僕とうつ&統失 闘病記 2019.11.06 生きたくてもそれが叶わない人に会いに行く その6 何かを求めるかのように

その5からだいぶ経っていますが、あれからさらに2回ほどお見舞いに行っています。
2週に1回くらいのペースで顔を見に行っていますね。
もう意思表示も出来なくなっていますが、必死に生きられている。
今日もお見舞いに行ってこようと思うのですが、僕などが行って何か役に立てているのでしょうか?
むしろ生きる意味やらを考えさせられて、ほんの少しだけ上向きになるのは僕の方ではないか?
あの病室に行けば何か答えがあるかのように考えている節はないか?
亡くなっていく人を前に不謹慎な自分。
生きる気力が無い自分の命など要らないから、あの人に譲ることができたらと考えてしまいます。
やる気のない人生を送っている人間の命など欲しくないか・・・

色々と考えちゃうけど、お見舞いに行くことは間違っていないと思う。
そこだけは確かだよね?
こんな人間でも役に立てることがあると考えるべきか・・・