道草小噺 ゾンビが徘徊する学校&ホワイトデーの甘酸っぱい展開

ゾンビが徘徊する学校内🏫を仲間と武器をもって探索し、後半はなぜかホームルームで好きな女の子にホワイトデー♡のお返しをする夢を見ました。

前半のゾンビパートは今になって考えるとゾンビさんは一人も出てこなかったな。
でも僕が慎重な性格だからか、ナタとか、クワとか、刃こぼれしても大丈夫なように沢山持ってガシャガシャ言いながら先頭を歩いていた。
銃じゃなくて、ナタであることが農耕民族日本人なんだろうなぁ。
ゾンビさんが出てこないけど、警戒して一部屋一部屋回っていくのは、文化祭の肝試しコーナーのノリだよなぁ。

それである部屋に入ったら、先生がいて、生徒たちが体育座り(今は三角座りって言うのかな)できちんと並んでいて、何やら話しを聞いている。
僕はその話しが行われている最中に最前列に座っている気になる女の子にホワイトデー?中身はチュロスっぽい物が入った箱を渡しにコソコソと動く。
何も先生がいる前で最前列の子に渡す必要はないと思うんだけどね。

ゾンビーさんがいる舞台設定は生きているらしく、部屋は薄暗い。
女の子に何か声をかけて渡したのだけど、そのリアクションは確認できなかった。
そそくさと自分の席(最後列)まで戻ると、薄暗くても動いているのが僕だけなので、やはり先生に見つかった。

じゃぁMasa君に締めの挨拶をしてもらって終わりにしましょう と飲み会なんだかホームルームなんだか訳がわからないフリをされてしまって僕は寝たフリをする。
自分は学級委員長という事らしい。
寝たフリが通じるわけもなく、何で僕がという感じでダラダラしていたら目が覚めた。

目覚ましが鳴ったようである。
女の子とのその後の展開が非常に気になります😁
ゾンビは何処行った?(笑)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 病気への偏見を無くすため 同じような境遇の人へ元気と笑いを届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 その他食べ物話、音楽話が多いです。 映画とデジモノもちょっとだけ。 ٩( 'ω' )و