僕とうつ&統失 闘病記 2020.03.24 死にたくても死ねない事が苦しい

体調が乱高下しているのですが、落ち込んでいる時は死にたくなります。
行動に出ないのは、弟が既に自殺していることが大きい。
家族から2人も自殺者が出たら母は壊れてしまうでしょう。
婆ちゃんも弟が死んだことをとても悲しんでいる。
残された者がどうなってしまうか分かっているのに、死ぬことはできないわけですね。
昨年11月に亡くなった親戚のお兄ちゃんの事もあります。
お兄ちゃんは病気で若くしてなくなりましたが、もっと生きたかったはずです。
身内にそういう人がいるのに、逃げるように自殺することはとてもできない。
このお兄ちゃんが病気で自分がつらい状態なのに、僕の病状を心配していたらしいので、尚更死ねない。

でも辛い。
死ぬことが出来たらどれだけ楽だろうか?
弟の事が無かったらとっくに死んでいるのだろうか?
弟が死んだから自分も死にたいと思ってしまっているのだろうか?
死ぬってなんなんだ?
生きる意味って何?
どうして生きないといけないのか?
分からなくなってきます。

美味しいものを食べている時は幸せなんですよ。
笑うこともできる。
でもふとした事で死にたくなる。
こういう気持ちって健常者には無い感情だよね。
死がいつも自分の中にあって、いつも死ぬ、死ねない(死なないではない)と考えている事に疲れてしまっている部分があります。

こういう状態があと何十年も続くのでしょうか?
苦しい