道草小噺 まだ秋なのに、冬はどうなってしまうのか?

テーブルを購入しましたが、作業の事だけを言えば最高です。
広くて、色々な本を開いて置いてもまったく手に触れたりしない。
椅子で作業する事で集中するようで、作業がはかどります。
快適そのものです。

が、深夜に活動を開始する者としては寒い・・・
今18℃だったので、暖房をつけましたが、これまでだったら炬燵を出している時期でしょうねぇ。
炬燵テーブルでこれまで作業をしていたわけですが、そのテーブルは部屋の隅に立てて仕舞いました。
捨てないあたりが何ともずるいのですが、出番はあるのでしょうか?
秋でこの寒さなのですから、冬の深夜はどうなってしまうのでしょうか?
冬も早朝起きを続けられるのか?
それは分かりませんが、6時に起きたとしても寒いのはあまり変わらないですよね。
寒かったら何か服を着込めって事なんでしょうけど、寒かったら着るとか暑かったら脱ぐとかいう発想に疎い部分がありまして、洋服で体温を調節しようという事が苦手です。
考えれば分かるだろう?という感じなんですけどね、どうも耐えるって事で止まってしまう。

まぁ、テーブルは最高なのは間違いないので、上手に越冬したいと思います。
大丈夫かな?

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و

「道草小噺 まだ秋なのに、冬はどうなってしまうのか?」への2件のフィードバック

  1. もぉ~!!男子は服の調節が下手なんだから!
    すぐ寒いとか暑いとか…(笑)
    うちのポチの事なんですけどねw

    私は足先が寒いだけだから足元に1人用の電気マットを置いて足を乗せたり、勿論椅子に置いて座布団としても使うけど。
    足元に置いて膝掛けでも掛ければ簡易こたつの出来上がり!

    私は暑がりだからそれで充分なんだけどね、肉付きもいいし(^^)

    風邪ひかないようにね

コメントは停止中です。