僕とうつ&統失 闘病記 2014.11 社会復帰から1つき バリバリ働く

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・朝起きる事が出来ないが、職場に到着すると気合が入るのか目が覚める。
 パソコンの作業が一向に終わらないので、眠くなる薬を
 飲まないようにしているのだが、飲む時間が遅いと
 それだけ朝起きられなくなるので、困ったものである。
 立ちっぱなしなので、足の裏が痛い。

・病院に行ってきた。
 休みが日曜だけになてしまったので、早め早めに行かないいけない。
 薬が切れても同じ動きができるか分からないし、
 そもそも布団から起き上がれないかもしれないから。
 僕がいないとお店は回らないし、かといって店を閉めれば、
 信用が無くなってしまう。
 貴重なランチの時間を食べに来てくれたのに、
 閉まっていたらその人のお昼はどうなってしまうのか?
 なんとしても行かないといけません。
 で、病院ですが、いつものように「どぉ~ですかぁ~」と先生。
 M 「先日話したお店が20日にオープンしまして・・・」
 M 「動けてはいると思うのですが、朝が起きるのがしんどいです」
 M 「朝の目覚めが良くなるような薬、処方はありませんか?」
 先 「じゃぁ、ちょっと変えてみようか」
 M 「お願います」
 M 「また幻聴なのか? 空耳なのか? 
  ただの勘違いなのか?は分かりませんが」
 M 「入り口が開く音や、話声などが聞こえる事があります。」
 M 「それ自体はいい事なのですが、お客さんが来ることが怖く感じる事があります。」
 M 「これは慣れれば済むことなのか? 病気が悪化するサインなのかは分かりません」
 先 「分かりました。 朝起きれる処方にします。」
 先 「お客さんが怖いのも、慣れれば何とかなるかもしれないし、様子を見てみよう」
 こんな感じのやり取りだった。
 今回は薬の飲み方がちょっと変わり、
 朝食後 セルシン5㎎1錠、エビリファイ6㎎1錠、アーテン2㎎1錠
 昼食後
 夕食後 セルシン5㎎1錠、エビリファイ6㎎1錠、アーテン2㎎1錠、リーマス200㎎3錠、ラミクタール100㎎2錠
 となりました。
 これで朝スッキリと起きられるといいのですが・・・
 最後は気合。
 責任と言う物が出来たので、プレッシャーだったり、充実感だったり、恐怖だったり、嬉しさだったり とコロコロ気持ちが変わります。  今はそれについていけてないだけなんかなぁ・・・と。
(怖い事ばかりだよね。 出来なかったら多くの人に迷惑をかけるのではないか?と考えてしまうよね。 でもやらなかったら何も始まらないし、できなかったらそれはそれ。 やらないで諦めているよりもやってダメだったの方が遥かに良い。 一件やはりダメだったのだと落ち込みがちだけど、やる事をやってのこの件はダメだったという事なので、プラスに考えられるようになると良いと思います。)

(今月も記述はこれだけ。
 一日の行動を読み返してみると、一日も休むこと無く出勤している。
 そして出勤前に愛犬の散歩に行ったり、退社後に買い出しをしたり、
 店のHP作りを勉強したりしています。
 大丈夫か?
 今の僕でもこれだけの事をやるのは無理だぞ。
 何月まで働けたのか覚えていないが、その辺りを書くのは気が滅入理想です。
 とにかく頑張っていたのは間違いない。
 母の為、自分の為であるけれど、頑張っていたよ。)

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و