デジモノ快談 このポンコツナビめが!

僕の車に入っているナビですが、iPhoneからBluetoothで音楽を送り、車内スピーカーで聴くことが出来る。
iPhoneの容量はかなりあるので、まだまだ曲は入るのだが、毎回iTunesを立ち上げ、スマホの画面を見ながらプレイリストを選択するのが面倒。
出来ることならナビの画面で視線を下げることなく、パパっと音楽を鳴らし始めたい。
そこでナビの画面の後ろ側にSDカードを入れる場所があったなと思い出した。

説明書によるとMP3もwavも流せるらしい。
SDカードの規格はSDHC。
やや古い規格だが、少し大容量な物である。

さっそく電機屋に生き2,000円で32ギガのカードを購入。
駐車場ですぐにカードを認識するか試したら、SDカードのマークが表示されたので、問題なく読み込めるようである。
後は中身の音楽を入れれば良いのだが、、、

帰宅して結構な数のアーティストの曲を入れた。
ちゃんとアーティスト事にフォルダに入っていて、更にその中でアルバム毎にフォルダ分けしてある。
転送作業が終わって庭の車に移動してカードを挿入。
ん?何かオカシイ。

カードに入れたアーティストの3分の2が表示されない。
01.AAA
02.BBB
03.CCC
と曲を入れたのに
01._AAA
02._BBB
03._CCCというファイルが勝手に作られている。
そしてそのデータは再生出来ない。
結局原因は分からないし、8ギガくらいの情報しか再生出来ないので、32ギガを買ったのは全くの無駄になった。
じゃぁSDHC対応なんて説明書に書くなってば。
あるいは何ギガまでしか認識出来ないとか、ファイルはいくつ以上は読み込めませんとか、書いといてほしかった。
多分ファイル数とかフォルダ数とかに制約があるのだと思う。

結局これまで通りスマホを使って曲をかけたほうが、やや手間だけど全ての曲を聴けるので、カードを使うことはなさそうである。

バカナビめ!
いや説明書がダメなのだ!
別途買わないといけないものがあるならば、相性や制約を記しておくことは当然のことだと思うけど・・・
2000円のSDカード、何か別の事に使おうっと。

デジモノ快談 化石iPhoneサポート終了!?限界なのか

僕のスマホはiPhoneです。
iPhoneは高額な商品ですし、デジモノにお金をかけすぎだと思いますか?
違います。
僕のiPhoneはなんと5sです。
6年位前の機種をずっと使っているのです。
画面も小さくてね。
今の大画面のスマホより相当に小さいです。

バッテリーはとうの昔に死んでしまっていたので、公式サポートではない店でバッテリー交換をしてもらいました。

でもね、今年の秋にiPhoneのOSであるiOSがバージョンアップされるそうですが、5sはサポート対象外になるという噂があります。
WindowsPCのサポートが終了する度に職場のPCを買い換える金が無いけど、セキュリティーは心配などというニュースがいつも流れます。

そう、セキュリティーが問題なのです。
最新OSにしない事は、家のドアの鍵が開いてしまっている状態で、アップルは鍵を締めてくれないという状態になる という事です。

もう6年もスマホを買い換えずに使ってきたのだから、十分大切に扱ってきた。
そろそろ限界かもしれません。
とは言いつつ秋の新iOSで5sがサポート対象だったらiPhoneを買い換えずに使い続けるつもりですけどね。
スマホにお金をかけるつもりはゼロなんですよ。
外出しないし、出てもバイトに行ってすぐに帰ってくる。
家のiMacでもっと便利に快適にすごい作業が出来ますからね。
僕の生活にスマホは必須ではないんです。

買い換える必要が出るかもしれないから、その時は最新のiPhoneを買うのでしょうけど、また5年くらい使うことになると思います。
スマホにお金をかける事は今の僕には無駄な出費なんですが、最新を買わない例えば6を買っても来年iOSがバージョンアップしたら対象外になる可能性があるから、半端に安くなっている機種を買うと、ローンを払い続けるだけの生活になってしまうんですよね。
だったら、最新機種を買って、再び5年6年とことん使い切る事が一番お金をかけない方法になるのかなと。

大きい画面にもちょっとは憧れたりするんですよ。
見易いのはよく分かる、でも葛藤はありますよね。
10万とかするんだもんね。
もっと他に使わないといけない物があるんですよね。
このブログで最近話題にしているテーブルとかね(笑)

デジモノ快談 当たるに決まってる、外れる気がしない

YouTubeのあるチャンネルで音楽編集ソフトかスピーカーか、どちらも1名ずつ当たるというキャンペーンをやっています。
これまではツイッターにタグをつけてリプライ?すると応募した事になるとか、、、意味がわからない。
一個一個単語の意味を調べていけば意味は学習できるし、作業的にも分かってしまえば5分もあれば終了する事なのでしょうけどね。

良くわからないけど、自分のアカウントを使ってキャンペーンの宣伝を手伝うわけでしょ? 違う?
ツイッターの仕組みが分からないんだけど、勝手にそう思ってます。
それはやりすぎだろうと。

反省したのか、今回はYouTubeのチャンネルから応募フォームに飛べるようになっていて、グーグルアカウントとメールアドレス、欲しい商品名と、コメント欄だけのシンプルなフォームが用意されていて、会社名を宣伝するより、アンケート風にして、要望を汲み取る方法に切り替えたようです。

これならば意味が分からず応募出来ないということも無いという事で、さっそく応募してきました。
コメント欄には長文で色々とおだてたり、要望を書いたり、応援したりと色々書いて、だからプレゼント下さいアピールしておきました。
当たるんじゃないか、これは。いっぱい書いたからね。

因みに欲しい商品はスピーカーにしました。
今もこの文章を書いているiMacちゃんの両脇にスピーカーがありますが、安いわりに中々いい音という無名ブランドの物を使っています。
僕が貰うスピーカー(もう貰う事になっているw)はイタリア製だそうで、日本人はこういうデザインしないよねという曲線と角度が独特のスピーカーです。
全く知らないブランド名だったのですが、結構老舗みたいです。
もう貰ったも同然。楽しみ。


デジモノじゃないけど、近所のドラッグストアでもキャンペーンをやっていて、2000円以上購入で一口という計算で色々と商品を応募できるのもやっているのですが、僕は3万円分のこのドラッグストアのみで使える商品券に応募しました。
これも当たるような気がしてます。
ドラッグストアでしか使えないとしても、3万はデカイです。
シャンプーも歯磨きグッズも、風呂場関連も、洗剤も、そして冷凍今川焼きもと、ドラッグストアも久々に行ったりして色々買うと何千円って額になるからね。
3万円の商品券が当たったら、だいぶ家計が浮くよね。
多分一番人気は40インチの4Kテレビ。
二番人気はダイソンのハンディー掃除機だな。
そのどちらも狙わずに、確実にもらえる方を選ぶ(確実にもらえるってw)

いやぁ、スピーカーと3万円、嬉しくなっちゃいます。

デジモノ快談 Macはデリート無いじゃんとずっと思っていた

もうWindowsからMacに乗り換えて3年以上になります。
マシンもMacBook Proの古い中古から、今はiMac2017年版を使っていますが、ずっと思っていた事があります。
Windowsにあったデリートキーが無いという事ですね。
Windowsには、バックスペースとデリートという2つのキーがあって、左側の文字を消していくバックスペースと、右側の文字を消していくデリートがあるのですが、Macにはそれがバックスペースに相当するキー1つ(バックスペースと呼ぶかすらわからない)しか無い。

これねぇ、諦めていたんですよ。
キーボードの違いであって、物理的に無いんだからしゃーないじゃんと。
でもショートカットキーが大量に用意されているMacの事だから、デリートは有るはず!と検索をしてみたのですが、あっさり有った。

このデリート有りますか?検索を実行するまでに3年かかったというのがアホだよね。
不便に感じているのならばすぐに調べれば良かった。

2つ方法があるようです。
1、control + D
  カーソルから右端までの文字を全て一瞬で消す。
2、fn + ⌫(バックスペース)
  Windowsでいうバックスペース、押した数だけ1文字ずつ消す。

Macはショートカットを覚えるのが大変だけど、畦道で大量に文字を書くことが日課になっているのだから、もっと効率を考えないといけないよね。
もっと早く、もっと楽に、穏やかに。

今回この話を書くことで頭に入りました。
便利になったぞ。
3年感じてきたことが解決したぞ。(笑)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

デジモノ快談 16テラのHDD来た

畦道通信が通信障害で表示することが出来ないという大ピンチに陥っている時と同じ頃、地味なピンチも有りました。
外付けHDDの容量が一杯になってしまったのです。
そんな事ピンチじゃないだろうと思うああた!
違いますぞ!
バックアップを取ってくれない事は僕にとっては死活問題なのですよ。

先日iMacがカーネルパニックという症状になり、再インストールをするという事になりましたが、何一つデータを失うこと無く素早く復旧出来たのは、完璧なバックアップがあったからです。

特に日記と写真を無くすことはあってはならないのです。
紙の写真は全てスキャナーで取り込んでいて、その後処分して、もう残っていないので、データが無くなってしまったら、家族の歴史が消えることになります。
日記も2005年から毎日書いている事ですし、僕の人生そのものなのです。

他にもバックアップに含まれる物に仕事関係とかありますが、それも無くなったら洒落にならない。信用問題ですからね。

近い内にバックアップが取れなくなるだろうとは思っていたのですが、こんなに早く来るとは思って無かった。
タイヤを交換しないといけない為に貯金を少しずつしていたのですが、このお金が全て飛びました。
また貯金し直しだね。
それまでは雨の日の運転は無理だね、溝が無くなってしまってるから。

さて、購入したHDDは外付けタイプの物です。
8テラバイトのHDD2台が1台として認識され16テラとして使える状態で売られているのですが、僕は1台8テラを2台として認識させ、全く同じデータを2つのHDDに自動で書き込むRAID1(レイドいち)という方法に設定しました。
この場合どちらかのHDDが壊れてももう片方に同じデータが入っているので運用に問題はなく、新しくHDDだけを購入して壊れたHDDと交換すると、自動でまた同じデータを持つ2台にしてくれるという物です。
外付けHDDにバックアップをとるという事ですが、バックアップのHDDが壊れても大丈夫なように、バックアップのバックアップを取っている感覚ですね。

HDDというのは3〜4年で壊れると思っていたほうが良い商品で、10年もつなどと信用してはいけない部品なのです。
だから3年で使い切る容量を買うのが一番無駄がない事になります。
3年経たずにまた一杯になってしまっても、出費がかさむし、
3年以上ずっと使えば信頼性が無くなりデータを失う危険が高まる。
それに使うことが無いだろうという容量を買ってもお金の無駄です。
3年後にはさらにHDDの価格は下がっているだろうし、さらに大容量になっているでしょうから、身の丈にあった容量の物を買うことが大切です。

僕は8テラが3年でいっぱいになるという考えですね。
今まで使っていたバックアップのHDDは3テラです。
これが一杯になってしまって購入をしたわけですが、この3テラは新HDDに移動させるので3テラは最初から埋まってしまうことになります。
そうなると残りの空き容量は5テラという事になります。
まぁ、普通につかっていたら一杯にはならないですよ。

今回の8テラHDDは3代目で、初代は1テラ2台のHDDでした。
2代目が先程言った3テラ2台のHDD。
これを買った時も3テラなど一杯にはならないだろうと思っていましたが、あっという間に一杯になってしまいました。
という事で毎回2倍くらいの容量を買うので、今回は3テラから8テラになりました。

買ったHDDは、初めて買う会社でWD(ウェスタン・デジタル)という所。
HDDの安定性ではトップクラスの会社みたいです。
そして使われているHDDもWD レッドという赤い色をしたHDDが中に入っているようです。
このシリーズはさらに信頼性が高いそうですので、そうそう壊れないと思います。

外見は下半分が斜めに彫刻刀で彫ったような模様が入っていて、
上半分はグランドピアノのような光沢ある物。
その境目には白いLEDがうっすらと光る高級感演出。
でも気に入っているのは静音性です。
かなり静かに動いていてくれるし、熱くもなりません。

かなりお高い商品でしたが、バッファローやI−Oデータで8テラ2台のHDDを購入するとなると、数万円高くなりますので、いい買い物をしたと思っています。

急な出費で大変ですが、PC周りはさらに安定して作業出来る環境がまた揃ったという感じです。

バックアップは毎日20時から1日1回行われるように設定してHDDへの負担を減らしています。
MacのバックアップアプリのTime Machineは1時間に1回バックアップを取るので、その負担を無くしたいという事です。
1時間前にもどれたら、、、なんて思うような雑なファイル管理はしてないですからね。
1日1回のバックアップでその日の作業を全部記録する。
これで十分です。

いい買い物をしました。
今日も畦道通信に来てくれてありがとう。