道草小噺 洗濯ハンガー奈落の底へ

今年は梅雨らしい梅雨ですね。
ここ数年間は梅雨入りしても雨が少なく、すぐに梅雨明けになっていたような印象がありますから、今年はこれぞ梅雨!という感じ。
ジトジト、ジメジメ、シトシト、とにかく晴れないし、いつも曇っているし、気づくと小雨が降っている、そういう天気。

洗濯物が困っちゃうんだよね。
部屋干しは、昔生乾きで臭いが付いちゃって、仕事関連の人にマナーとしてそういう服を着てしまってはダメだと怒られた事があります。
それ以来部屋干しは一度もしていません。
かといって乾燥機にお金をかける事もしたくないし、出かける事も出来ませんから、晴れてくれないと困ってしまうわけです。

でも今年は全然晴れない。
先日曇りだけど気温が27℃まで上がる予報の日があって、一気に洗濯をしたのです。
物干しハンガーに大量にTシャツを挟んでしばらく干していたのですが、Tシャツが重すぎたのでしょう。
ハンガーを物干し竿に引っ掛けるフックの部分がぶっ飛んで、洗濯物を大量に挟んだ物干しハンガーは1階の庭に落ちていった。

またその落ちた場所が雨水が溜まっている使っていない植木鉢の上で、ドロドロ。
破損がひどくて、もうこのハンガーは使えない。
仕方なく、一枚一枚Tシャツをハンガーに通して干し直しました。
手間かかるんだよね。
襟元を通すのも大変だし、間隔を開けて干す必要もあるし、
洗濯は好きじゃァないです。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و