デジモノ快談 ずっと勘違いのボク

iMacが調子悪くなり再インストールをしたわけですが、その際ネットに繋げる設定をするわけです。
そこでうちのWi-Fiチャンネルに繋ぐわけですが、〇〇Aと、〇〇Gと二回線あるのです。
どちらが早いかというと「ハイ!Gであります!」と断言。
GはギガのG。ガッツのG(JOJOネタ)だからであります。
とジョジョ立ちしながら言いました。

でもちょっとだけ不安になったので調べましたw
そうしたらAの方が早かったんです。
Gもギガとはまったく関係無かった・・・

もうWi-Fi規格は次々と出てくるからいちいち覚えてなかったのですが、そうですか答えはAでしたか。今後Wi-Fiは第六世代になっていくのですが、次から呼び名にアルファベットは付かず、Wi-Fi6(第6世代だから6)になるそうです。
5個も規格が乱立していてユーザーも何が何やら訳分からん状態だったのでしょう。

今後は数字の大きい規格を選ぶとそれが最速という分かりやすさになります。
普及するのは数年後らしいですけどね。
っと話がずれましたが、僕はずっと遅い方の回線を、わざわざ指定して、aには切り替わるなよっと設定して使っていた様で、何だったんだと言う気持ち。
ややこしい世界です。
もっとコンピューターの世界は、説明書が無くても分かるくらい煮詰めて商品化しないと駄目だと思う。
ネットワーク関連との相性最悪だから、強く言っております。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。