どうなりたいのか考えられないし、進めない

しばらく外出していません。
家族の用事を手伝って、外に行くことはありますが、自分から何かがしたくてという外出はありません。

意欲が無いのだと思う。
あれを食べに行こう。とか
あの人に会いに行こう。とかそういう事が無いのです。

こういう時期ですから、出かけない事は良いことですが、コロナが収まっても僕は外出しないのでは?と思う。
生きていて楽しい?と自分に投げかけて落ち込みますが、死ぬ勇気もない。
これからの人生を不安に感じてばかり。

不安だと言ってないで、だったら行動に出たらいいじゃないか!と思うけど、身体が重くて動けない。
何がしたいのか自分でも分からない。
漠然と不安で、日にちだけが無駄に過ぎていってしまう。

自分が人生を楽しんでるという事は想像できないのです。

7月2回目の病院にて

月の最初に病院に行くと、月末にもう一度病院に行くことがあります。
待合室で待つ間、求人を見る。

スマホを使って求人情報を見ると、画面が小さくて、複数の求人を比べる事が面倒でイライラしてしまう。
求人を見るなんて久々。
すぐに頭が回らなくなってしまったが、少し前進できた気分。

先生には今月は頭が回らず何も出来ないでひと月経ってしまった。
頓服を何度か飲むことがあった。
などと話をする。
先生は仕事はじっくり探してゆっくり進めましょうと言ってくれたが、そんなのんびりもしていられないと思ってしまう。
だったらすぐにでも仕事を始めれば良いだろうと思うが。
急ぎたい、何も出来ない。という事を毎日繰り返している。

以前の職種に未練があり、毎日出社しフルタイムで働き、帰宅してからも勉強が必要になるような求人を見てしまうが、働くのが怖いし、僕には無理じゃないか?という考えが浮かび苦しいという事までは話さなかった。

未練と現実、もう少し良く考えて行動するようにしないと、また病気が悪化して1年安静にするような事になりかねない。
社会復帰の最初の仕事をどういう物にするのか?
もう転職を何度も繰り返せないと思うし、週1〜2回のバイトから始めたほうが良いのかな?
先生はテレワークを勧めてくるが、テレワークならそこそこ難しいことでも出来ると思われているのだろうか?

求人、また見てみよう。

働く以前の就職活動すら怖くて出来ない

就職活動がストップしています。
仕事を探すだけならネットで出来るのに、それすらしない。
問題を先延ばしにしているだけなのは分かっていますが、仕事が恐ろしい、人が恐ろしい、病気が悪化するという失敗した時の事をやる前から怖がっている。

新しい事に踏み出す時、不安を感じない人なんていないのだろうけど、僕は自分に自信が無い。
何をやっても人より劣っていると思うし、得意な分野ですら見せかけの能力のように感じている。

家族の為にお金を稼ぎ、恩返しがしたい。
どんな仕事にしても一生懸命働いていたら、家族は安心してくれるはず。
だったら、とても簡単な仕事をするだけでも良いだろうとは思うが、簡単な仕事も恐ろしい。
週1出勤だとしても、きっと自分は負担を感じ、勝手に自滅するのだと思う。

このままで良いはずない。
それは分かっています。
でも変化する事が怖い。

また入院するような事になったらどうしよう。
今それを考えても仕方ないのに。

6月の病院にて

病院に行ってきました。
就職活動をすると体調が悪くなると伝えました。
ハローワークに行こう、求人を見よう、とすると恐怖心が出てきてしまって、身体が重くなり、死にたくなります。
と書くと仕事したくないだけじゃないかと思われるかもしれないけど、仕事したくないならハローワークに行かないだろうし、やらないととは思ってる。

なんで恐怖心が出てくるのだろう。
病気が悪化するかもしれないから?
そんな事を言っていたら、一生仕事なんて出来ないよね。
どこかで無理をする必要が出てくるのは分かってる。
もうこれ以上体調は良くならないというのも分かってる。
だったらこの状態で仕事をしていくしかない。

せめて恐怖心だけでも消えてくれたら・・・
やってみようではなく、簡単過ぎるかもというくらいの仕事から始めてみようかな。
それでも無理だったらどうしよう・・・
否、出来なかったら?って言う事をやる前から考えるのはダメだよね。

薬に変更は無し。
頓服が無くなりそうなので、貰ってきました。

恐怖のハローワーク

ハローワークに行ってきました。
行かなくても同じ情報をネットで見れてしまうので、行く時はこの会社を受けてみたいと手続きをする時。
受けたい会社と連絡を取る前に、ハローワークに僕の情報を登録しないといけないようで、僕の望む仕事の条件を書き込んでいくのですが、僕が仕事を選べる程の使える人間なのだろうか?と考えてしまい、気持ちが落ち込んでしまいました。

担当のお爺ちゃんが優しい人で、親身になってくれて良かった。
大昔に行った時は、事務的で冷たい人だったのを覚えています。
そういう事もあったからハローワークには良い印象が無かったのかも。

今日もう一度ハローワークに行き、アピールポイントなど無い僕の履歴書と職務経歴書のチェックをしてもらいます。
何と言われるか考えてもしょうがない。
より良くするために見てもらうのだから、落ち込むのは違うと分かっているのですが、、、
どうしてこう自分に自信が無いのかなと思います。
少しくらい俺様なら何だって出来るに決まっているだろう くらいでも良いのかもしれないけど、子供の頃から劣等感しかなかったからね。
ビクビクして怖がるのは一生治らないような気もします。

しっかり働いて迷惑をかけてきた人達に恩返しがしたい。
そのためには怖くても進まないとね。