぎるというのも間違っていて、そこを 適切 という考えになるようにしないと、考えるだけでも苦しむんだけどね。

注射は今月も当然のように打ったのですが、相変わらず痛い。
何で痛いのか考えるんですが、力んでしまうと痛いのかと思ったけど関係ないっぽい。
打つ人の技術かとも思ったけど違うっぽい。
打つ場所が人それぞれまるで違うんだけど、血管は関係ないお尻に打つので場所も関係ないっぽい。
どうやら、この注射自体が痛いのだと諦めるようにしたのですが、きっと薬剤がひと月かけて溶け出すジェル状だから、刺した時よりも薬を入れられている時の方が痛いのだろうという結論。
でもね、今日の看護師さんは注射が打ち終わった箇所を揉みほぐしてましたね。
それもまた痛いのね。
揉まれたのは初めてだけど、中の薬剤を馴染ませていたのだろうか?薬剤が漏れ出していたから押し込んでいたのか?😂
毎月痛いけど、今月のは特に痛かったです。
この注射だけは何度やってもいい気持ちはしないね。
慣れる物でもないです。
痛さレベルは結構本気でつねってるねってくらいの痛さです(笑)

今回は何も話せなかったので、薬に変化は無し。
 ・ゼプリオン水懸筋注75mgシリンジ
 ・(夕食後)ランドセン0.5mg2錠
 ・(夕食後)オランザピン2.5mgトーワ1錠

平均すると先月とは変わっていないように感じます。
でも色々と考えられないながらも、今後の事とか考えるのですが、苦しいです。
考えてもしょうが無い事だし、考えない事で回復が早まったり心が安らいだりするのも分かるんですが、やはり考えてしまいます。
僕の人生はもう終わっているんじゃないか?とかね。
だったら本当の終わりを自分の手で下そうとか考えるわけです。
闇ですね・・・

生きていると楽しいこともありますが、苦しい事の方が多いです。
誰だってそうなのだろうけど、打たれ弱いからね。
ふか〜いため息とかつくんですよ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。