僕とうつ病&統失 闘病記 2014.02 断酒、その他色々悪い

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・薬が切れてどれくらい経っただろう?
 もう何日間薬が切れているかも思い出せない。
 あるのは、体のだるさだけ。
 死にたくは不思議とならない。
 たまに弟に会いたくなるが、それは死んだら叶うかどうかも
 分からないからやらない。
 今考えるのは、このまま僕が独り身で、両親を失った後の事・・・
 孤独が20年は続くだろう。
 そこにあるものは何だろう?
 漠然としてはいるが、そんな事を毎日考える。
(孤独死するのは覚悟している。 結婚したいとは思わない。 あんな思いは二度としたくない、あんな扱いは二度と受けたくない。 だから孤独が20年続こうとも構わないじゃないか。 気楽で何をするのも自由だし。)

・12時に起きるが、体もかなり重くて起き上がれない。
 やっとの事で立ち上がったが、肺がしぼんでしまった様な
 息苦しさがある。
 それに背骨を伸ばすと、きしむような感覚がある。
 昨日運動はしてないし、無茶はしてない。
 身体的に弱っているのは納得がいかない。
 時間をかけて体を慣らしていき、愛犬の散歩に出かけた。
 午後から、ショコラ発表デザートライブの感想を書き続けた。
 夕方になるといつのように体が軽くなり、
 何事も無かったかのように過ごす事ができた。
 薬は切れているが、病院は明日は休み、明後日に行こうと思う。
(身体の異常の原因はわからないね。 毎日少しでも身体を動かす習慣を付けたいけれども、それは現在も出来ていないから難しい事だよね。)

・やっと病院に行ってきた。
 明日明後日と天気が雪らしいので、駆け込み患者が多くて
 待合室は満員、座れる場所は無かった。
 車で待機して、しばらくしてから戻ったら座れたので一安心。
 スマホがあるので音楽を聴きながら、
 あぜ道通信のコメントに返信をして、
 嫌いな待ち時間をリラックスして過ごす事ができた。
 先生には、体調のいい時と悪い時の波があると伝える。
 特に朝が起きられなく、夕方になると、動けるようなると伝えるが、
 先生は春になって気温が高くなってから薬にテコ入れをしようと言った。
 寒い時期の薬の変更はリスクがあるようだ。
 また、虫が壁を這うのは一月の間見ることは一度も無かったが、
 幻聴らしきものは聞こえたと伝える。
 夜中に下の階から、風呂に誰かが入っているような、
 洗濯でもしているような生活音が聞こえると伝える。
 声などではなくて、物音が聞こえるというのも幻聴にはあるのか?
 と聴くと。あると言っていた。
 どうしても幻聴が聞こえてしまうという事実を認めたくなくて、
 突然霊能力に目覚めたと思うようにしていたと言ったら、
 先生はのけぞって笑っていた。
 玄関のピンポンの音が聞こえて、ピンポンダッシュされたと思う人もいると言っていたが、それ僕ですと正直に話す。
 この幻聴は完全に治るものなのか?という事も聞いた。
 治るし、君は薬が効きやすい方だとも言ってくれた。
 最後に、この前カフェインで覚醒してしまった事も聞いた。
 酒は飲むなと言いましたが、コーヒーはどうですか?カフェインの影響は?
 先生はカフェインは問題ないと言ってくれました。
 なるべく昼間飲むようにして、寝る前は良くないですよね?と言うと、
 ノンカフェインのコーヒーが売っているからそれを飲んだらいい
 とアドバイスをくれました。
 そんなコーヒーの存在など知らなかったし、見たことも無い、
 売っている物なのか?
 数時間ねばってみて、眠れなかったら、その時は睡眠薬を飲むようにしますね。と言うと
 生活リズムが狂っているわけだから、積極的に飲むべきとの事。
 睡眠薬は1月分くらいたまっていると言うと、
 すかさず薬は溜めない方がいいと釘を刺された。
 実際は3か月分溜まっているのだが、
 ODを心配されると処方が変わってしまうかもしれないので、それは隠した。
 珍しく僕も沢山話し、先生も真顔で色々とアドバイスをくれて、本当に精神科医なのだと再認識だった。
 薬に変更は無し
 朝 : アキネトン1mg、セレネース1mg
 夕 : アキネトン1mg、セレネース1mg、ジプレキサ10mg2錠
 就寝前 : リーマス200mg3錠
(色々と話をすれば、色々と返ってくるという事なのでしょう。 黙っていては先生も何も言えないし、どういう状況なのかも伝わらない。 辛いと愚痴を言うだけでも良いと思う。)

・ここ数日、体が重くて日中炬燵で寝てばかり。
 自己嫌悪になる。
 薬の副作用なのか? 悪い波が来ているだけなのか?
 自分の体のことなのに理解できないのが、悔しい。

・夕食時に飲むおちょこ一杯の日本酒だが、
 食後に動機がして息苦しくなってしまう。
 先生も酒は飲まないほうが良いと言っていたので、
 思い切って飲むのをやめる事にした。
 今晩からやめたのだが、今夜は動機が激しくなったり、
 息苦しくなったりはしなかった。
 それに日本酒はカロリーが高いので、
 ダイエットをするならば、飲まないほうが良いに決まっている。
 夕食時のあの一杯が楽しみだったので、
 飲めなくなるのは辛いものがある。
 だが健康のためだ、飲まないようにしようと思う。
(日本酒は大好きだが、どうせ量は飲めないのだから、止めてしまったほうが良い。 カロリーも高いから色々と問題もあるだろう。)

・今朝はレシピ作りをする予定だったが、時間になっても動けなかった。
 母は一人で作業をして会社に行ってしまいとても申し訳なく、
 情けなく、自己嫌悪することになった。
 母にはお昼にメールで謝ったのだが、帰宅してから再度謝った。
 母は僕が朝起きられない事をまったく責める気にはならないらしく、
 ぜんぜん構わないといっていた。
 ますます情けなくなった。
 できる限り、レシピ作りには参加するようにしようと思う。
(否、無理はしない方が、良いだろう。 気にすることはないと言ってくれているのだし、体調が悪い日は休むことに専念するべきだ。)

・薬が効いてきたのか、朝8時から活動することができた。
 日中、昼寝もほとんどすることなく過ごせ、調子がいい。
 この生活パターンを毎日続けられるように努力したい。

・「酒は飲まないように」と先生に言われた事、
 そして日本酒はカロリーが高いからと、酒を飲むのをやめて数日が経過。
 両親が日本酒を乾杯する様子をみて、羨ましく思う。
 オチョコ一杯しか飲まないのだから、
 飲んでも構わないような気もするが、我慢我慢である。
 体重は落ちるどころか、さらに増えてしまったように感じる。
 毎日裸で体重計に乗れればいいのだが、
 寒いので服を着込んでの計量になってしまい、正確な体重が分からない。
 少なくとも毎日体重計に乗る事を習慣にするようにしたい。
(毎日体重計に乗ると、自分を見つめ直す時間が出来るのでとても良いと思う。 太っている時分を恥ずかしいと思うならば、ダイエットも頑張れるはず。 日本酒をやめるくらい何てことないだろう。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2013.10 病院行かず、昼夜逆転、いいトコ無しの生活 

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・比較的落ち着いているが、ふとした事で落ち込んだりする。
 子供の笑い声が聞こえ、怖くなった。
(幻聴なのか近所のお子様なのか、窓の外を見て確認するくらいやっても良いはず。 耳がいいから外から実際に鳴っている音を拾っている事もあるかもしれない。 もし本当に幻聴だとしても、薬を飲むようにすれば弱める事が出来るから、あまり落ち込まないように。)

・薬が昨日の段階で無くっているのだが、今日病院に行かずに
 PCの作業に没頭した。
 今日は集中力が続き頑張る事ができた。
 毎日こうならば、病院にもすんなりと行けるのだろうけど。
 薬が切れても、特に何も起こらず、普通に生活する事ができた。
 明日は午後からレシピ作りがあるので、午前中に病院に行きたいと思う。
 多分朝、起きれなくて、9時には行けないだろうけど、
 午前中の部には間に合うだろうか?
(薬が無くなっているのに、やる事は結構あるって危険だよね。 早く病院に行ってほしいが、薬を切らせてしまうのがお決まりだし、自分で薬の管理が出来ない性格なのだろうか? 病院に行くとドッと疲れるから気が重いだけなんだろうけど、何か薬を切らせない方法は無いものか?と考えると近くにある病院に変更するという方法が一番現実的かと思う。)

・薬が無くなって2日たったが、今日は体調が良く、集中力が続いた。
 病院には行けなかったが、明日、明後日とで病院が休みとなるので、
 最短でも3日後になってしまう。
 それほど影響は無いと思うが、万が一に備えておこうと思う。

・薬が切れて何日経っただろう?
 薬が切れても何も起こらず、平和な毎日を過ごしている。
 薬なんて必要ないのでは?と思ってしまうが、
 先生は一生薬が必要だと言う。
 本当にそうなのだろうか?
(薬を飲んで体調が安定してくると、薬が無くても行けるんじゃないか?と思うようになるけど、やめるとまた症状が出る。 そう簡単にうつ病は治らないし、統合失調症にいたっては治療法は確立してないく、症状を抑えるという方法しかないのだから薬は必要。)

・病院に行ってきた。
 薬が切れて1週間〜10日は経ってしまっただろうか?
 体調も良かった事もあり、今日こそはと行ってきたのだ。
 先生には、1週間くらい経ってしまいました。
 でも体調は落ち着いています と言う。
 運よく体調が悪くならなかったねと先生。
 薬無くても大丈夫なんじゃないですかね?と僕
 また死にたくなると苦しいでしょ?と先生。
 そうなってから薬を飲んでも、薬が効きだすまでに2週間かかるよ。
 そうなると苦しいでしょ?と先生
 あれは辛いです・・・と僕。
 そうそう、睡眠薬はいらないです。無くても眠れてますので。
 分かりました。
 薬を無くすと言うと話が飛躍しすぎるが、一錠でも減らせないか?
 という地道ながらも確実な方法で前進する話し合いをするべきだったね。
 一切薬を飲まない断薬実験ばかり行ってきたが、
 1錠減らす減薬という方法は試した事がないと、ここに来て気付く。
 その辺りの話を先生とした事が無いので、
 次回言ってみるのも良いのかもしれない。
 薬は睡眠薬が無くなった以外は、変わりなし。
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠
(いつも先生は薬が効き出すまでに2週間かかるという話をするけれど、本当にそんなに時間がかかるのだろうか? もっとすぐに効く薬も有るのではないだろうか? 薬の知識を持つことも必要だと思う。)

・薬の影響なのか、日中の睡魔がすごくて、昼から眠ると
 夕方の愛犬の散歩まで眠ってしまう。
 若干死にたくもなり、寝起きの悪さと相まって、気分は悪い。

・薬をまた飲み始めているが、副作用なのか眠気が強くて、
 日中寝て過ごしてしまう。

・日中眠ってしまう問題は相変わらず。
 集中力も続かず、15分も作業すると横になってしまい、
 1時間寝てしまうような事を繰り返している。
 愛犬を病院に連れて行くこともできないので、
 申し訳ないことをしている。
 その事を責めているのか、死にたくなってしまう。
 衝動的にやってしまう事はないとは思うが、冷静に考えるようにして、
 死なないようにしないといけないとは思っている。
(体調悪いんだよ。 15分しか作業できないのに繰り返して作業を続ける理由は無いはず。 こういう日は休む日と早めに割り切ってしまって、翌日げ元気になっていたら作業をほどほどにやるようにした方が、身体も作業効率もいいはず。 一日を休む日にするかの判断は目が覚めた時点で分かっているはず。 ゆっくり休む日も必要です。)

・少し死にたくなってしまったが、愛犬の病院に行く事もできたし、
 まずまずの一日だったと思う。
 明け方まで起きていて、翌日の昼間に眠るという
 昼夜逆転の生活は直ってない。
(深夜の静かな時間帯は気持ちが楽で、ついつい夜更かししてしまうけど、今は21時に眠るようにして、3時に起きてコーヒーを飲みながらニュースを詠んでのんびり1時間じっくりスタートしていく事をルーティン化しようとしています。 一日が長く使えるような気がするし、3時に体調が悪かったら朝まで追加で眠れば良いし、結構いい生活リズムかと思っている。 色々と自分にあう生活方法を模索するのも楽しいかと思う。 でも無理は禁物。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2013.09 色々頭の中がオカシイようです

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・病院に行ってきた。
 いつものように先生が調子はどうですか?と聞いてきたので、
 体が重くて動けないと答える。
 虫が見えたのはどうなりましたか?と聞かれたので、
 虫がいる感覚はあるが、その方向を見ても何も見えないです。
 虫が見えるのと見えないのでは、症状の重さは違うのですか?
 見えてないから症状が軽いとかはありませんか?
 見える見えないというよりも、そういう状態はストレスじゃないですか?
 まぁ、そうですね。
 薬を変えてみましょう。
 といった感じだ。
 新しい薬は
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠、ハルシオン0.25mg1錠、ベゲタミンB1錠
(きっと見えてしまうより、存在は感じるという方が症状としては軽いはずだけど、どちらも統合失調症の症状に変わりはないということなのでしょう。 どちらにしても心は休まらないし、ストレス。 見えないだけ楽だけどね。 統合失調症だという事に落ち込まないで、薬を利用して上手に生活していくように出来ると良いね。 今現在はほぼ幻視もなにかいる感覚も無くなっているから、良くなって安定しています。 大丈夫。)

・昨日から薬が変わったのだが、副作用が少し出ている。
 眠かったり太ったりする副作用ならば問題無いのだが、
 また腕がムズムズする副作用が出てしまっているのだ。
 まだ少しだけなのでなんとかなっているが、薬を飲み続けると
 この副作用はもっとひどいものになるだろう。
(薬の副作用で一番つらいのがコレ。 記憶がなくなるとか、太るとかそんな物はこれに比べたら何でもないと言ってもいい。 腕の中を虫があるき回るようなムズムズ感。かこうが叩こうが収まってくれず眠れなくなる。 どうすることもできず収まってくれないから発狂しそうになる。 この処方は最悪である。)

・薬の副作用だと思うのだが、腕がムズムズして気持ちが悪い。
 痒くてかくのだが、体の表面が痒いわけではなく、
 骨のあたりまで痒くて、どうする事もできない。

・薬の副作用だと思うのだが、頭が回らない。
 母とレシピ作りをやっている時も、次に何をやったら良いのか
 分からなくなってしまうし、分かったとしても、
 間違ってしまったりしている。
 自室にいる時は、人にペースを合わせる必要が無いので、
 おかしいとは気付かないのだが、
 母といると頭が回っていない事が良く分かる。
 先生は、自殺されるよりも、モウロウとして横になっている方が
 安心だという考えているはず。
(当然先生は死なれるよりもモウロウとする方を選びます。 頭が回らなくてもいいじゃない? コンピューターのような頭脳が必要という生活はしていないでしょう? 気持ちをゆったり持って、家族には頭が回らない事を伝えればそれでOKなんじゃないだろうか。 レシピ作りが難しかったら休ませてもらうことも考えよう。 体調最優先。 母に気を使って無理する必要はない。)

・弟の死後、弟の写真を集めて、スキャナーで取り込むという作業を
 していたのだが、顔を見るのが辛く、今日まで行う事ができなかった。
 もうすぐ死後3年、その間取り込み作業を放棄していた事になる。
 写真はテーブルの上に置いたままで、視界に常に写真が入っているのに、
 3年もやらないのだから、本当にモノグサだ。
 半分は、辛くなるからやらなかった。
 半分は、怠けていただけだ。
 取り込んだ写真はすぐにバックアップして万全の体制にし、
 取り込みが終わった写真を1階に持って行った。
 母は泣いていたし、父も少し涙声になっていた。
(自殺をするということはこういう事。 3年も手を伸ばせば届く場所に写真があるのに、触ることも出来ない。 泣きながら取り込み作業をする事になるし、3年経っても家族は泣いている。 死んだ本人は楽になれたのかもしれないが、残される人の事を考えたら死んではいけないことは分かるよね? 何もできなくたって、復帰にどれだけ時間がかかろうとも生きていてくれればそれで良いんじゃないかな。 自殺は駄目だよ。)

(今月も書き込みが少なく、元気にしているひと月だったのかも。
 副作用は出ているけど、死にたくて苦しんでいるというような記述はなかった。 少し眠っているかもしれないけど、それは責めるべきじゃないし、まずまずのひと月だったようです。 幻視が消えると良いのだけどね。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2013.07 壁を虫がはっている

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・9時から15時まで、眠ってしまった。
 1日中寝てしまっている。
 食事も不規則で、深夜に台所に行って食べ物をあさるのが
 当たり前になってしまっている。
 体重も落とさないといけないのに、夜食や過食を繰り返し、
 自己嫌悪になってしまう。
(夜食も過食も止めらられないのに、やってしまった後は自己嫌悪になるんだよね。 だったら最初からって思うけど、それが我慢できるならば苦労はない。 夜食に関しては、寝てしまうこと。これに限る。)

・早起きは出来たのだが、その後二度寝してしまった。
 午後からのレシピ作り以降は、伯父が来てくれた事もあり、
 昼寝をする暇が無くそのまま深夜まで一睡もせずに過ごす。
 夕方にはPCでの作業もこなす事ができ、集中力が続いた1日だった。
 二度寝をしないようにできれば、完璧な過ごし方になるのだが・・・
 頑張るしかない。
(深夜まで作業をせずに早寝早起きを心がけよう。 規則正しく生活するだけで体調が良くなるものかと思っていたけれども、今になってみるとそうすると身体が軽くなる事を実感している。 早く眠ること。)

・体が重くて、読書などを続ける事ができない。
 14時からのレシピ作りも気が重かったが、
 作業を進めるうちに体は軽くなり、夕方には感じていた重さも消えた。
 夕方になると体が軽くなるというのは、うつ病の典型的な症状なので、
 病気はまだまだ僕の中にあるのだろう。
 夜は睡眠薬が無くても眠る事ができるので、助かっている。
 睡眠薬は所持していた方が良いかを、次回病院で聞いてみようと思う。

・最近の睡眠時間は3時間と短く、その短さを補う形で、
 日中寝オチしてしまう。
 夜の寝る時間を増やせば解決してしまいそうだが、
 どうしても3時間ほどで目が覚めてしまい、その後眠れなくなる。
 やはり睡眠薬が必要なのだろうか?
(深く眠れない事にも睡眠薬は有効だから、最初から飲んで眠るようにした方がいいかと思う。)

・病院に行ってきた。
 死にたくなる事は無くなったが、
 部屋の壁を虫がはっているように見えると伝える。
 それと、睡眠薬を飲まなくても眠れるのだが、
 2時間くらいで目が覚めてしまって、その後眠れないと伝える。
 この場合睡眠薬を飲んで寝たほうが良いのか?と質問すると、
 飲んで目が覚めないようになった方が良いだろうと解答をもらった。
 薬は少し変更され
  朝夕:エビリファイ5mg2錠、アキネトン1mg、セレネース3mg
  就寝前:リーマス200mg3錠、ベゲタミンB、ハルシオン0.25mg
(壁が見えないほどの大量の虫がはっているように見えるが、幻視だよね。 こんな部屋にいたら心が休まるわけもないが、どこに行っても見えるんだろうから逃げ場は無い。 薬があまり変わっていないけど先生は何を考えているのだろう? この処方で幻視が消えてくれるといいのだが。)

・体が重くて、日中座っている事もできない。
 15分も座っていると体が重くなってしまい、
 横にならないといられなくなってしまう。
 横になると眠ってしまうので、日中何もする事ができない。
 薬が変わる前からこのようになっていたので、
 薬の副作用だとは考えにくい。
 原因は何なのか?
(身体が重いのは今も変わらず残っています。 鬱なのか統合失調症なのか分からないけど、起きていられないよね。 無理して起きていると辛いだけなので、その時は横になって休もう。 サボっているわけでも怠けているわけでもなく、自分から休んでいるのだと割り切って自分を責めないようにしよう。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2013.06 無理だと思っていても復帰の話が進む

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・今日は死にたいと思う事が無かった。
 前日から1日でこうも変わるかと自分でも呆れる。
 昨日と今日の違いから、死にたくなる原因を探ろうとするが、
 特に何も違いが無い。
 先生が言っているように、気圧の関係も疑わしいが、
 本当に気圧などで、体調が良くなったり悪くなったりするのだろうか?
 本当に気圧で体調が変化するならば、天気予報で
 明日の体調が分かってしまう。
 そんな事はありえないだとうと、やっぱり思う。
(一晩眠るだけで別人のように体調が変わるよね。 周りはその変化の早さに心配して損したとか、振り回されてしまうんだろうけど、体調が良い日は今日は体調が良さそうだと朝イチで話してしまう事も有効かもしれない。 気圧で体調が変わる説は本当なんだろうけど自分には当てはまらないと思う。)

・両親を亡くした後、独りになった時の事を考える。
 あまり考えたくない。
 未来は不幸だという考えを切り替えるような発想ができていないのだ。
 子供でもいれば、希望が持てるのかもしれないが、
 子供は自分の老後の面倒を見てくれる道具ではない。
 自分のような人間が親になってはいけないという考えも消えない。
(あまり自分が出来損ないだと思わないようにしよう。 確かに迷惑心配はかけている。 でもダメ人間ではないし、よっぽど人生や生きる事を真面目に考え続けている。 真面目過ぎるのも問題なんだけど、何にも考えないで自分勝手に生きている人よりはよっぽどマシ。 自分を責めない習慣をつけよう。)

・朝、姉からメールがあり、生きているか?の確認の電話を
 かけようかと思ったとあった。
 まだ寝ているだろうから、メールにしたという。
 成田で自殺があったようで、それを見た姉が心配になったようだ。
 心配されると申し訳ないような気持ちになるので、
 こういう過保護な心配はいらない。
 姉には元気だという旨のメールを返信した。
(心配してくれているのだからありがとうという気持ちを伝えよう。 家族がどれだけ心配してくれているか考えてみるのも良いことだよ。)

・体が重くて、日中寝て過ごす。
 朝に愛犬の散歩に行き、帰ってきたら眠ってしまい、
 夕方の散歩時に、また起き出すという生活パターンが出来ている。
 睡眠薬を飲んでいるのだから、24時に寝る事もできるはずなのだが、
 毎晩2時3時ごろまで起きていて、それから睡眠薬を飲むのだから、
 翌日の9時10時ごろまで睡眠薬が効いてしまって、寝てしまう。
 睡眠薬の効果は7〜8時間だと先生が言っていたので、
 朝の散歩から逆算すると、24時には寝ないといけないだろう。
 これから夏になると、9時でも既に暑いので、
 6時台には散歩に行きたいところ。
 そうなると22時には寝ないといけない事になるので、
 今の生活パターンだと到底無理なのである。
 少なくとも24時には寝るような方向にもって行きたいと思う。
(早寝早起きはとてもいい効果を出してくれると思う。 超早く眠って、深夜に起きて(ちゃんと睡眠時間は確保する)明け方の静かな時間帯に作業をするとものすごく捗るし、一日が充実したものになる。)

・久々に死にたくなった。
 日中横なって洗面所の方を見ながら、あのドアにコードを巻きつけて、
 首を吊ったら・・・と考えてしまう。
 とにかく、首を吊ったら楽になれるという考えに支配され、
 残される人達の事など、考えられなかった。
 こういう考えになってしまう原因を後になって考えたのだが、
 思い当たる節は無い。
 特にストレスがあるわけでもないのに、
 こういう衝動に駆られる所を考えると、やはり自分は
 病気なんだなと改めて実感する。
 薬をきちんと飲んで、ストレスが無い状態でコレなんだから、
 仕事をするようになったらどうなってしまうのか、自分でも恐ろしい。
(見切り発車なんだよなぁ。 何とか出来るだろう。どうにか良い方に行ってくれるだろう。 そういう状態での責任ある行動は間違っていたと今では思う。 死にたくなってしまうような状態で、普通に仕事が毎日出来るわけがない。 もっと母と話をするべきだった。)

・今日は動けた方だと思う。
 風呂に入る事ができたし、レシピ作りも自ら進んでこなす事ができた。
 死にたくなる事も無く、とても良い一日だったと言えよう。
 こういう日が続くと良いのだが・・・・

・母と弟の話をする。
 母は話しながら涙眼になっていたが、僕は全く泣く事無く話を進める。
 Masaは死なないでねと言われたが、そんな約束はできないと思っていた。
 最近、死にたい衝動に駆られたばかりだしね。
 母にそんな事は言えないので、僕は死なないよと嘘を言った。
(母は弟の一件でボロボロになってしまったから、僕が死なないなんて約束はできないね などと言えるわけがない。 本音を言える場所が畦道だけになっている事は大丈夫なのだろうか?)

・1日中寝ていて、夕方になってやっと起きだしたのだが、体が重い。
 寝すぎなのだろう。
 肺の辺りが少し傷むので、変な体勢で寝ていた事、
 布団で寝なかった事が原因だと思う。
 疲れているので、このまま明日のレシピ作りの時間になってしまったら、
 とても疲れるだろう。
 今晩は、ちゃんと布団で寝ようと思う。
(決まった時間になったら決まった場所で眠る。 決まった時間に起きる。 とても難しいことだけど、これが出来てくると毎日の生活にリズムが出来て体調が良くなるような気がする。 早寝早起きはいい事だらけだよ。)

・体が重く、愛犬の散歩が終わると、すぐにまた寝てしまうという生活をしている。
 今日はレシピ作りだったのだが、開始時間のギリギリまで横なっていた。
 2時間ほどレシピ作りをしていたが、体がだるくて立っている事が辛く、
 早く終わって欲しいと願うばかり。
 たった2時間でもしんどいのに、お店を始めてしまったら、
 毎日かなりの時間、拘束される事になるので、どうなるのか不安だ。
 体調から見れば、まだお店をやるのは早いような気もするが、
 もう何年もこれ位の病状なので、1年遅らせた所で
 状態は何も変わらないのかもしれない。
 店を開き、仕事をするようになったら、体力が付き、
 生活パターンも正常に戻り、全てが上手くいくのか?
 それとも病状が悪化するのか?
 自分の体なのに、全く予想が出来ない。
(この文章で書いた不安を、すべて母に話しておくべきだったと思う。 見切り発車ほどやってはいけない事はないと思う。 それが結局周りを巻き込んで迷惑をかけてしまうことになるんだし。)

・不眠症と睡眠薬の特集が組まれた番組を見てみた。
 睡眠薬は飲み続けていると、強い薬でないと効かなくてなってしまう
 心配を先生にぶつけた事があったが、
 その時先生は、そういう事にはならないと言っていた。
 しかしTVでは、薬の効果が出なくなってしまい、飲む量を増やしたり、
 強い薬に変えてもらう人が沢山いるそうだ。
 僕の場合、薬が無くても寝られる時もある。
 眠くなる前にベットに移動して眠れないとなるよりも、
 大切なのは、眠くなるまで寝ようとしない事らしい。
 あとは昼寝をしない事にも言及していた。
 昼間眠らないのはかなり難しい。
 体が重くて横になってしまうからである。
 もう一度生活習慣改善を頑張ってみようと思う。
(昼間なんとか眠らないように持っていきたいけど、かなり難しい事。 眠いというよりは身体が重くて起きていることが辛いので、横になることは仕方ない事。 何か薬で改善してくれる方法を探したほうが良いかもね。)

・相変わらず昼夜逆転の生活が改善できない。
 睡眠薬を飲んで、0時ごろに寝るのが良いのか?
 それとも睡眠薬に頼らないで眠くなるまで起きている事が良いのか?
 薬が後1日分しかないので、明日病院に行かないといけないのだが、
 行ける気がしない。
 明日の午前に行きたいが、身体が重くて寝てしまう事が多いので、
 どうなるか分からない。

・薬が昨日の晩で切れてしまった。
 日中飲む薬はあと1日分あるが、就寝前に飲む薬は昨晩で終わり、
 睡眠薬は2日分ある。
 今日病院に行けば良かったのだが、体が重くて断念。
 明日はレシピ作りがあるので、行くのは難しいか・・・
 友人たちとの食事会も近いので、病院には行けないので、
 行けそうな日に確実に行く必要がある。
 行けるだろうか?

・病院に行ってきた。
 死にたい衝動に駆られて結構危ない状態になりました
 と病院の先生に言うと、薬が一錠増えました。
 増えた事は拒絶するつもりは無く、自分でも危ないと思ったから、
 正直に先生に話をし対応してもらいたかったので、願ったとおりだ。
 危ないなぁ〜 と先生に言われ、そうなのかと改めて実感。
 確かに、いつものドーンと落ちて、
 起き上がれなくて死にたい死にたいと思う状態よりも、
 衝動的にやってしまいそうな状態の方が危ないよね。
 そういう状態になったのは、何か理由があるのかな?と先生。
 自分でも分かりませんと僕。
 何かある薬の名前を言い、飲んだことあったっけ?と聞いてくる先生。
 僕は薬の名前が覚えられない人なんだけどなぁ〜
 というか、カルテを見てくださいよ。
 そこに全部書いてあるんでしょ? そのためのカルテですし。
 薬疹が出た事あったんだっけ?と先生。
 たしか何かの薬の時に出たような・・・と僕。
 カルテを見る先生。
 あぁ、出てるね。
 最初からカルテを見てくれよ。
 その後何か薬を追加すると言われました。
 何か副作用が出るのですか?と聞くと、出たら飲むのやめて、
 今までの薬だけ飲んでねと。
 そんなにヤバイ薬なんですか?と思ったけど、何も言わなかった。
 運動を少しするようになったのですが、まだ始めて3日です。
 ちょっと筋肉痛になってまして、いつまで続けられるかは
 分かりませんと正直に白状しました。
 とりあえず、筋肉痛になるくらいの運動はやっているんだね
 と言ってくれました。
 採血してってね。と先生。
 その後、別室で採血する時に、髪伸びたねぇ〜と先生の奥様と話した。
 美容室に電話するのが怖くて、行けないだけなんですと僕。
 飛び込みでやってくれる美容室もあるよ。と言われました。
 そんな物があるのか! ちょっと驚き。
 帰宅して、両親に薬が増えたことを話した。
 体調悪いの?と聞いてきたので、ちょっと死にたくなっちゃってと言う。
 衝動的に自殺してしまいそうだったとは言えない。
 体調が悪い時に言ってくれたら良いのにと言われたが、
 できる限り放置してくれた方が救われる。
 本当は薬が増えたことも言いたくないし、
 病状はどうだとも聞いてほしくないし、
 労いの言葉もかけてほしくない。
 本当に何も言ってこないのが一番救われる。
 とりあえず、追加された薬を飲んで、副作用が出ないか?
 薬の効果は出るか? を観察する事になりそうです。
  朝 セレネース3mg、アキネトン1mg、エビリファイ6mg
  夕 セレネース3mg、アキネトン1mg、エビリファイ6mg
  就寝前 リーマス200mg3錠、ジプレキサ10mg、ベゲタミンB、ハルシオン0.25mg
 衝動が来ても、起き上がらないで、ゴロゴロして忘れるようにしよう。
(死にたいのでその通りの事を先生に話をしたのは良いことです。 何でも先生にぶつけて話を聞いてもらおう。 話を聞くのも先生の仕事なんだから。 衝動が来たら眠ってしまう。 これは地味なようでとても有効な対処になると思う。 寝ている間は自殺することは出来ないわけだからね。)

・昨日病院に行き、新しい薬のエビリファイを処方された。
 今日の朝食後の薬から飲んでいるが、これと言った副作用は出ていない。
 薬の効果が出るのは、例によって2週間後だろうから、
 気長に待とうと思う。
 それまで死にたくならなければ良いのだが。

・追加で飲むようになった薬のせいなのかは分からないが、
 薬を飲みだしたタイミングで立ちくらみがするようになってしまった。
 軽い立ちくらみなので、転倒するような事にはなっていないが、
 少しずつ立ちくらみがひどくなってきているように感じる。

・今日は立ちくらみはほとんど無かった。
 薬の副作用で立ちくらみになっているのだと思っていたので、
 この展開はちょっと意外だ。
 14時になるまで体が重くて、今日はレシピ作りは無理かと思っていたが、
 始まってしまえばなんとかなるものだった。
 店をやるようになったら、仕事は毎日有るので、
 今の自分に出来るだろうかと心配になる。
 今更、自信が無いから、来年にしてくれとも言えない。
 無理してでもやるしかないだろう。
(無理して自分を誤魔化して、母に何も言わず仕事の話がどんどん進む。 これは危険な事だと思う。 無理だと自分では思っていたはず、最初は良くても継続は無理だと分かっていたはず。 何でも話をしない事が悪い方に行くと思う。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。