僕とうつ&統失 闘病記 2018.07 終わりの始まり

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・病気の事を考える事なく仕事に集中している。
 良い事だと思う。
 寝る前の薬を飲むのを忘れてしまう事が2日に1回はあるので、
 この点を注意したい。

・体調は悪く無いのだが、今日1日家から一歩も出ていない。
 もっと社交的にはなりたいと思ってはいるのだが、それには金がいる。
 地盤の家の中が荒れていて、どうにも外に出る前にする事があるような気がする。
(家の中が散らかっていると、休める気にもならないよね。 でも片付ける気力は無い。 どうしたら良いのか考えられない。 一つずつ片付けていくしかないと普通なら考えるのだろうけど、それが考えられない。 思考がまとまらない、考えが切り替わってしまうというのは統合失調症がひどくなってきているのかもしれないね。 早く病院に行ってほしい。)

・副業の面接に行ってくる。
 店長はとても穏やかそうな人で、ストレス無く一緒に仕事ができそうな印象を受けた。

・本業のお得意先からの仕事が忙しい
 ありがたいことだが、夜も関係なしに連絡が来るので、やや困ってしまう
 深夜までは仕事はしたくない。
 病気が悪化は今の所していないが、薬を飲んで休める時は休むようにしたい。
(このお得意先は依然大失態をした人なので、ミスしてはいけないというプレッシャーが凄まじい。 この人はどういう時間帯で仕事をしているのか分からないが、深夜まで連絡をしてくるのは厳しい。 プレッシャーが次々襲ってくるようで追い込まれてしまうよね。 強い薬に変えてもらう事。 すぐに病院に行くこと。)

・結構疲れが溜まってきているが、問題はないだろう。
 しっかり食べて、しっかり薬を飲んで、しっかり眠れば大丈夫。
 眠っても眠っても疲れが取れないのが問題かもしれない。
(疲れが取れないのは眠りの質の問題だと思っていたけど、これは病気からくる身体の異常だよね。 そこにも気づけなかったのは色々と対応が遅れてしまい、致命的になっていってしまったよね。 とにかく副業はするべきじゃなかった。 一人暮らしも続ける意味が無い。)

・今日も身体が重い。
 慢性的に眠く、いくらでも眠れそうである。
 疲れを取るには、しっかり食べて、規則正しく眠る事だと思うが、
 どうしても不規則になってしまう。
 完全な休日という物は無くて、何かしら仕事をしたり、電話やらLINEの対応などしなければならず、リフレッシュに全てを使うというわけにもいかない。
 今度の病院は明後日だが、そこで疲れている、体が重い、という事を話してみる。

・身体が重く、なかなか動けないので、在宅勤務に変更できないか?を上司に聞いた
 快諾してくれたが、それから家の事を色々と片付けて、お昼になってしまった。
 副業は採用され働く事になったが、その時は動けないでは通用しないので、体調管理をしっかりするしかない。
 病院で薬を変えてもらうか、こういう場合の対応やら防止策を聞いてこようと思う。

・一日中眠気がある。
 少し眠るつもりでタイマーをかけて仮眠を取るも、全然疲れが取れない。

・金がなくて病院に行く事ができなかった。
 薬はあと少しあるので、それで2週間くらいもたせる事にする。
 どうせ予約を今取っても、2週間以上は入り込めないだろう。
 薬がなくなっていく中、副業をこなす事ができるだろうか?
(副業はするべきじゃない。 バリバリ働ける状態じゃない。 健康な人だってハードな事をやろうとしているのだから、ムリなのである。 身体を壊したら何年も逆戻りする事になる。 もっと慎重にリハビリするべきです。)

・今日から副業出勤
 ストレス無く仕事ができた。
 今回は長続きできるように頑張らねばならない。

・体が重く、あちこちがきしむような感覚がある。
 今日はスタジオでないと出来ない作業は無いので、在宅勤務にしてもらった。

・病気の症状は出ていないが、副業の立ち仕事にまだ慣れていなく、体力的にはしんどい。
 足の裏が痛くなるが、それ以外は、まぁ大丈夫だろう。
 職場までの運転も苦では無く、考え事をする良い時間になっている。
 先日、病院に行けなかった事で、薬はどんどん無くなってきているのだが、予約の電話をする事は出来ていない。

・薬が後少しで無くなる。
 病院の予約も入れてないので、切れる事は確実。
 早く予約を入れるべきだが、バタバタしていてそれどころではない。
 薬無しでどこまで頑張れるだろうか?
(もう異常があちこちに出ていて、薬が無くて、副業まで始めてしまった。 悪化しておかしくなるのは目に見えているはずだけど、この時は頑張れば全てが上手く周ると信じ切ってしまっていた。 対応が遅かった。)

・薬が切れかかっているので、量を減らしている事もあり、体調が徐々に悪くなってきている。
主に朝起き上がれない事と眠っても疲れが取れない事だが、これは気合で何とかするしかない。
(気合も少しならば有効だけど、毎日とか一日中とかはムリなんだよね。 他の人よりも自分は弱いのだと理解して受け入れて、出来るとかやってやるとかそういう気持ちも大切かもしれないけど、まずはしっかり病気を治す事。 そこから社会復帰や仕事を増やす事が大切なんだと思う。)

・安定して仕事をする事ができた。
 病院の予約は日曜で受け付けていない事もあり、明日以降に行いたい。

・やはり朝が体が重く、今日は副業に行けないのではないか?と思う程だった。
 薬の量を減らし、切れるのを先延ばしにしている事も影響しているのだろう。
 今日は平日だったので、予約の電話もできたのかもしれないが、出来なかった。

・朝は体が重いが、副業に遅刻せずに出勤できている。
 薬が無くなるので、早く電話しないといけないのだが、電話が怖いと感じ中々できない。
(一日も早く病院に行くべき、そして今の状況や体調、考えを全て話すべき。 そして先生の指示に従うこと。 頑張るとか、自分はそうならないという事はありえない。 プロの意見を聞いて助けてもらうべきです。)

僕とうつ&統失 闘病記 2019.09.15 生きたくてもそれが叶わない人に会いに行く その5 辛すぎる現実

親戚の年の近いお姉ちゃんの旦那さんが不治の病でいつまで生きられるか分からない。
千葉県の停電が復旧して、タンの吸引も出来、肺炎の心配は去りました。
真っ暗な病院でうちわで仰いであげた日から3日。
今度は両親と叔父夫妻合わせて5人でお見舞いに行きました。

部屋はエアコンが聞き、タンも取れて、呼吸は楽そう。
目も前回より見える日のようです。
父や叔父の顔を見て僅かに頷いていたので、嬉しかったのかと思ったのですが・・・
50音が書かれたボードの「し」を指差します。
その後に言葉が続かないのですが、何かを言おうとしている。
指を4本立てたりもする。
「死」です。

お姉ちゃんの話だと、「しぬから」といつも指すらしい。
皆がいきなり訪ねてきたから、自分はもう長くなくて、慌てて会いに来たのかと思って「死ぬから?」という意味だと思ったのですが、、、
とても気遣いをする旦那さんなので、看病で迷惑をかけてしまっていて申し訳ないから「死ぬから」と言っているかもしれません。
それとも自分だけに分かる死期を悟って言っているのか?

その日の夜、お姉ちゃんと話をして、「し」に続く言葉は「死にたい」なのか?「死ぬから」なのか?聞きました。
すごく辛い質問だと思ったのですが、どちらかで意味が180度変わってくる。
死にたいは、僕と同じ状態。言葉のままです。
でも死ぬからは、先に書いたように、生きたいけど、迷惑かけちゃってごめんねという意味に取れる。
お姉ちゃんの答えは、しぬから の方でした。
でも日常的に死ぬからと伝えてくるそうです。

それでも自分の死期の話をされるお姉ちゃんは相当辛い日々を送っているはずです。
僕だったら耐えられないだろう。
愛する人が、もう生きたいのか死にたいのか分からない状態。
どれだけ看病しても治ることは無いし、そこで死の意思を表されたら。

3日前はこの旦那さんの生きようとする姿勢に考えさせられた僕ですが、今回のお見舞いでは、死の話をされてしまった。
薄々予想はしていたのです。
僕もいつも死ぬことを考えているからね。
旦那さんも死を意識していてるのではないか?
やけになって死にたがっているのではないか?
そのとおりの事になっていましたが、涙は堪えました。
本人の前で泣いたら、本当に自分が死ぬから泣いているのだと間違って感じ取ってしまう。
皆背中を向けて涙を堪えている様子。
もう耳は聞こえないのですが、手を握って「また来るよ、頑張って」と言うのが精一杯でした。
叔父の「〇〇!頑張れよ。負けるんじゃねぇ」と怒鳴るように言ってももう聞こえない様子は、さすがに泣いてしまいました。

お姉ちゃんにその後、LINEで僕の病気の状態を全て話ました。
薄々分かっていたとは思いますが、ハッキリ言うのは始めてです。
僕も死が身近にあって、うぬぼれかもしれないけど、旦那さんの気持ちが分かるような部分がある。
何も出来ないけど、またマメに会いに行くよ。
そんな話をしました。
40代半ばの旦那さんも辛いし、お姉ちゃんも辛い。
人生の不平等を感じずにはいられません。
どうしてこうも辛い仕打ちが続くのか。
神様がいるなら、恨みますよ。

とにかく、何か僕に出来ることがあるかもしれませんから、また病院に行こうと思います。
それしか出来る事はありません。

僕とうつ&統失 闘病記 2018.06 金銭面が限界、幻視幻聴再発、それでも頑張る

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・先月5月31日に実家から近いに病院(一人暮らしのアパートからは30分くらいの距離)に通う事に変えた。
 薬の名前が変わるが、製薬会社の違いなのか?ジェネリックなのか?
 同じ処方のようである。
 量が若干少なくなったらしので、体は日に日に軽くなって来ている。
 これまで身体が動かなかったりしたのは、薬の副作用だったのだろうか?
 また、食欲が全く無かったものが、水分がなくても米が飲み込めるようになるまで回復している。
 この調子で6月の病院に行けると良いのだが。
 血液検査とCTの結果はどうなっているのか?気になるが、
 とにかく、しっかり食べ、しっかり眠る生活を心がけたい。
(この病院に行くようなった事で、体調面は良くなるが、一人暮らしの環境面はかなり厳しい状態になっていくよね。 新しい風を入れる事でどこまで頑張れるか。)

・食欲が戻ってきているし、水が無くても飲み込めるようになった。
 ただ、プリン4個を一気食いしたり、焼売を一気食いしたりと
 かなり偏った食生活をしている。
(物が飲み込めない程追い込まれていた事は記憶にない。
 記憶がおかしくなってくるって事はやはり病気が再発しているのだと思う。)

・新病院から処方された薬は、同じものだと聞いているが、
 薬の量が減っているらしく、体調が良い。
 具体的には、身体が軽い。
 朝は相変わらず起きるまでに時間がかかるが、それでも動けているのだから、良い方だろう。
 来週の病院で、採血とCTの結果がわかると思うが、何を言われるのだろうか?
 金銭的な面でかなり追い込まれているが、どうしたものか?

・食欲が戻ってきた。
 身体も結構動かせるようになった。
 薬の量でこれほど差が出るとは思わなかったので、嬉しい。

・若干身体が重い。
 洗濯物もやっと取り込みはしたが、奥の寝室にハンガーごと置かれているだけ。
 考えなといけない事が多すぎる。
 時間がいくらあっても足りない。
 食事は米と味噌汁だったり、豆腐だったり、50円のマグロの特売など、
 調理が必要ない物だけでやりくりしている。
(金銭面で追い込まれ、色々と節約するのだが焼け石に水だった。
 そこまでして一人暮らしを続ける理由は無かったように思う。)

・1日パソコンをいじっていて楽しんで気分転換している。
 起きるのが遅くなってしまいましたが、元気な方だと思う。
 薬はきちんと飲む時間や寝る前など守っている。
 間も無く病院に行くので、やや緊張気味である。

・安定して仕事をする事ができた。
 早めに仕事を終えられた事もあり、帰宅してゆっくり過ごす。
 薬の副作用という物はあまり感じない。
 ただ、何かの気配のような物を感じていて、
 虫が見えた時と同じような感覚がある。
(幻視が出ているのだから、かなり悪い状態。 それを気にしないようにして誤魔化しているけど、早く一人暮らしは止めるべき。 体調を悪化させるだけです。 無理を続けても良いことは無い。)

・とても落ち着いている。
 新病院の下館病院に行ってから、体調が安定している。
 タイミングがたまたま合っているだけかもしれないが、薬の副作用も感じないし、とても良い状態が続く。
 間も無く新病院2回目。
 血液検査の結果とCTの結果がわかるので、薬が変わると良いのだが。

・病院に行ってきた。
 前回は初診で採血やCTを行ったが、今回はその結果が聞ける。
 が、答えはあっけないものだった。
 どこも悪く無いという事だった。
 薬は変わらずで、
  朝食後 タイヨー2mg、アメル2mg
  夕食後 タイヨー2mg、アメル2mg、フジナガ200mg4錠
  就寝前 ニプロ10mg
 幻覚幻聴がひどくなっている事を話すのを忘れた。

・ダブルワークをしないと、生活が出来なくなっている。
 母に5万円を借りて、先月を何とか乗り越えた。
 年金が出たので、明日お金を返しに実家に行く。
 両親はそこまでして一人暮らしをする必要はないと言う。
 僕も帰りたいと思ったりもしたのだが、
 本当に限界まで節約したか?
 自炊をして節約したか?
 コンビニに寄って高い商品を買ってないか?
 そう言われるとやっていないと言うしかない。
 ダブルワークしようと思う。
 距離は遠いが、月に4万円くらいは稼げるらしい。
 続けられれば良い事づくめだが、体調と距離が心配である。
 しかしやるだけやってみる。
 実家へはいつでも帰れるのだから、限界までやってみるべきだと思う。
(ここでダブルワークをやらずに、実家に帰っていれば今頃はもう回復していたのかもしれない。 ここで無理をした事で年単位で後退する事になる。 周りに何を言われようと、もう全てを辞めて休むと言えなかった自分が弱いのである。)

・気合いが入っていて、良い緊張感がある。
 何だか非常にバタバタしたような気がする
 自炊を徹底しようと思う。
 コンビニには公共料金の支払いだけ寄るようにする。
 昼食の菓子パン、コーヒーも買わないようにするつもりだ。
 とにかく10月の車検を乗り越えないといけないので、
 節約を徹底する。と決めた。

・身体が重い。頭が回らない。
 今日は仕事関係、友人関係の人たちで夕食会が開かれるそうだ。
 お誘いを受けたのだが、少しでも早く帰宅して、身体を休めたいので、お断りをした。
 自分の身を守る為、仕方のない事だろう。

・若干体が重いが、これくらいは許容範囲だろう。
 朝は相変わらず起き上がることが困難だが、起きてしまえば身支度をしないといけない、
 仕事に行かねばならないと、問題は無く動くことができる。
 幻聴らしき小さな虫が視界を飛び回っているが、どうも死体に群がるハエのような感じがする。
 そう考えてしまう辺りが妄想系のうつ病とか言われた所以だと思う。
(もう危ないよね。 入院しないといけないレベルまで来ていると思うけど、まだまだ無理をするんだよね。 痛々しいし、思い出しても辛いものがあります。)

・非常に落ち着いている。
 だが、朝は眠く体も重くて、30分の遅刻をした。
 繰り返すわけにはいかないので、気をつけて規則正しい生活をしようと思う。

・落ち着いているが、朝起き上がることができない。
 毎日5分、10分遅刻しているので、これはまずい。
 しっかりしないといけない。

・今朝も起き上がれず。
 ギリギリ、10時ちょっと過ぎに到着できたが、いつ大遅刻するか分からない。
 就寝前に飲む薬が強いのか? 体調が悪いのか?
 早寝早起きを心がけたいが、仕事やらやりたい事が山ほどあって、
 時間配分が全く出来ていない。
 追い込まれないと仕事をしない癖を、何とか正さないといけないだろう。

・休日ということもあり、非常にマイペースののんびりと過ごさせてもらった。
 とは言ってもほとんど在宅勤務に近いのだが。
 死にたいとは全く思わない日々が続いている。
 幻聴はなんと無く聞こえるのだが、あまり気にしないようにしている。

僕とうつ&統失 闘病記 2018.04 ジョジョに追い込まれていく自分。ジリ貧。

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・こことのところ体調が悪いので、朝薬を1日分飲む事にしている
 身体には悪そうだが、1日を活動的に過ごす事できる。
(体調が悪い日が増えてきているよね。 薬を飲んでも対応出来なくなってきているし、色々と無理が出てきていると思う)

・落ち着いてはいるが、副作用なのか眠気がすごい
 仕事で行った営業先からの帰り道は居眠り運転気味だったので、危険。
 死にたい衝動は無くなったので、眠気くらいの副作用は我慢か?

・1日休みが入り、気持ちも楽になったが、
 何かに追われているような気がしてならない。
 自分は正しい道にすすんでいるのだろうか?
 一人暮らしは続けるべきなのか?
 など考えるとキリがない。
(この追われている感覚に耐えられなくなっていくわけだけど、一番は金銭的な事。 働いても働いても一人暮らしで金が無くなっていく。 貯金もままならない。 これでは追い込まれていくのは当たり前。 一人暮らしをこの時点で止めていれば、後に入院する事も無かったと思う。 判断が遅かったか。)

僕とうつ&統失 闘病記 2019.09.13 生きたくてもそれが叶わない人に会いに行く その4 電力仮復旧

千葉県に入院している親戚のお兄ちゃんが、停電によって命の危険に晒されていると書きましたが、昨日から北海道電力の災害対策車が3台到着し、発電をしてくれているそうです。
全面復旧とはいきませんから、一番必要な部分から電気を使っていくのでしょうけど、とりあえずお兄ちゃんのタンの吸引は出来るそうです。
暑さの事にも触れていないので、エアコンも復旧した様子。
お兄ちゃんの熱も下がり、顔色も少し良くなったと連絡があり、家族一同安堵しました。

心配してくれていた方たち有難うございました。