僕とうつ&統失 闘病記 2018.06 金銭面が限界、幻視幻聴再発、それでも頑張る

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・先月5月31日に実家から近いに病院(一人暮らしのアパートからは30分くらいの距離)に通う事に変えた。
 薬の名前が変わるが、製薬会社の違いなのか?ジェネリックなのか?
 同じ処方のようである。
 量が若干少なくなったらしので、体は日に日に軽くなって来ている。
 これまで身体が動かなかったりしたのは、薬の副作用だったのだろうか?
 また、食欲が全く無かったものが、水分がなくても米が飲み込めるようになるまで回復している。
 この調子で6月の病院に行けると良いのだが。
 血液検査とCTの結果はどうなっているのか?気になるが、
 とにかく、しっかり食べ、しっかり眠る生活を心がけたい。
(この病院に行くようなった事で、体調面は良くなるが、一人暮らしの環境面はかなり厳しい状態になっていくよね。 新しい風を入れる事でどこまで頑張れるか。)

・食欲が戻ってきているし、水が無くても飲み込めるようになった。
 ただ、プリン4個を一気食いしたり、焼売を一気食いしたりと
 かなり偏った食生活をしている。
(物が飲み込めない程追い込まれていた事は記憶にない。
 記憶がおかしくなってくるって事はやはり病気が再発しているのだと思う。)

・新病院から処方された薬は、同じものだと聞いているが、
 薬の量が減っているらしく、体調が良い。
 具体的には、身体が軽い。
 朝は相変わらず起きるまでに時間がかかるが、それでも動けているのだから、良い方だろう。
 来週の病院で、採血とCTの結果がわかると思うが、何を言われるのだろうか?
 金銭的な面でかなり追い込まれているが、どうしたものか?

・食欲が戻ってきた。
 身体も結構動かせるようになった。
 薬の量でこれほど差が出るとは思わなかったので、嬉しい。

・若干身体が重い。
 洗濯物もやっと取り込みはしたが、奥の寝室にハンガーごと置かれているだけ。
 考えなといけない事が多すぎる。
 時間がいくらあっても足りない。
 食事は米と味噌汁だったり、豆腐だったり、50円のマグロの特売など、
 調理が必要ない物だけでやりくりしている。
(金銭面で追い込まれ、色々と節約するのだが焼け石に水だった。
 そこまでして一人暮らしを続ける理由は無かったように思う。)

・1日パソコンをいじっていて楽しんで気分転換している。
 起きるのが遅くなってしまいましたが、元気な方だと思う。
 薬はきちんと飲む時間や寝る前など守っている。
 間も無く病院に行くので、やや緊張気味である。

・安定して仕事をする事ができた。
 早めに仕事を終えられた事もあり、帰宅してゆっくり過ごす。
 薬の副作用という物はあまり感じない。
 ただ、何かの気配のような物を感じていて、
 虫が見えた時と同じような感覚がある。
(幻視が出ているのだから、かなり悪い状態。 それを気にしないようにして誤魔化しているけど、早く一人暮らしは止めるべき。 体調を悪化させるだけです。 無理を続けても良いことは無い。)

・とても落ち着いている。
 新病院の下館病院に行ってから、体調が安定している。
 タイミングがたまたま合っているだけかもしれないが、薬の副作用も感じないし、とても良い状態が続く。
 間も無く新病院2回目。
 血液検査の結果とCTの結果がわかるので、薬が変わると良いのだが。

・病院に行ってきた。
 前回は初診で採血やCTを行ったが、今回はその結果が聞ける。
 が、答えはあっけないものだった。
 どこも悪く無いという事だった。
 薬は変わらずで、
  朝食後 タイヨー2mg、アメル2mg
  夕食後 タイヨー2mg、アメル2mg、フジナガ200mg4錠
  就寝前 ニプロ10mg
 幻覚幻聴がひどくなっている事を話すのを忘れた。

・ダブルワークをしないと、生活が出来なくなっている。
 母に5万円を借りて、先月を何とか乗り越えた。
 年金が出たので、明日お金を返しに実家に行く。
 両親はそこまでして一人暮らしをする必要はないと言う。
 僕も帰りたいと思ったりもしたのだが、
 本当に限界まで節約したか?
 自炊をして節約したか?
 コンビニに寄って高い商品を買ってないか?
 そう言われるとやっていないと言うしかない。
 ダブルワークしようと思う。
 距離は遠いが、月に4万円くらいは稼げるらしい。
 続けられれば良い事づくめだが、体調と距離が心配である。
 しかしやるだけやってみる。
 実家へはいつでも帰れるのだから、限界までやってみるべきだと思う。
(ここでダブルワークをやらずに、実家に帰っていれば今頃はもう回復していたのかもしれない。 ここで無理をした事で年単位で後退する事になる。 周りに何を言われようと、もう全てを辞めて休むと言えなかった自分が弱いのである。)

・気合いが入っていて、良い緊張感がある。
 何だか非常にバタバタしたような気がする
 自炊を徹底しようと思う。
 コンビニには公共料金の支払いだけ寄るようにする。
 昼食の菓子パン、コーヒーも買わないようにするつもりだ。
 とにかく10月の車検を乗り越えないといけないので、
 節約を徹底する。と決めた。

・身体が重い。頭が回らない。
 今日は仕事関係、友人関係の人たちで夕食会が開かれるそうだ。
 お誘いを受けたのだが、少しでも早く帰宅して、身体を休めたいので、お断りをした。
 自分の身を守る為、仕方のない事だろう。

・若干体が重いが、これくらいは許容範囲だろう。
 朝は相変わらず起き上がることが困難だが、起きてしまえば身支度をしないといけない、
 仕事に行かねばならないと、問題は無く動くことができる。
 幻聴らしき小さな虫が視界を飛び回っているが、どうも死体に群がるハエのような感じがする。
 そう考えてしまう辺りが妄想系のうつ病とか言われた所以だと思う。
(もう危ないよね。 入院しないといけないレベルまで来ていると思うけど、まだまだ無理をするんだよね。 痛々しいし、思い出しても辛いものがあります。)

・非常に落ち着いている。
 だが、朝は眠く体も重くて、30分の遅刻をした。
 繰り返すわけにはいかないので、気をつけて規則正しい生活をしようと思う。

・落ち着いているが、朝起き上がることができない。
 毎日5分、10分遅刻しているので、これはまずい。
 しっかりしないといけない。

・今朝も起き上がれず。
 ギリギリ、10時ちょっと過ぎに到着できたが、いつ大遅刻するか分からない。
 就寝前に飲む薬が強いのか? 体調が悪いのか?
 早寝早起きを心がけたいが、仕事やらやりたい事が山ほどあって、
 時間配分が全く出来ていない。
 追い込まれないと仕事をしない癖を、何とか正さないといけないだろう。

・休日ということもあり、非常にマイペースののんびりと過ごさせてもらった。
 とは言ってもほとんど在宅勤務に近いのだが。
 死にたいとは全く思わない日々が続いている。
 幻聴はなんと無く聞こえるのだが、あまり気にしないようにしている。

僕とうつ&統失 闘病記 2015.08 出勤出来ない日が増える、姉が本音を吐露

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・頭が少しフラフラするが、やらいでかのHPの編集が出来たので、
 まずまず回っていたのだろう。
 死んでしまおうとは思う事があるので、まだまだ油断は禁物だろう。
(ちゃんとやれているのに、死にたくなってしまう。
 病気の怖い所だよね。 現在でも今死のうって考える事があります。
 これは一生消えない考えなのかもしれないから、楽しい事をするようにして、楽しみながらマイペースに生活できると良いね。)

・薬を飲むようになってから、日に日に体が軽くなってきている。
 やはり薬の効果が出ているのだろうか?
 それとも良くなる波と同時に薬を飲んだだけなのか?
 統合失調症は治らない病気。
 一生薬が必要なのか・・・と考えると落ち込む。
(統合失調症も治せる日が来ることを願います。
 あとは偏見も無くなると良いな。)

・午後まで眠ってしまったが、身体は比較的軽く、
 もう少しで働けるくらいの感覚がある。
 今週末は姉を休ませる為に、僕が出る事になった。
 まだ土曜日は先なので、その日に向けて体調を良くするようにしたい。

・やや体が重く、洗濯をする事しか出来なかった。
 本当ならば、愛犬をシャンプーして、
 弟の親友へ渡す資料を作らないといけなかったのだが、それも出来ず。
 少しだけ死んでしまおうかと思った
(何か出来なかったら罰として死ぬことを考えるよね。
 死んでも何も取り返せないし、罪滅ぼしにもならないから死ぬだけ無駄になるよ。 もっと自分勝手くらいに人生楽しんだ方がいいよ。)

・眠気がすごく、移動中の車内でも帰宅してからもずっと眠ってしまう。
 夜の睡眠をしっかりとれば昼間眠くなくなるのかもしれないが、
 昼夜逆転の生活になってしまっているので、
 なかなか夜集中して眠る事が難しい。
(昼夜逆転の生活を直すのは難しいことだけど、何時になったら眠ると決めること。それを守ることしか直す方法は無いんじゃないかな。
本気で直そうと思っていないんだと思う。)

・体が重く、仕事に行く事が出来なかった。
 日曜に活動的になると、その反動が来るような気がする。
 一日のほとんどを横になって過ごしてしまい、また自己嫌悪に陥る。

・昨日、外出した事が原因なのか、体調があまり良くなかった。
 外出した翌日は、体調が悪くなる事が多いので、
 分かっていた事ではある。
 9時に家を出て仕込みをする予定を母と立てていたのに、
 9時に出かける事ができない。
 家を出たのは9時45分になってしまい、母と姉に迷惑をかけてしまった。

・一日中眠って過ごす。
 身体が重く、起きている事ができない。

・早朝から仕込みをして、疲れている所に姉から電話があって、
 姪の体調が悪いから、昼間の営業に出てほしいと言われる。
 疲れ切っていたので、無理だと断る。
 すぐに母から3回電話がかかって来たが、どれも出る事ができなかった。
 午後になって姉から、助けてよとメールが来た。
 母の電話を無視するなという言い分だったが、
 本音は無視などどうでも良く、とにかく店に出て来いという事なのだ。
 手伝える時は手伝うが、無理な物は無理なので、自分は間違っていないと思う。
(姉にも姪っ子にも申し訳ないが、どういう理由だろうと動けるならば出勤しています。 助けたい気持ちが無いわけじゃない事は分かってくれているとは思うが、キツめの言葉を言われ、普段からそう思っているんだろうなというのが見えてしまった。 自分抜きで回してほしい、自分はもう休みたい。)

・昨日めいいっぱい働いたから、その反動が来るかと思ったが、
 特に落ち込む事も無く過ごす事ができた。
 ただ、睡眠不足だったので、一日中眠く、起きているのがしんどかった。

・8月の病院に行ってきた。
 今回はカウンセリングについて先生がどう思っているのか?を聞いてみた。
 以前聞いたときは、カウンセリングに否定的な意見を言っていたが、今回も同じような事を言われるのだろうか?
 先「こんにちはぁ~ どぉ~でしょぉ~かぁ?」
 M「あんまり良くないです。 結構死にたくなってしまいます。」
 先「う~ん、どうしてでしょう?」
 M「仕事に出れない日は、自分を責めてしまします。 家族に迷惑がかかるので、追い込まれてしまって、死ぬしかないと考えるようになります。」
 先「幻覚、幻視、幻聴はどうかな?」
 M「幻覚はほぼ無いです。 幻聴が少しだけ聞こえます。
   家の庭、敷地に人が踏み込んでくる足音が聞こえます。
   仕事をしている時は仕事に集中しているからでしょうか?
   仕事の時に聞こえた事はありません。
   自室にいると聞こえるのです。
   家だけで聞こえる事はどういう意味があるのでしょうか?」
 先「幻覚、幻聴が現れる原因は分かっていないから、何とも言えないなぁ 虫がはっているのはどう?」
 M「ほぼ見えないですが、壁、周りがザワザワしているような感覚はあります。」
 先「セレネースを5㎎増やしてみよう。
   2週間くらいで効果が出てくるから、楽になれるはずだよ」
 M「あと、カウンセリングと言う物は、どんな感じなのでしょうか?
   受けてみた方が良いと思いますか?
   先生は以前、一通り話をしてしまったら、
   次からは話す事が無くなって、進展が無くなるよ
   とおっしゃっていましたが。」
 先「話をしたら、気持ちは晴れると思う。
   話はいくらでも聞いてくれるから。
   でも思考がまとまってない状態の人が話をしても、
   話が違っていて、適切なアドバイスは受けられないと思う。」
 M「なるほど・・・・」
 先「じゃぁ、今日は採血してってね。 お大事に!!」
 M「ありがとうございました。」
 と言った感じです。
 カウンセリングについて踏み込んで質問できなかったのは、頭が回ってないからかな・・・
 あと、うつ病の薬は体調が良くなってきたら減らしていってもらいたいけど、統合失調症の薬は、おそらく一生飲まないといけないかも と思っています。
 統失は治らないとされているからです。
 幻聴、幻覚がまたひどくなるのは辛いので、それだけでも抑えてくれる薬があるのなら、それは飲んでおきたいのです。
 今回の薬
 朝食後 セレネース1.5mg、サインバルタ20㎎、アキネトン1㎎
 夕食後 セレネース1.5mg、サインバルタ20㎎、アキネトン1㎎、ジプレキサ10㎎
 となりました。
 セレネースが1mg1から、1.5mgに増量した。
 これで幻聴が消える?と良いのだが・・・・
(先生はカウンセリングに反対だけど、僕は効果はあると思っています。
 実際にこの後カウンセリングに行って、体調が良くなった事もあります。
 興味があるなら飛び込んでみるべきだし、治そうと思っての行動なので
 やるべきだと思う。)

・問題なく早朝出勤する事が出来た。
 仕込みで疲れてしまって、ランチの営業もやる事になると
 大変だなと思っていたら、母が帰っていいと言ってくれた。
 疲れれているような顔をしていただろうか?

・連日の早朝出勤で、疲れてしまっている。
 仕込みが終わって帰宅して、すぐにダウンして眠るのだが、
 疲れが取れる事は無い。
(疲れが溜まっているよね。 無理をして出ているような状態なので、どんどん悪化するような気がします。 自分が出られない場合でも店が回るようにやり方を話し合う必要があると思う。 いざ出れないとなってからバタバタしているような気がするから。 リタイアするなら早い方が良い。)

・早朝の仕込みに行けないとトモ子に伝える。
 一日中自己嫌悪に陥り、自分を責め続ける。
 身体が動かないので、一日中眠って過ごした。
 食事をとってはすぐに眠る事を繰り返し、何もしない一日。
 最低だと思う

・比較的体調が良くなり、午後からパソコンで作業をするまでになった。
 しかし風呂に入ってないし、愛犬の散歩もなかなか行けずで、
 まだまだ本調子ではない。
 明日は新商品の試食があり、明後日からは提供開始とあって、
 いよいよ日中仕事に出ないといけなくなってきそうだ。
 こちらの体調の良し悪しに関係なく、ドンドン話が進む事が怖い。
 僕が出勤できないとお店が回らないのだが、僕抜きで回すような体制を
 作ってもらい、僕は体調が良い時だけ出勤するような形を望むのだが。

・朝から仕事に行くつもりだったが、仕込みの時間になっても動けず、
 営業時間になっても動けなかった。
 久しぶりに体調が悪く、起き上がって1階に行くだけで
 2時間以上時間がかかってしまった。
 今日は試食と写真撮影があったので、昼飯を食べに行くつもりで出勤し、 お昼を食べてから、30分眠り、それから仕込みをして帰って来た。
 帰宅は9時過ぎになってしまって、結構疲れた。
 明日は家を出るのが8時半という話なので、
 早めに起きて動けるか確認したい。
(だいぶ疲れているよね。 いつまでという期限は無いから、今後ずっとこの生活を続けていく事が果たして出来るのか? よく考えて、進退を考えるべきだと思う。)

僕とうつ&統失 闘病記 2013.12 活動できたひと月、でも葛藤

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・昨日から薬を飲み始めたのだが、副作用が出てきている。
 腕がワナワナして痒いようなくすぐったいような感じがして、
 何をしてもこれが治まらない。
 どの薬が原因でそうなっているのかが分からないので、
 先生にこの薬をやめてくれと言えない。
(この副作用が一番辛い。ぶっちぎりで一番に辛い。 気が狂いそうになる。 病院が近くて混まないのならばすぐに病院に行って薬を変えてもらうことが出来るのだけど、それは無理だからね。 どの薬でこの症状が出るのかだけでも把握しておくといいよね。 今は薬を限界まで少なくしているから、この副作用が出ることもないけど、出たらすぐに病院に行くつもりだよ。 病院にすぐ行けるというのは大切なポイントだと思う。)

・今日は幻覚幻聴ともに現れず、快適だった。
 朝目が覚めてから、トシ・ヨロイヅカの予約電話の事で
 頭がいっぱいだったので、悪い事を考えるスキが無かったのだろう。
 電話をかけるのは少し体が重かったし、予約が出来た後に
 お金を入金するときも夢中だったので外出する事が出来た。
 今日うごく事ができたので、明日反動が来るかもしれない。
 でも今日色々とやる事をやったうえでの寝込みなので、
 明日動けなくても良しとしようと思う。
(電話とお金の振込を一日で行わないといけないからかなりの負担だよね。 書いてあるようにやることをやっての寝込みだったらアリだと思う。 自分を褒めてあげてください。)

・一日中寝て過ごしてしまった。
 ネットサーフィンをしたりするも、どれも集中力が続かず
 15分も続けられない。
 途中からは、今日は何も出来ないと諦めて、眠気に任せて眠る事にした。
(早々に何も出来ないと諦めて眠ってしまえばもっと良かったね。 集中できないと分かったら、頑張るのではなく、休むこと。)

・PCのリカバリ作業を続けているが、集中力が続かなくて
 作業がなかなか進まない。
 でも一日中パソコンをいじっていても、まったく苦にならない。
 午前中は体が重いが、夕方になると体が軽くなり、
 パソコンの作業もはかどる。

・薬の残量が残り5日分になった。
 明日は祝日なので、病院は休みだろう。
 明後日の火曜日にでも病院に行ってこようと思う。
 PCが壊れてしまったので、3時間の待ち時間をどう過ごすか?
 待合室で3時間座っているだけというのは、かなり疲れる。
 読書をする気にはならないし、近くのイオンまで行こうとは思わない。
(あの待ち時間の長さは本当に苦痛だよね。 椅子に背もたれも無いし、一人ひとりの診察も長い。20人待ちとか当たり前だし、毎回3時間待合室にいるのは辛い。 その後車で1時間かけて帰るのだから厳しいよね。 病院に行きたくないのも理解はできる。 だから近くの病院に変えることももっと早くに考えるようにしたほうが良かったと思う。)

・朝起きるのは遅くなってしまったが、今日はヤマダ電機に
 行くという楽しい目的があったので体が軽い。
 今日出かけた場所は、
 ヤマダ電機、ユニクロ、TSUTAYA、セブンイレブン、ドコモセンターと
 今までだったらまず無理な計画。
 これを周れたのだから、少し自身がついた。
(年1回くらいこういう日があるよね。 翌日ダウンしちゃうんだけど、平均してこの用件の半分を2日に分けて行うようにして翌日寝込まないようにするなど工夫ができるといいのだけど。 動けるからガンガン活動する、は間違いです。 そこそこ動ける日を増やすことが大切。)

・今日は、病院に行く事ができた。
 それも薬が切れる前に行けた。
 今回は年末年始に病院が終わってしまい、薬を切らしてしまうと、
 1月3日のトシ・ヨロイヅカの行く日に体調が悪かったら・・
 と思うからだろう。
 今回もスイーツを買って帰るというのが餌で、それに釣られた形だ。
 だが理由は何だっていいのだ。

・今日から新しい薬になったが、効果や副作用が出るのは
 まだ先の事だろう。
 副作用が出ない事を望む。

・体が若干重い。
 今日一日、何をするでもなく、終わってしまった。
 闘病生活の10年間も何も成し遂げてない。
 一生こんな感じで、何もなく終わってしまうのだろうか?
(もう発病して10年か・・・ 2019年の現在は16年闘病している事になる。 闘病というよりはもう人生の一部になっているという考えになっています。 治す事を諦めてはいないけれども、苦痛を味わいながら戦うというより、受け入れて穏やかに過ごすことにシフトしました。 そうすると随分と楽になれます。 この考えに早くからなれれば、もっと楽できたのだけどね。 色々な事を経験してこの境地に達したので、いきなりは難しいのだろうけど。)



今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.11 薬無し3週間&過食で闘病する気があるのか 

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・朝まで眠れ無かった代わりに日中倒れるように横になる。
 深夜2時を過ぎても眠くない夜は、
 素直に睡眠薬を飲むほうが良いのかもしれない。
(もうさぁ、深夜2時を待たずに23時とか24時になる前に睡眠薬飲んで、布団に入って眠くなるのを待つべきだと思うんだ。 飲んで直ぐに眠れるわけでもないしね。 もっと生活を正す心構えが必要だと思うよ。 何の為に睡眠薬だしてもらっているか分からないじゃん。 早寝早起きが基本だよ。 寝るのが遅いから翌日の昼間も眠いって事だってありそうじゃん。 薬をしっかり管理して有効に使うようにしないと、渋々病院に行ってくる意味も無いしね。 もっとしっかりしなよ。)

・弟にお供えするケーキを買いに、市内のケーキ屋に行ってきた。
 ついでにスーパーに行き、
 カップラーメン、カステラ、プリン、カマンベールチーズを購入。
 今度こそ一気食いしないようにしたい。
 食べ物を買いに行くという目的があると、外に出られるような気がする。
(この日は弟の命日だから行動することが出来たね。 余計なものを買い込んでしまっているのは褒められないけど、外に出ないよりはいいか。 でも毎日少しずつ食べるようにしないといけないけど、どうせ過食するんだろうな。)

・少し死にたくなってしまう。
 薬はきちんと飲んでいるので、死にたい気持ちは
 抑えきれないという事だろう。
 あるいは、別の薬にしてもらわないといけないのか。
(死にたい気持ちはゼロにはならない、薬をきちんと飲んでいても体調が一定という事にはならない。 期待は苦しむだけ。 死にたくなっても、生きているのは何故? 何か少しだけなら楽しめることや心が落ち着く事があるんじゃないか? そういう事だけ考えたりやっていれば良いんだよ。 高望みはしない、現状から考えて出来ることだけを考えてその中で生きていくしかない。 そこで選択肢の少なさに落ち込まずに、自分なりの幸せの形を見つけることです。 幸せはなるものじゃなく、感じるものです。)

・今日の分の薬が無い。
 体は比較的軽くて、お昼とおやつを買いにセブンイレブンまで行く。
 大量にスイーツを購入し、半分は一気食いしてしまった。
 体重はまだ増え続けていて、過食をやめたいがそれが出来ない。
(セブンイレブンに行くことが出来たなら、その勢いで病院に行けばいいのに。 病院に行ったご褒美にセブンイレブンに寄るようにすれば良いんじゃないかな。 先にご褒美が手に入ってしまったら辛い病院には行かないよね。)

・薬が切れて3週間近くが経った。
 薬を飲んでないと旧あぜ道でポロリとこぼした事で、
 病院行けと常連さんに言われ、力をもらって病院に行く。
 薬が切れていることを楽しんでるようようなニュアンスで
 お知らせしてしまったが、病院に行くのは身体の負担が大きい。
 遠い事、混む事、先生との対峙。
 どれもヘビーである。
 体調を見ていたつもりが、気付けば3週間。
 体調は万全ではないが、行かねばなるまい。
 心配してくれる人達に失礼だから。
 今回の病院、何を先生に話そうかと考えたのだが・・・
 何も浮かばない。
 ノープランである。
 僕にはもう薬が必要ではないのでは?というやりとりは
 さんざんやったし、なんと返ってくるのかも分かっている。
 今回は薬だけもらって帰ってこよう・・・ そんな感じだった。
 先生に「どうですか?」と聞かれ、
 「朝起きられないです。 夕方頃になってやっと動けるようになり、
 犬の散歩に行き、ご飯を食べ、寝る。
 朝は動けと強く思っても、身体が言う事を聞きません。」と伝える。
 ここで先生が意外な行動にでる。
 薬を熟考しだしたのだ。
 こんな事は今まで一度も無かった。
 薬の知識は半端ではなく、定番から最新の薬まで、
 あらゆる組み合わせを瞬時に考え、最適な組み合わせを
 導き出してくれる先生が、今月は悩んでいる。
 ぶつぶつ独り言を言い、1分くらい考えていただろうか。
 動けるようになっても、手が震えるのはやだよね?
 壁を虫が這っているのは、最近見る?
 などと質問をいくつか繰り返し、決めたようだ。
 髪切って、さっぱりした方が良いよ。 と最後に一言。
 美容院に行くのが怖くて行けないんだってば。
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:エビリファイ6mg1錠、ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠
 診察後に採血し、肝臓と脂肪?と、リーマスの効き具合をみるそうだ。
 とても疲れた。
 お正月は病院休みなので、12月中に遅れないで病院に行く必要あり。
 行けっかなぁ〜
 とか言ってちゃだめだよね。 行きます。
 またひと月頑張ろう。
(あの先生が処方に悩む理由は分からないけど、どうしたらいいのか分からなくなってしまったのかもしれない。 でも助けてやろうとするから悩むわけで良く考えてくれてると思うよ。 その薬を大切に飲んで、切らさない事。 多くの人が自分の事を考えてくれている事を忘れてはいけないよ。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.09 色々頭の中がオカシイようです

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・病院に行ってきた。
 いつものように先生が調子はどうですか?と聞いてきたので、
 体が重くて動けないと答える。
 虫が見えたのはどうなりましたか?と聞かれたので、
 虫がいる感覚はあるが、その方向を見ても何も見えないです。
 虫が見えるのと見えないのでは、症状の重さは違うのですか?
 見えてないから症状が軽いとかはありませんか?
 見える見えないというよりも、そういう状態はストレスじゃないですか?
 まぁ、そうですね。
 薬を変えてみましょう。
 といった感じだ。
 新しい薬は
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠、ハルシオン0.25mg1錠、ベゲタミンB1錠
(きっと見えてしまうより、存在は感じるという方が症状としては軽いはずだけど、どちらも統合失調症の症状に変わりはないということなのでしょう。 どちらにしても心は休まらないし、ストレス。 見えないだけ楽だけどね。 統合失調症だという事に落ち込まないで、薬を利用して上手に生活していくように出来ると良いね。 今現在はほぼ幻視もなにかいる感覚も無くなっているから、良くなって安定しています。 大丈夫。)

・昨日から薬が変わったのだが、副作用が少し出ている。
 眠かったり太ったりする副作用ならば問題無いのだが、
 また腕がムズムズする副作用が出てしまっているのだ。
 まだ少しだけなのでなんとかなっているが、薬を飲み続けると
 この副作用はもっとひどいものになるだろう。
(薬の副作用で一番つらいのがコレ。 記憶がなくなるとか、太るとかそんな物はこれに比べたら何でもないと言ってもいい。 腕の中を虫があるき回るようなムズムズ感。かこうが叩こうが収まってくれず眠れなくなる。 どうすることもできず収まってくれないから発狂しそうになる。 この処方は最悪である。)

・薬の副作用だと思うのだが、腕がムズムズして気持ちが悪い。
 痒くてかくのだが、体の表面が痒いわけではなく、
 骨のあたりまで痒くて、どうする事もできない。

・薬の副作用だと思うのだが、頭が回らない。
 母とレシピ作りをやっている時も、次に何をやったら良いのか
 分からなくなってしまうし、分かったとしても、
 間違ってしまったりしている。
 自室にいる時は、人にペースを合わせる必要が無いので、
 おかしいとは気付かないのだが、
 母といると頭が回っていない事が良く分かる。
 先生は、自殺されるよりも、モウロウとして横になっている方が
 安心だという考えているはず。
(当然先生は死なれるよりもモウロウとする方を選びます。 頭が回らなくてもいいじゃない? コンピューターのような頭脳が必要という生活はしていないでしょう? 気持ちをゆったり持って、家族には頭が回らない事を伝えればそれでOKなんじゃないだろうか。 レシピ作りが難しかったら休ませてもらうことも考えよう。 体調最優先。 母に気を使って無理する必要はない。)

・弟の死後、弟の写真を集めて、スキャナーで取り込むという作業を
 していたのだが、顔を見るのが辛く、今日まで行う事ができなかった。
 もうすぐ死後3年、その間取り込み作業を放棄していた事になる。
 写真はテーブルの上に置いたままで、視界に常に写真が入っているのに、
 3年もやらないのだから、本当にモノグサだ。
 半分は、辛くなるからやらなかった。
 半分は、怠けていただけだ。
 取り込んだ写真はすぐにバックアップして万全の体制にし、
 取り込みが終わった写真を1階に持って行った。
 母は泣いていたし、父も少し涙声になっていた。
(自殺をするということはこういう事。 3年も手を伸ばせば届く場所に写真があるのに、触ることも出来ない。 泣きながら取り込み作業をする事になるし、3年経っても家族は泣いている。 死んだ本人は楽になれたのかもしれないが、残される人の事を考えたら死んではいけないことは分かるよね? 何もできなくたって、復帰にどれだけ時間がかかろうとも生きていてくれればそれで良いんじゃないかな。 自殺は駄目だよ。)

(今月も書き込みが少なく、元気にしているひと月だったのかも。
 副作用は出ているけど、死にたくて苦しんでいるというような記述はなかった。 少し眠っているかもしれないけど、それは責めるべきじゃないし、まずまずのひと月だったようです。 幻視が消えると良いのだけどね。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。