シネマにドラマ 映画 ディズニーランドのSWエリア、ギャラクシーズエッジ

カリフォルニアのディズニーランド
フロリダのディズニー・ワールドにスターウォーズの新エリア「ギャラクシーズ・エッジ」がオープンしました&します。
カリフォルニアは5月末にオープン済み、フロリダは8月にオープンします。
ギャラクシーズ・エッジという名前は、銀河のはし、銀河の縁、辺境とかそういう意味の名前かな?
SWワールドの中心ではなく、架空の星バトゥにある、ならず者達が集まる怪しい街という設定だそうです。

東京ディズニーランドにスター・ツアーズという物がありますが、アトラクションだけの追加ではなく、一つのエリア全てがSWの世界という事になっています。
その広さは追加エリア史上最大だそうです。

日本人のユーチューバーがメディア関係者だけの先行体験をレポートしていますが、かなり細かい部分までSWワールドになっています。
ネタとかSWならありそうという事がてんこ盛りでどこを見てもSWとなっています。

子供の頃からミレニアム・ファルコン号に乗ってハイパースペースに突入したい。
カンティーナの酒場に入ってみたい。
ブルーミルクってどんな味なんだ?
と子供の頃から何十年も思い描いていた夢が叶うのです。

グッズ関連もライトセーバーから、クリーチャーから、衣装から、ドロイドまで揃っているし。
フードもSWの世界観に関連した物ばかりです。

映画で出てくるキャラクターと同じライトセーバーも買えますが、ワークショップ形式で話を聞きながらライトセーバーを作る場所もあり、自分でクリスタルをはめ込んで刃の色を決めることが出来ます。
組み立てて自分で刃をはめ込んだりしたら興冷めするじゃないですか。
そこはディズニー。
ライトセーバーの柄の部分だけ自分で組み立てて、台座にそれをセットすると、部屋が薄暗くなって、ヨーダの声が。
偉大なジェダイマスターの話が終わって台座が開くと、クリスタルと同じ光のセーバーが輝いた状態で出てくるという粋な演出。
どうやってクリスタルと同じ色の刃を選んでいるのか?
どうやって、いつの間に刃の部分をセッティングしているのか?は見ていても分かりませんでした。
ディズニーマジック!
オリジナルデザインのライトセーバーと儀式風のワークショップで作ったセーバーは一生の宝物になることでしょう。

アトラクションは銀河最速のガラクタ「ミレニアム・ファルコン」に乗って密輸を手伝うという物と、レジスタンスになってカイロ・レンと対決する物があるそうですが、後者は2019年秋のオープンで、とりあえずみんなファルコン号に乗りたいでしょうから、こちらは大人気になると思います。

フロリダのディズニー・ワールドのギャラクシーズ・エッジは同じ街の形ではないでしょうけど、アトラクションの中身は同じかもしれません。
でも何かしら違いを出して、両方行きたくなるような仕掛けがあるはずです。
お金を貯めて惑星バトゥに行ってみたい。
オリジナルのライトセーバーを作りたい。
貴重なグッズも欲しい、美味しいフードを全部食べたい。
お金いくら必要なんだ?(笑)

東京ディズニーランドは土地の狭さからギャラクシーズ・エッジは作る事は難しいそうです。
世界中にあるディズニーランドがそれぞれの場所だけの特色、違いを出してきているので東京での実現は難しいでしょう。
東京は美女と野獣のアトラクションを作っているみたいだし、SWのエリアは絶望的かな。

カリフォルニアまで行くしかない!
英語勉強しなくては!
それより資金だよね😁

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 現場のお宝 第2デス・スターのプラモ

毎月最終日に、スターウォーズのお宝を発表していくこのコーナー。
2回連続で、頂き物を紹介したので、今回は自分で手に入れた物を。

今回のお宝は、あまりお宝では無いかもしれませんが、
「第2デス・スターのプラモデル」です。

友人のバンドのライブに行ったのですが、開演前にプラモデルショップが近くにあるので、覗いてみたら、デス・スターがあったというわけです。
本当はファルコン号とか欲しかったのですが、そういうの全然無くてw

デス・スターとはスターウォーズを象徴する敵の巨大宇宙ステーション。
月のように丸い形をしていて、一部窪んでいる部分から緑色の強力なレーザーを発射し、星をも破壊するという究極兵器。
直径が30kmとかだったかな。
映画ではそんなに大きく見えないのだけど、たしかそれくらいのサイズだった。

アメリカという国は、一定の人数からの要望(100万人だったかな?)があると政府は真剣にその要望を検討しないといけないという法律があるらしく、デス・スターを建設してほしいという要望が集まったそうです。
政府はデス・スターを建設するのにかかる費用を本当に計算し、とてもじゃ無いけど作れませんという公式コメントを発表したりしました。
面白い国だなぁアメリカ。

さて、デス・スターですが、最初に公開されたエピソード4から早速登場しますが、映画クライマックスで正義である反乱軍に破壊されてハッピーエンドを迎えます。
が、エピソード6で、第2デス・スターが作られている最中という設定で復活を果たします。
建設中なので、写真のようにまだ、まん丸じゃないのですね。
そこがなんともメカチックで、完全に球体じゃないデス・スターは人気があります。

このプラモデル、1,700円くらいだったと記憶していますが、細かい部分までよく作られています。
ペイントは素人なのでとても出来ないので、組み立てて終わりですが、ネットではこれを映画で使えるんじゃないかというレベルまで描き込んだ物もあったりします。
才能ある人は楽しいんだろうなぁ。

このプラモのテニスボールと卓球のボールの中間くらいの大きさで直径10センチくらい。
程よい大きさで中々気に入っております。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 現場のお宝 私服ジャンゴのイラスト

毎月月末にスターウォーズ関連のお宝を紹介していくコーナーです。
今回のお宝は
『私服のジャンゴフェットのイラスト」であります。

これまた友人から頂いた物なのですが、映画の中のキャラクターが洋服を着ているという斬新な絵。
ポーズもかっこいいし、着ている服もキャライメージに合ってる。
白のパンツなんてイメージ通りだ。
どうしてこういう絵が描けるのか、絵心無き自分には理解できませなんが、描ける人はサラッと描くんですよね。
ずるいぜ絵心。欲しいぜ絵心。

ジャンゴ・フェットは、これまた根強い人気のあるサブキャラ、ボバ・フェットの父ですね。
正確にはジャンゴのクローンで自分のちっちゃい版をボバと名付けて育てるのですが、父ジャンゴが正義の騎士ジェダイに殺されて(悪役の賞金稼ぎだから)、ジェダイを恨んで、成長してから親父と似たような格好をしてジェダイを苦しめます。

この親子、人気キャラなのに、どちらもあまりにあっけない最後を迎えるのですが、あっさりと死んでしまうのが、スターウォーズ。
実は生きていて・・・などとファンが自作ムービーをUPする程でして、人気は根強いのですが、本当に情けない死に方をするので、僕的にはあまり魅力を感じません。
このイラストは最高ですけどね。
イラストは部屋のいい場所に飾らせていただいています。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 映画 スターウォーズ エピソード9 THE RISE OF SKYWALKER の予告編解禁

昨日、スターウォーズ✨最新作のエピソード9の予告編が電撃⚡️公開されました。
SW会のメンバーから連絡が入っていたのですが、作業中でそのメッセージを読んだのが3時間後。
なんとまぁ時間を無駄にした事か。
メッセージを読んですぐに検索、数時間で既に20万回も再生されていてビックリ。
日本語字幕の無いアメリカ版予告編は100万回以上の再生がされていて、この映画のスケールのでかさを改めて実感しています。

予告編は、深呼吸をして音量🎶をMAX🔊にして鑑賞しました。
このエピソード9でこれまで公開されて来た8本の作品含め、完結になるらしいのですが、本当でしょうかね。
僕はこのシリーズは続けていってもらいたいのですが、噂もあります。
スカイウォーカー家とは関係ない人物たちの別のスターウォーズが作られるのではないか?と言う物です。
これはこれでアリ だと思います。
スカイウォーカー家と離れないとストーリーに限界があるのも事実だと思うし、一旦リブートするのも良いのではないかと。
っと言うかスターウォーズを劇場に観に行くのはお祭りであり、とても楽しみにしている、生き甲斐になっている(笑)ので止めないでほしいと言うだけですが・・・

さて予告編ですが、内容は見てもらうとして、最後の“声”にビビったんですけど(笑)
え?まさか?どうして?どうなるの?
怖いのとワクワクとでいっぱいになった声でしたw

あと2つくらい予告編が公開されていくだろうけど、きっと夏以降だし、それを楽しみにしておこうと思います。
あぁ、本当に終わっちゃうんだなぁ。
感慨深いです。
劇場で泣くかもしれないなぁ(笑)

公開は2019年12月20日。
日米同時公開なのでネタバレも大丈夫そう!?
まぁバレる物はバレるんですが。
たのちみ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。


SW EP9 THE RISE OF SKYWALKER 予告編↓

シネマにドラマ 映画 第2回上映会 作品選考談義

先日、ハン・ソロ上映会🎦&お食事会🍙を開催し、大成功!???に終わったと書きましたが、勢い付いた僕は次の開催をメンバーに持ち掛けました。
「開催時期は早い方が良いですよね?」
と送っても誰もそれには答えない。
聞き方がまずかったか・・・
お邪魔するのに相手からいつが良いとは言いづらいもんね。
夏前には開催したいですね。

そして、次回上映作品候補が上がりました。
レディ・プレーヤー1 です。
この映画の中でスターウォーズのキャラクターが出るのを探そうという趣向。
面白いかもしれない。
ボカァ調理で全く見れないだろうけど☺️

デロリアンと金田のバイクが出る事くらいしか知らないけど、金田バイク見たさにこの映画に決まりそうな勢いです。

それにしても、金田のバイク🏍の話からハリウッド実写版AKIRAの話になりました。
2019年中に撮影が開始されるというニュースが入ったのですが、本当に今度こそ作るんかね?という話、当然なりますよね。
もう何回作る作らないというニュースを聞いたことか。
でも東京🗼が舞台じゃないんでしょ?
外国人が演じるんだろうし、どうなるのよ。
ハッキリしなさいよアンタ。

それよりも童夢🧢を映像化しない方がおかしいというマニアックな意見も出ました。
確かに童夢は傑作です。
映像化してくれたら泣いちゃうよ〜😂

とりあえず、上映会開催日を決めて、それから作品選考としましょう。
ゴールデンウィークにやっちゃう?

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。