僕とうつ&統失 闘病記 2019.09.15 生きたくてもそれが叶わない人に会いに行く その5 辛すぎる現実

親戚の年の近いお姉ちゃんの旦那さんが不治の病でいつまで生きられるか分からない。
千葉県の停電が復旧して、タンの吸引も出来、肺炎の心配は去りました。
真っ暗な病院でうちわで仰いであげた日から3日。
今度は両親と叔父夫妻合わせて5人でお見舞いに行きました。

部屋はエアコンが聞き、タンも取れて、呼吸は楽そう。
目も前回より見える日のようです。
父や叔父の顔を見て僅かに頷いていたので、嬉しかったのかと思ったのですが・・・
50音が書かれたボードの「し」を指差します。
その後に言葉が続かないのですが、何かを言おうとしている。
指を4本立てたりもする。
「死」です。

お姉ちゃんの話だと、「しぬから」といつも指すらしい。
皆がいきなり訪ねてきたから、自分はもう長くなくて、慌てて会いに来たのかと思って「死ぬから?」という意味だと思ったのですが、、、
とても気遣いをする旦那さんなので、看病で迷惑をかけてしまっていて申し訳ないから「死ぬから」と言っているかもしれません。
それとも自分だけに分かる死期を悟って言っているのか?

その日の夜、お姉ちゃんと話をして、「し」に続く言葉は「死にたい」なのか?「死ぬから」なのか?聞きました。
すごく辛い質問だと思ったのですが、どちらかで意味が180度変わってくる。
死にたいは、僕と同じ状態。言葉のままです。
でも死ぬからは、先に書いたように、生きたいけど、迷惑かけちゃってごめんねという意味に取れる。
お姉ちゃんの答えは、しぬから の方でした。
でも日常的に死ぬからと伝えてくるそうです。

それでも自分の死期の話をされるお姉ちゃんは相当辛い日々を送っているはずです。
僕だったら耐えられないだろう。
愛する人が、もう生きたいのか死にたいのか分からない状態。
どれだけ看病しても治ることは無いし、そこで死の意思を表されたら。

3日前はこの旦那さんの生きようとする姿勢に考えさせられた僕ですが、今回のお見舞いでは、死の話をされてしまった。
薄々予想はしていたのです。
僕もいつも死ぬことを考えているからね。
旦那さんも死を意識していてるのではないか?
やけになって死にたがっているのではないか?
そのとおりの事になっていましたが、涙は堪えました。
本人の前で泣いたら、本当に自分が死ぬから泣いているのだと間違って感じ取ってしまう。
皆背中を向けて涙を堪えている様子。
もう耳は聞こえないのですが、手を握って「また来るよ、頑張って」と言うのが精一杯でした。
叔父の「〇〇!頑張れよ。負けるんじゃねぇ」と怒鳴るように言ってももう聞こえない様子は、さすがに泣いてしまいました。

お姉ちゃんにその後、LINEで僕の病気の状態を全て話ました。
薄々分かっていたとは思いますが、ハッキリ言うのは始めてです。
僕も死が身近にあって、うぬぼれかもしれないけど、旦那さんの気持ちが分かるような部分がある。
何も出来ないけど、またマメに会いに行くよ。
そんな話をしました。
40代半ばの旦那さんも辛いし、お姉ちゃんも辛い。
人生の不平等を感じずにはいられません。
どうしてこうも辛い仕打ちが続くのか。
神様がいるなら、恨みますよ。

とにかく、何か僕に出来ることがあるかもしれませんから、また病院に行こうと思います。
それしか出来る事はありません。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و