デジモノ快談 ちっちゃくても十分、MacBook Air

アップル信者としては、デスクトップPCとしてiMacを使い、スマホはiPhone。
仕事や旅先でブログを更新する場合などはノートPCとしてMacBook Pro(の古い型)を使っているのですが、Proを使う理由は高機能なiMacがパワフルなのでProを使わないといけない理由は無くなってしまいました。
まだMacBook Proが動くので、急な話ではないですが、次買い換える時はMacBook Airにすると決めています。

MacBook AirはProよりも画面が小さく、パワーも非力です。
でも薄くて軽く、洗練されている。
ノートPCは持ち歩くためのPCですから、軽さと小ささはプラス要素ですよね。

簡単なテキスト入力くらいしか使わないし、レコーディングをする為に会社に持っていく時もマシンのパワーはそれ程必要ではないのです。
CUBASEが動くそこそこのスペックがあれば十分で、安いAirでも今の古いProより性能が良いはずですから、Airで十分なんですよね。

さて、そうして目を付けていたAirですが、その最新の型を間近で見て触れる機会があったので、まじまじと見てしまいました。
画面は小さいけれども、結構パワフル。
僕のProが古すぎるからね。そう映ります。
軽くて、USBタイプCを付けているなんて次世代。
そしてパスワード入力は不必要で、キーボード右上にある小さなセンサーに指を乗せるだけで指紋認証してロック解除やパスワードを入力してくれる。
何だか未来を見た気がするよ。

YouTubeなどでレビュー動画を見て予習はしていたけど、実物はそれよりもずっと魅力的だったなぁ。
Airを持ち歩いて、旅に出たい。
Airを買う事も、旅に出る事もお金が無くて出来ないけどさ(笑)

Air魅力的だったな。