道草小噺 himawariちゃんねる

先日、姪っ子が家にやって来まして、両親は1階で陸上を見はじめた。
子供には何の面白みも無い番組ですよね。
音楽がかかるわけでも、笑いをとりにくるわけでも、字幕すら表示されないし、しってる人も出てこないとあっちゃぁ、飽きちゃうよね。

姪っ子が2階に逃げてきたので、ブログ更新の書き込み中でしたが作業を中断して、姪っ子とiMacの大画面でユーチューブを見ることにしました。
何か見たいものはあるか聞いてみたら、「ひまわりちゃんねるが見たい」とのこと。
何そのチャンネルと思うわけです。

とりあえずユーチューブを開いてひまわりちゃんねると検索すると、himawariちゃんねるという物が確かにある。
動画も沢山有って、どれを見たいか?とマウスを持たせたのですが、スマホのタップは出来ても、マウスは(超光速だし)使い方が分からないというので教えつつ、ダブルクリックはできるように。
もう見たいチャンネルは決まっているようで、どうやらいつも繰り返し見ている動画らしい。
同じチャンネルを見て何が楽しいのか分からないけど、子供には楽しいのでしょう。

姪っ子が開いた動画は、ムチムチのお父さんと小学生と幼稚園生の姉妹の3人が登場し、お母さんがカメラを回す形で進行。
お父さんがサモ・ハン・キンポーにしか見えないんだけど、優しそうではある。
子どもたちは自由奔放なので、お父さんが笑いを取りながら進行役を務めるんだけど、すご~く子供向けになっているので、僕は撃沈。
こういう幼児対象のYouTubeチャンネルがある事を初めて知ったし、需要もあるんだろうね。

今回の動画は、巨大なガチャガチャのカプセル(ソフトボールサイズくらいある)の中に小さな人形と洋服やアクセサリーが入っている物を大量に購入し、レアが出るか?という動画。
そこは実験物で有名なYouTuberのノリなんだよね。

何度も見ているからか、ユーチューブを見ている時はいつもそうなのか、よく喋る姪っ子が全く喋らない、笑わない。
眠くなっちゃった?と聞いても目はしっかり開いて首を横に振る。
数十分の動画を3つ見せたけど、ずっとこの感じ。
何も考えてない、何も感じていない様子で、ちょっと怖くなった。

幼少期にユーチューブを毎日数時間見せていると、その時は子育てが楽だけど、後々発育が遅くなったり、感情表現が乏しい子になると読んだことがあるけど、たしかにこの状態を続けているのは良くないと判断。
仕事があるからと説明して動画鑑賞は終了。
サニブラウンが走る1階へ戻して一人遊びさせることにしました。

1時間のユーチューブでもあの様子。
いつも明るく喋りもしっかりしてきた姪っ子が無表情で固まっている姿は、恐ろしくなった。

himawariちゃんねるの方は手作り感いっぱいで、仲の良い家族の家に遊びに行ったような雰囲気。
家族総出での寸劇、ジョンという宇宙人の不気味さ、一度見てみると面白いかもしれません。
あぁいう需要と供給がある事を知ったことが一番の収穫でした。
衝撃だったねジョン。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。