僕とうつ&統失 闘病記 2020.06.30 そういう見方をされていたのね

ある人が僕の事を「自分の事で精一杯なのだから、無理でしょう」的な事を影で言っていた事が判明。
会って話した時と別人じゃない?ってくらい裏で言っている事が違う。

なんで話す相手によって、言う事を変えるのか?
気遣いで変えるのは大人としては当たり前だけど、この人の場合裏の発言が180°違う。
人間不信になるよ。

そもそも何で「自分の事で精一杯」だと判断したのか?
勝手な思い込みでしょう?
僕の何を知っているというのか。

病気持ちは、健常者のようになりたいと思ってはいけないのか?
病気持ちは、何もしていない段階なのに、頭から無理だと思われるのですか?
病気持ちは、当たり前の幸せを望むことも許されないのですか?

こういう人が居るから、病気持ちは追い込まれてしまうのだと思う。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و

「僕とうつ&統失 闘病記 2020.06.30 そういう見方をされていたのね」への2件のフィードバック

  1. 詳しい状況は見えないけど気持ちのいい話じゃないよね…

    そんな事で相手に向かい合っても所詮自分達は何だか知らないけど下にみられて…病気がある時点で下に見られるって何なんだろうね。
    ましてはマー坊の前では全く違う事を言ってるんだから人間不信にもなりますわ(泣)
    ちょとした言葉に傷つき過ぎとかも言われる。
    「そんなん、私らだって傷つくけど気にしてたら生きていかれへんもん!」なんて人に言われたら余計に自分を攻めちゃうし…
    そんなこんなを考える事が面倒になり人生止めたくなるんだよねぇ~
    支離滅裂でごめんなさい。

    1. Mちゃん、こんにちは
      僕たちは健常者には到底理解できない人種なんだろうね。
      そういう人が多いと割り切って、自分の道を進むしかないよねぇ〜。
      言ってる方は何も考えてない発言なんだろうし、こっちが落ち込んでるのもバカみたいだし。

コメントは停止中です。