僕とうつ&統失 闘病記 2019.09.19 統合失調症の怖さ

ここ数日気力が無い。
何も出来ない。
今日は特にひどくて、全く何もせず、ずっと眠っていた。
何度も嫌な夢を見たりもした。
部屋に両親が怒鳴り込んできたり、嫌味を言いに来たりするのだ。
いろんなパターンで何度も来る。
目が覚めて、気持ちを落ち着かせるが、夢だったのか現実なのか分からない。
その後も部屋の外から呼ばれたり、電話が鳴り続けたりするのだが、起きている時にそう感じる。
気付くとスマホを持っていて、今着信音が鳴ったから取ったんだよな?
でも取った所も鳴った所も記憶がない。
数秒前の記憶が無いって怖い事。
幻視や幻聴の類なのだろう。
辛いのは、それをどうする事もできない事。
眠らなければ良いとかそんな次元じゃない。
起きていても突然記憶が飛んでしまったり、映像が割り込んでくる。
頭の中を誰かにかき回されているような感覚。
入院させられる前と全く同じ症状だ。
今日は何も出来なかったし辛かったけど、この話だけを書いたらまた眠ります。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و

「僕とうつ&統失 闘病記 2019.09.19 統合失調症の怖さ」への4件のフィードバック

  1. マー坊、お久しぶりです。
    (全然そんな気もしませんがw)

    私も、ここの所全く同じで気力もないし体か重い、そして幾らでも眠れるのです。
    薬の量は変わってないから副作用でもないし。
    1日眠っていても夜、また眠れる。
    これって調子悪いって事なのかな?
    確かに調子のいいときは寝てるのがしんどくなったりするけどね…
    寝るって事は現実逃避がしたいのかな?
    私も変な夢ばかり見る
    変と言うか亡くなった両親の夢とかね…
    夢か現実か解らなくなる事もある…

    目は眠いんだけど脳が冴えてる夜。

    Mーso

    1. Mちゃん、こんばんは。
      電話が鳴ったと思ったから、起き上がってスマホを手にしたはずなのに、鳴ったり画面が明るくなったのは覚えてない。
      寝ぼけてるだけ?
      でも数秒前の事が分からなくなる事良くある。

      あとは意欲の問題だよね。
      全く何も出来てません。
      食事会大丈夫か?😁

  2. 昨年の入院前の状態に近いのなら、直ぐに診察を受けるべきです。

    それだけよくないというのに、何故?

    よくない状況を分かっているのに、診察を受けない?

    それなのに、ブログかいたり、食事会開いたり、お菓子を食す為に車で遠出する、貴方の判断基準がずれていると思います。

    1. アリババさん、ご心配かけてすみません。
      アリババさんの言いたいことは2つですね。
      ・なぜすぐに診察を受けないのか?
      ・ムリをするな。

      まず診察を受けない理由ですが、僕が通っている病院は完全予約制でして、電話予約は出来ません。体調が身体が思ったように動けなかったり、記憶が飛んだりする日に病院まで運転するのは危険なのです。
      そして予約を取ってから早くても2週間は診察は受けられません。予約でいっぱいだから空きが無いのです。
      さらに今月27日に病院の予約を先月に取ってあるのですが、それがこの体調が悪い時期から1週間半後であリ、2週間より早く診察を受けられるという事が理由です。
      タクシーを使っても診てくれないし、救急車で緊急で行けば診てもらえるかもしれませんが、翌日には良くなっているかもしれない事で救急車を利用する気にはなれません。
      何より、もう入院は出来ません。
      まず、それが診察を受けなかった理由です。

      もう一つの判断基準がずれているという指摘ですが、
      アリババさんは中々治らない病気にかかった事はありますか?
      畦道に来るのですから進行形で何かご病気にかかっていると仮にしましょう。
      どんな病気でもそうですが、体調に波があると思います。
      本文にも書いていますが数日前から体調が悪くなったとあります。
      特に悪かったのがこの記事を書いた日であり、車で小布施まで遠出した時は元気だったんですね。
      昨日東京に行った時も体調は良かった。
      うつ病、統合失調症に限らず、特に精神病ですが、その波で前日とはまるで違って元気になったりするので、周りは振り回されてしまいます。
      アリババさんにも心配をかけてしまいましたね。
      すみませんでした。
      ただ何故ブログを書いたり、食事会を開いたり、遠出したりするのか?と言えば、病気に負けたくないからです。
      薬を飲んで、安静にする事、ストレスや辛いことを考えるのは止めましょうと主治医の話です。
      基本的に私の生活は安静です。
      でも安静とは家の中で横になっているだけだとは思いません。
      何の楽しみも無く、ただ時間だけが過ぎていく事に怯えるような事が逆にストレスになってしまいます。
      他の人に同じようにした方が良いとは言いませんが、体調が良かったら近所を散歩したりするでしょう?
      私の行動はそれの延長です。
      また、社会と最低限繋がっていないとヤバいだろうという焦りがあります。
      僕の病歴は長いですから、このまま一生部屋で安静にしているだけで終わってしまうのではないか?という焦りです。
      職場が理解をしめして待ってくれているのも焦ります。
      ブログはアリババさんのようにコメントを書いてくれる人は稀ですが、社会に何か発信出来たらという気持ちがあり、すこしだけ社会と繋がっている感覚があります。
      食事会は会社の同僚ではないですが、会社と少し関係がある友人たちです。
      車で遠出したのも、知人に会いに行く理由だったり、畦道の常連さんから薦めてもらった事を体験しに行ったという理由があります。
      全て人と繋がっていないと自分は終わるという焦りと、最低限社会復帰するならばという前提で人付き合いしているつもりです。
      ブログは面白おかしく書きます。
      苦痛ばかりでは書き手も読み手も疲れてしまうからです。
      辛いだ、大変だだけ書くならば、ブログを書く必要は無いでしょう。
      共感も多少あるから読みに来てくれるのだと思いますが、苦しんでいる事だけは書けません。
      闘病している人の足を引っ張るような事ばかりは書けないのです。
      ですからふざけた事を書きます、ふざけた書き方をします。
      そして書いてある事が全てじゃないという事ですね。
      読み手さんは病状の話しも、他人と関わる事も、書かない事と書けない事が有るという事を理解していただけると有り難いですし、畦道を読むことが楽になるかと思います。

      いずれにしても、私と主治医がしっかり話し合って決めた治療方針に沿って対応していますし、やれるやれないの判断は任されています。
      無理ならばやれませんし、やりません。
      今後も私なりの闘病をしていきたいと思っております。
      長文になりましたが、ご心配して頂き感謝しております。
      有難うございました。

コメントは停止中です。