道草小噺 夏終わり?蚊刺されなかったな

深夜2時には起きてブログを書いたりしているわけですが、もう寒いんだよね。
真夏は暑すぎて蚊が出てこないって聞いていて、秋口に蚊が出るという話しだったけど、もう涼しくなってきているもんね。
今年蚊に刺されたの多分1回。
外に出ないっていうのもあるけどね。
特に草むらには近づかないし、土はいじらないから刺されないわな。

蚊も少ないけど、蝉も少なかった。
アスファルトの上にひっくり返って死んでいるのが大量にいるのが恒例だったのに、今年は全く見てない。
鳴き声が聞こえなかったしね。
少なくなった理由は温暖化なのか?
農薬のようなものでも撒いたのか?
大量発生する年があるように、少ない年だったのか?

僕は蝉とカマキリが大嫌いなので、助かってはいるけれど、全く蝉が鳴かない夏というのもちょっとさみしい。

やっぱり温暖化で気候が変わってきているのかなぁ。
明らかに雨風は強くなったよね。
毎年災害が起こっているしね。
気温が上がるって事は、みかんの産地が関東担ったりするのだろうか?
〇〇の産地と言うものが、全部北へ移動していく、北じゃないと育たないという事にもなるんじゃないかと思っている。

そんな事も考えてしまう変な夏だったね
梅雨が梅雨らしく、しっかり雨が降って、ちょっとだけ暑くて、すぐに秋の長雨が始まり、そのまま涼しくなってしまった感じ。
地球規模で何かおかしいよね。

この町の人としか話してないけど、関東以外の人も変化を感じているのではないでしょうか?
どうなっちゃうんだろうね、気候。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و