僕とうつ&統失 闘病記 2019.07.07 遠い地での登壇

先日書きましたひきこもりの家族会に参加し、当事者、ご家族の前で話をさせていただきました。

今日の天気は雨。
風も強くて雨粒が斜めに飛んでくる状態。
こりゃ来場者は少ないかもねと思いながら車を2時間走らせましたが、50名以上の方に来ていただきました。
関係者も含めると70名の前で話をした事になります。

司会進行役の方とは打ち合わせの甲斐もあり、スムーズに話が進みました。
上手く話そうとはせずに、思ったことをありのまま言うことを意識して話しました。
2018年10月に登壇した時は統合失調症が最高に悪い状態だったので、話をしていてえっと何の話をしていたんだっけ?と真っ白になってしまった事が有ったので、今回はそれだけはやらないようにしようと心がけました。
要点を絞ってシンプルに答えました。

病気発症の頃、父親の無理解、自殺未遂、離婚、社会復帰に向けて、など辛い時期の話ばかりでしたが、淡々と話しをしました。
質問された事に対して答えていく形なので、8050問題などまで話す事はできませんでしたが、居場所を作ってやって親が理解者になってあげる事が遠回りのようだけど最短の道だと話しました。

一見居心地が良くなってひきこもりの味をしめて社会復帰が遠のくように思われるかもしれませんが、両親との信頼関係が無ければ部屋からも出てこないし、一緒に食事は取らないし、体調や考えている事を話すこともありません。

信頼関係の無い人から、いきなり仕事をしないでこれからどうするつもりなんだ!と正論で理詰めされたら、余計に部屋から出てこなくなります。
他の人も言っていましたが、ステップA,B,Cと復帰の手順が有ったとしても、いきなりステップAをやってみよ〜ってなるわけがないのです。

働いて自立してもらいたい。 どの親もそう思う事ですが、事を急ぐあまりいきなり仕事の話しをしてしまったり、不満を口にしてしまったりする人が多いのです。
仕事をしてほしかったら、仕事の話をしない事。
学校に行ってほしかったら、学校の話はしない事。
雑談ができるくらい関係が改善しても、仕事の話しは禁句です。
言われたから働くでは長続きしません。
本人が働いて金を稼ぎたい、社会に戻りたいと心から自主的に思えるまで家族は待つだけです。

ひきこもっているほとんどの人が、このままで良いとは思っていません。
長い休息の時間を過ごせば、いつか自ら働こうと意欲が出てくるはずです。
10年20年待つことになるかもしれません。
家族に出来ることと言えば、ひたすら愛情をかけて見守ること。
ご両親のアドバイスを素直に聞いたり意見交換をしたりできる信頼関係ができていますか?という事ですね。

そんな話しをしてきました。
雨の中、足を運んできてくれた来場者には感謝をしています。
メモを取る人、涙を流す人、色々な方と話しをして意見交換をしましたが、今回も結局、勇気をもらったのは僕の方なんですよね。

おそらくもう登壇する事は無いと思いますが、同じ苦しみを持つ方達と話しをする機会に恵まれ、心が満たされました。
苦しんでいるのは自分だけじゃない。
帰りも雨道で危険な路面だったのですが、気持ちは晴々でした。

自分へのご褒美にセブンイレブンのシュークリームを買って帰りました。
今日くらいはいいでしょう?

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。