僕とうつ&統失 闘病記 2013.12 活動できたひと月、でも葛藤

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・昨日から薬を飲み始めたのだが、副作用が出てきている。
 腕がワナワナして痒いようなくすぐったいような感じがして、
 何をしてもこれが治まらない。
 どの薬が原因でそうなっているのかが分からないので、
 先生にこの薬をやめてくれと言えない。
(この副作用が一番辛い。ぶっちぎりで一番に辛い。 気が狂いそうになる。 病院が近くて混まないのならばすぐに病院に行って薬を変えてもらうことが出来るのだけど、それは無理だからね。 どの薬でこの症状が出るのかだけでも把握しておくといいよね。 今は薬を限界まで少なくしているから、この副作用が出ることもないけど、出たらすぐに病院に行くつもりだよ。 病院にすぐ行けるというのは大切なポイントだと思う。)

・今日は幻覚幻聴ともに現れず、快適だった。
 朝目が覚めてから、トシ・ヨロイヅカの予約電話の事で
 頭がいっぱいだったので、悪い事を考えるスキが無かったのだろう。
 電話をかけるのは少し体が重かったし、予約が出来た後に
 お金を入金するときも夢中だったので外出する事が出来た。
 今日うごく事ができたので、明日反動が来るかもしれない。
 でも今日色々とやる事をやったうえでの寝込みなので、
 明日動けなくても良しとしようと思う。
(電話とお金の振込を一日で行わないといけないからかなりの負担だよね。 書いてあるようにやることをやっての寝込みだったらアリだと思う。 自分を褒めてあげてください。)

・一日中寝て過ごしてしまった。
 ネットサーフィンをしたりするも、どれも集中力が続かず
 15分も続けられない。
 途中からは、今日は何も出来ないと諦めて、眠気に任せて眠る事にした。
(早々に何も出来ないと諦めて眠ってしまえばもっと良かったね。 集中できないと分かったら、頑張るのではなく、休むこと。)

・PCのリカバリ作業を続けているが、集中力が続かなくて
 作業がなかなか進まない。
 でも一日中パソコンをいじっていても、まったく苦にならない。
 午前中は体が重いが、夕方になると体が軽くなり、
 パソコンの作業もはかどる。

・薬の残量が残り5日分になった。
 明日は祝日なので、病院は休みだろう。
 明後日の火曜日にでも病院に行ってこようと思う。
 PCが壊れてしまったので、3時間の待ち時間をどう過ごすか?
 待合室で3時間座っているだけというのは、かなり疲れる。
 読書をする気にはならないし、近くのイオンまで行こうとは思わない。
(あの待ち時間の長さは本当に苦痛だよね。 椅子に背もたれも無いし、一人ひとりの診察も長い。20人待ちとか当たり前だし、毎回3時間待合室にいるのは辛い。 その後車で1時間かけて帰るのだから厳しいよね。 病院に行きたくないのも理解はできる。 だから近くの病院に変えることももっと早くに考えるようにしたほうが良かったと思う。)

・朝起きるのは遅くなってしまったが、今日はヤマダ電機に
 行くという楽しい目的があったので体が軽い。
 今日出かけた場所は、
 ヤマダ電機、ユニクロ、TSUTAYA、セブンイレブン、ドコモセンターと
 今までだったらまず無理な計画。
 これを周れたのだから、少し自身がついた。
(年1回くらいこういう日があるよね。 翌日ダウンしちゃうんだけど、平均してこの用件の半分を2日に分けて行うようにして翌日寝込まないようにするなど工夫ができるといいのだけど。 動けるからガンガン活動する、は間違いです。 そこそこ動ける日を増やすことが大切。)

・今日は、病院に行く事ができた。
 それも薬が切れる前に行けた。
 今回は年末年始に病院が終わってしまい、薬を切らしてしまうと、
 1月3日のトシ・ヨロイヅカの行く日に体調が悪かったら・・
 と思うからだろう。
 今回もスイーツを買って帰るというのが餌で、それに釣られた形だ。
 だが理由は何だっていいのだ。

・今日から新しい薬になったが、効果や副作用が出るのは
 まだ先の事だろう。
 副作用が出ない事を望む。

・体が若干重い。
 今日一日、何をするでもなく、終わってしまった。
 闘病生活の10年間も何も成し遂げてない。
 一生こんな感じで、何もなく終わってしまうのだろうか?
(もう発病して10年か・・・ 2019年の現在は16年闘病している事になる。 闘病というよりはもう人生の一部になっているという考えになっています。 治す事を諦めてはいないけれども、苦痛を味わいながら戦うというより、受け入れて穏やかに過ごすことにシフトしました。 そうすると随分と楽になれます。 この考えに早くからなれれば、もっと楽できたのだけどね。 色々な事を経験してこの境地に達したので、いきなりは難しいのだろうけど。)



今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.11 薬無し3週間&過食で闘病する気があるのか 

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・朝まで眠れ無かった代わりに日中倒れるように横になる。
 深夜2時を過ぎても眠くない夜は、
 素直に睡眠薬を飲むほうが良いのかもしれない。
(もうさぁ、深夜2時を待たずに23時とか24時になる前に睡眠薬飲んで、布団に入って眠くなるのを待つべきだと思うんだ。 飲んで直ぐに眠れるわけでもないしね。 もっと生活を正す心構えが必要だと思うよ。 何の為に睡眠薬だしてもらっているか分からないじゃん。 早寝早起きが基本だよ。 寝るのが遅いから翌日の昼間も眠いって事だってありそうじゃん。 薬をしっかり管理して有効に使うようにしないと、渋々病院に行ってくる意味も無いしね。 もっとしっかりしなよ。)

・弟にお供えするケーキを買いに、市内のケーキ屋に行ってきた。
 ついでにスーパーに行き、
 カップラーメン、カステラ、プリン、カマンベールチーズを購入。
 今度こそ一気食いしないようにしたい。
 食べ物を買いに行くという目的があると、外に出られるような気がする。
(この日は弟の命日だから行動することが出来たね。 余計なものを買い込んでしまっているのは褒められないけど、外に出ないよりはいいか。 でも毎日少しずつ食べるようにしないといけないけど、どうせ過食するんだろうな。)

・少し死にたくなってしまう。
 薬はきちんと飲んでいるので、死にたい気持ちは
 抑えきれないという事だろう。
 あるいは、別の薬にしてもらわないといけないのか。
(死にたい気持ちはゼロにはならない、薬をきちんと飲んでいても体調が一定という事にはならない。 期待は苦しむだけ。 死にたくなっても、生きているのは何故? 何か少しだけなら楽しめることや心が落ち着く事があるんじゃないか? そういう事だけ考えたりやっていれば良いんだよ。 高望みはしない、現状から考えて出来ることだけを考えてその中で生きていくしかない。 そこで選択肢の少なさに落ち込まずに、自分なりの幸せの形を見つけることです。 幸せはなるものじゃなく、感じるものです。)

・今日の分の薬が無い。
 体は比較的軽くて、お昼とおやつを買いにセブンイレブンまで行く。
 大量にスイーツを購入し、半分は一気食いしてしまった。
 体重はまだ増え続けていて、過食をやめたいがそれが出来ない。
(セブンイレブンに行くことが出来たなら、その勢いで病院に行けばいいのに。 病院に行ったご褒美にセブンイレブンに寄るようにすれば良いんじゃないかな。 先にご褒美が手に入ってしまったら辛い病院には行かないよね。)

・薬が切れて3週間近くが経った。
 薬を飲んでないと旧あぜ道でポロリとこぼした事で、
 病院行けと常連さんに言われ、力をもらって病院に行く。
 薬が切れていることを楽しんでるようようなニュアンスで
 お知らせしてしまったが、病院に行くのは身体の負担が大きい。
 遠い事、混む事、先生との対峙。
 どれもヘビーである。
 体調を見ていたつもりが、気付けば3週間。
 体調は万全ではないが、行かねばなるまい。
 心配してくれる人達に失礼だから。
 今回の病院、何を先生に話そうかと考えたのだが・・・
 何も浮かばない。
 ノープランである。
 僕にはもう薬が必要ではないのでは?というやりとりは
 さんざんやったし、なんと返ってくるのかも分かっている。
 今回は薬だけもらって帰ってこよう・・・ そんな感じだった。
 先生に「どうですか?」と聞かれ、
 「朝起きられないです。 夕方頃になってやっと動けるようになり、
 犬の散歩に行き、ご飯を食べ、寝る。
 朝は動けと強く思っても、身体が言う事を聞きません。」と伝える。
 ここで先生が意外な行動にでる。
 薬を熟考しだしたのだ。
 こんな事は今まで一度も無かった。
 薬の知識は半端ではなく、定番から最新の薬まで、
 あらゆる組み合わせを瞬時に考え、最適な組み合わせを
 導き出してくれる先生が、今月は悩んでいる。
 ぶつぶつ独り言を言い、1分くらい考えていただろうか。
 動けるようになっても、手が震えるのはやだよね?
 壁を虫が這っているのは、最近見る?
 などと質問をいくつか繰り返し、決めたようだ。
 髪切って、さっぱりした方が良いよ。 と最後に一言。
 美容院に行くのが怖くて行けないんだってば。
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:エビリファイ6mg1錠、ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠
 診察後に採血し、肝臓と脂肪?と、リーマスの効き具合をみるそうだ。
 とても疲れた。
 お正月は病院休みなので、12月中に遅れないで病院に行く必要あり。
 行けっかなぁ〜
 とか言ってちゃだめだよね。 行きます。
 またひと月頑張ろう。
(あの先生が処方に悩む理由は分からないけど、どうしたらいいのか分からなくなってしまったのかもしれない。 でも助けてやろうとするから悩むわけで良く考えてくれてると思うよ。 その薬を大切に飲んで、切らさない事。 多くの人が自分の事を考えてくれている事を忘れてはいけないよ。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.09 色々頭の中がオカシイようです

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・病院に行ってきた。
 いつものように先生が調子はどうですか?と聞いてきたので、
 体が重くて動けないと答える。
 虫が見えたのはどうなりましたか?と聞かれたので、
 虫がいる感覚はあるが、その方向を見ても何も見えないです。
 虫が見えるのと見えないのでは、症状の重さは違うのですか?
 見えてないから症状が軽いとかはありませんか?
 見える見えないというよりも、そういう状態はストレスじゃないですか?
 まぁ、そうですね。
 薬を変えてみましょう。
 といった感じだ。
 新しい薬は
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠、ハルシオン0.25mg1錠、ベゲタミンB1錠
(きっと見えてしまうより、存在は感じるという方が症状としては軽いはずだけど、どちらも統合失調症の症状に変わりはないということなのでしょう。 どちらにしても心は休まらないし、ストレス。 見えないだけ楽だけどね。 統合失調症だという事に落ち込まないで、薬を利用して上手に生活していくように出来ると良いね。 今現在はほぼ幻視もなにかいる感覚も無くなっているから、良くなって安定しています。 大丈夫。)

・昨日から薬が変わったのだが、副作用が少し出ている。
 眠かったり太ったりする副作用ならば問題無いのだが、
 また腕がムズムズする副作用が出てしまっているのだ。
 まだ少しだけなのでなんとかなっているが、薬を飲み続けると
 この副作用はもっとひどいものになるだろう。
(薬の副作用で一番つらいのがコレ。 記憶がなくなるとか、太るとかそんな物はこれに比べたら何でもないと言ってもいい。 腕の中を虫があるき回るようなムズムズ感。かこうが叩こうが収まってくれず眠れなくなる。 どうすることもできず収まってくれないから発狂しそうになる。 この処方は最悪である。)

・薬の副作用だと思うのだが、腕がムズムズして気持ちが悪い。
 痒くてかくのだが、体の表面が痒いわけではなく、
 骨のあたりまで痒くて、どうする事もできない。

・薬の副作用だと思うのだが、頭が回らない。
 母とレシピ作りをやっている時も、次に何をやったら良いのか
 分からなくなってしまうし、分かったとしても、
 間違ってしまったりしている。
 自室にいる時は、人にペースを合わせる必要が無いので、
 おかしいとは気付かないのだが、
 母といると頭が回っていない事が良く分かる。
 先生は、自殺されるよりも、モウロウとして横になっている方が
 安心だという考えているはず。
(当然先生は死なれるよりもモウロウとする方を選びます。 頭が回らなくてもいいじゃない? コンピューターのような頭脳が必要という生活はしていないでしょう? 気持ちをゆったり持って、家族には頭が回らない事を伝えればそれでOKなんじゃないだろうか。 レシピ作りが難しかったら休ませてもらうことも考えよう。 体調最優先。 母に気を使って無理する必要はない。)

・弟の死後、弟の写真を集めて、スキャナーで取り込むという作業を
 していたのだが、顔を見るのが辛く、今日まで行う事ができなかった。
 もうすぐ死後3年、その間取り込み作業を放棄していた事になる。
 写真はテーブルの上に置いたままで、視界に常に写真が入っているのに、
 3年もやらないのだから、本当にモノグサだ。
 半分は、辛くなるからやらなかった。
 半分は、怠けていただけだ。
 取り込んだ写真はすぐにバックアップして万全の体制にし、
 取り込みが終わった写真を1階に持って行った。
 母は泣いていたし、父も少し涙声になっていた。
(自殺をするということはこういう事。 3年も手を伸ばせば届く場所に写真があるのに、触ることも出来ない。 泣きながら取り込み作業をする事になるし、3年経っても家族は泣いている。 死んだ本人は楽になれたのかもしれないが、残される人の事を考えたら死んではいけないことは分かるよね? 何もできなくたって、復帰にどれだけ時間がかかろうとも生きていてくれればそれで良いんじゃないかな。 自殺は駄目だよ。)

(今月も書き込みが少なく、元気にしているひと月だったのかも。
 副作用は出ているけど、死にたくて苦しんでいるというような記述はなかった。 少し眠っているかもしれないけど、それは責めるべきじゃないし、まずまずのひと月だったようです。 幻視が消えると良いのだけどね。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.07 壁を虫がはっている

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・9時から15時まで、眠ってしまった。
 1日中寝てしまっている。
 食事も不規則で、深夜に台所に行って食べ物をあさるのが
 当たり前になってしまっている。
 体重も落とさないといけないのに、夜食や過食を繰り返し、
 自己嫌悪になってしまう。
(夜食も過食も止めらられないのに、やってしまった後は自己嫌悪になるんだよね。 だったら最初からって思うけど、それが我慢できるならば苦労はない。 夜食に関しては、寝てしまうこと。これに限る。)

・早起きは出来たのだが、その後二度寝してしまった。
 午後からのレシピ作り以降は、伯父が来てくれた事もあり、
 昼寝をする暇が無くそのまま深夜まで一睡もせずに過ごす。
 夕方にはPCでの作業もこなす事ができ、集中力が続いた1日だった。
 二度寝をしないようにできれば、完璧な過ごし方になるのだが・・・
 頑張るしかない。
(深夜まで作業をせずに早寝早起きを心がけよう。 規則正しく生活するだけで体調が良くなるものかと思っていたけれども、今になってみるとそうすると身体が軽くなる事を実感している。 早く眠ること。)

・体が重くて、読書などを続ける事ができない。
 14時からのレシピ作りも気が重かったが、
 作業を進めるうちに体は軽くなり、夕方には感じていた重さも消えた。
 夕方になると体が軽くなるというのは、うつ病の典型的な症状なので、
 病気はまだまだ僕の中にあるのだろう。
 夜は睡眠薬が無くても眠る事ができるので、助かっている。
 睡眠薬は所持していた方が良いかを、次回病院で聞いてみようと思う。

・最近の睡眠時間は3時間と短く、その短さを補う形で、
 日中寝オチしてしまう。
 夜の寝る時間を増やせば解決してしまいそうだが、
 どうしても3時間ほどで目が覚めてしまい、その後眠れなくなる。
 やはり睡眠薬が必要なのだろうか?
(深く眠れない事にも睡眠薬は有効だから、最初から飲んで眠るようにした方がいいかと思う。)

・病院に行ってきた。
 死にたくなる事は無くなったが、
 部屋の壁を虫がはっているように見えると伝える。
 それと、睡眠薬を飲まなくても眠れるのだが、
 2時間くらいで目が覚めてしまって、その後眠れないと伝える。
 この場合睡眠薬を飲んで寝たほうが良いのか?と質問すると、
 飲んで目が覚めないようになった方が良いだろうと解答をもらった。
 薬は少し変更され
  朝夕:エビリファイ5mg2錠、アキネトン1mg、セレネース3mg
  就寝前:リーマス200mg3錠、ベゲタミンB、ハルシオン0.25mg
(壁が見えないほどの大量の虫がはっているように見えるが、幻視だよね。 こんな部屋にいたら心が休まるわけもないが、どこに行っても見えるんだろうから逃げ場は無い。 薬があまり変わっていないけど先生は何を考えているのだろう? この処方で幻視が消えてくれるといいのだが。)

・体が重くて、日中座っている事もできない。
 15分も座っていると体が重くなってしまい、
 横にならないといられなくなってしまう。
 横になると眠ってしまうので、日中何もする事ができない。
 薬が変わる前からこのようになっていたので、
 薬の副作用だとは考えにくい。
 原因は何なのか?
(身体が重いのは今も変わらず残っています。 鬱なのか統合失調症なのか分からないけど、起きていられないよね。 無理して起きていると辛いだけなので、その時は横になって休もう。 サボっているわけでも怠けているわけでもなく、自分から休んでいるのだと割り切って自分を責めないようにしよう。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.01 統合失調症について調べはじめる

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・就寝前に飲む薬が無くなってしまった。
 朝夕飲む薬と、睡眠薬が3日分残った。
 同じ量を飲んできたつもりが、どうして薬の減り方に違いが出たのか?
 明日の日曜、明後日の月曜のどちらかに病院に行くようにしたい。
(記憶がオカシイ事は良くある事です。 できるだけきちんと薬を管理するように気をつけよう。 薬を決まった時間、量を守る事が安定した生活をする基本になるので、キチンと管理しよう。)

・薬を切らしてしまい、きちんと飲んでいない事も影響しているのか、
 今日は体調が悪く、死ぬことを考えてすごした。
 死んではいけないと考える事ができたので重症ではないのだが、
 死にたくなるというのは、やはり辛い。
 苦しくて、それが何時間も続くような感じがして、
 横になってただただ苦しんでいた。
 明日こそは病院に行くようにしたい。
(死にたくて苦しい事と、病院に行く事の億劫さを比べたら病院に行く事を選ぶよね? 頑張って病院には行こう。 近くの病院に変える事も必要かもしれない。)

・病院に行ってきた。
 薬が切れて数日。
 左手の震えが止まらず気持ち悪かったので、
 早めに病院には行きたかった。
 しかし身体が重くて動けず、ズルズルと何日も経ってしまった。
 11月に書いてくれた診断書の病名の欄に
 「統合失調気分障害」と書かれていた事について一番に聞いた。
 この病名で間違いないのか?と聞くと、間違いないと先生。
 妄想性うつ病とも言うらしい。
 幻覚、幻聴が現れているし、この病名で間違いないらしい。
 この病気は治りますか?と聞くと、治らないとキッパリ。
 薬を飲んでさえいれば普通の人と同じように生活できるからと
 慰めてくれたが、ショックは大きい。
 一生薬が必要で、一生通院が必要で、一生理解されない。
 これはショックだった。
 身体に必要なビタミンが作れなくて、
 薬で補うと考えるようにしなさいと言われる。
 薬を飲んでいれば問題が無いので、プラスに考えろという事なのだろう。
 帰宅しても、両親にこの話をする事ができなかった。
 遠慮などせずに言えれば良いのだろうが、なかなかそうはいかない。
 自室に戻って、ネットで統合失調気分障害について調べたが、
 いまいち理解できない。
 妄想、幻覚、幻聴などから自分と症状が重なるが、
 躁状態になるなど違いも見られる。
 もう少し時間をかけて調べるようにしようと思う。
 とりあえず、落ち込まない。
 これを頭に浮かべつつ寝ようと思う。
 薬に変更は無し。
  朝食後:セレネース3mg、アキネトン1mg
  夕食後:セレネース3mg、アキネトン1mg
  就寝前:リーマス200mg、ジプレキサ10mg、ハルシオン0.25mg
(統合失調症だと言うことは両親には話せないよね。 うつ病は心の風邪だとか言われる事があるけれども、統合失調症は今の所不治の病だから。 精神分裂病と呼ばれていた事もあり、イメージも良くない。 統合失調症だという事は伏せて生活していかないといけないかもしれない。 でもとりあえずは幻視、幻聴をおとなしくさせる為に薬をそれように処方してもらい、きちんと飲むことが大切なんだろう。 結局、きちんと薬を飲むことが自分が救われる方法なのだと言うこと。)

・昨日病院に行き、薬をもらってきたので、
 今晩からまた薬を飲む事にした。
 左手の震えはまだ治まっていないのだが、
 薬を飲む事で治ってくれる事を願う。
 先生が言うには、手の震えは薬を飲んでいないからだと。
 薬を飲んですぐに震えが治まるとは思わない方が良いだろう。
 期待するとカウンターを食らうから。

・手の震えが治まった。
 朝食&夕食後に飲む薬を飲んでいても、震えは止まらなかったが、
 就寝前に飲む薬を飲んだら、震えが止まった。
 やはり薬が無いと、僕は上手く生活できないようだ。
 先生の言う通りである。
 病院で病気が治らないと言われショックだったが、
 今日はそんな事を思い出すことも無く、安定していた。
 これも薬をちゃんと飲んでいるからなのだろうか?
 この好調が1日でも長く続くように願う。

・薬もきちんと飲めているし、副作用も無い。
 薬の力を改めて実感している。
 なるべく薬は切らさないようにしようと思う。
 車検の時期になっているが電話する事ができない。
 残り2週間で車検を終了しなければならず、
 明日にでも電話しないといけないが、電話できるだろうか?
 時間は残されていないので、電話しないといけないだろう。

・統合失調感情障害について調べるが、意味が分からない。
 どういう時にこの病名がつくのかも分からないし、
 この病気の説明も良く分からない。
 ○○型と○○型が一定期間症状として出た時にこの病名がつく
 と言った書き方ばかり。
 自分には理解できそうもないので、次回病院に行った時に
 先生に聞いてみようと思う。
(統合失調症はまだ全てが解明されていない病。 説明も場所によって一致してなかったりとまだまだこれからの病なんだろう。 軽く調べたらそれ以上は調べないほうがいいかもしれない。落ち込むだけだから。)

・15時、16時ごろまで寝てしまい、
 愛犬の散歩に行くという生活になってしまっている。
 愛犬の散歩はこの1回だけになっていて、可哀想だとは思うのだが、
 身体が動かない。
 今日は1時間早い15時に起きることができ、シャワーを浴びる事もできた。
 しかし、朝8時〜9時には起きて、朝の散歩に連れて行かないといけない。
 どうしてこういう生活リズムになってしまったのかは
 自分でも分からないが、飲んでいる睡眠薬が
 効きすぎているような気がする。
 睡眠薬は飲まないと明け方まで眠れなくて苦しいので、
 飲まないわけにはいかない。
 今飲んでいる睡眠薬よりも弱い薬にしてもらった方が
 良いのかもしれないが、効かない物を飲む事になりそうな気もする。
 そもそも、睡眠薬が12時間後にも効いていて、
 翌日の昼間も寝続けてしまうという話は聞いた事が無い。
 睡眠薬が原因と考えるのは間違っているのかもしれない。
(日中眠ってしまうのは睡眠薬のせいではなく、脳が疲れてしまっているか、他の薬の副作用?だと思う。 どう頑張っても起きていられないほどの怠さ眠気なので、起きていられない事で責めないで、頭を休ませてあげることを考えよう。 眠かったら寝たらいいねん。真剣に休む。これも大切。)

・若干気持ちが落ち込み、身体が重くてコタツで横になると、
 天井を見ながら自殺する事が頭に浮かんできてしまう。

・今日は死にたくならなかった。
 車検が終わり車を取りに行くと、引退している親父さんが、
 僕の仕事を聞いてきた。
 今無職だと伝えても空気が読めないのか、仕事の話をやめる事なく
 ひたすら仕事の話を続けられた。
 向こうは、世間話のつもりなのだろうが、僕には辛い内容。
 3年後、また同じ事を聞かれるだろうが、その時は仕事をしていたい。
 無職だという負い目を感じる事もこれが最後になると願いたい。
(田舎の人あるあるで、仕事何やってる?だの、どこに住んでいる?だの
 結婚はしたのか?だの、聞くことが会話だと思っている人が多すぎる。
 営業トークとしては赤点だが、こういう人が多いのは田舎に済む限り耐えないといけないのかもしれない。 3年に1度の事だと思って割り切ろう。)

・あぜ道通信のコメントの返信を、意識して遅らせようと思う。
 コメントが書き込まれると、メールが届いて教えてくれるが、
 今までは、それがあるとすぐに返信を書いていた。
 でもそれをやっていると、コメントが気になって何も手に付かない。
 1日中パソコンの前にいるようになり、コメントは来てないか、
 スパムコメントになってしまってないか、
 チェックし続けている自分がいる。
 SNS依存などが叫ばれる中、
 自分も半分ブログに依存していたなと気付いたのだ。
 自分の居場所は、パソコンの前ではないはず。
 もっと外に出ないといけないと思うし、
 家の中に居ても他の事に時間を使いたい。
 コメントに返信を書くのは、1日の終わり頃にしようと思う。
 スパムコメントにされた書き込みを正しく表示させる作業も
 この時間に行う。
 必ず返信を書くというやり方に変更は無い。
 時間の使い方を考え直す際、色々と面白い出来事が起こると良いのだが。
 外出が増えて、面白いネタに出くわす確率も増えるだろうし。
(今はそんなにSNS依存はしていないと思う。 ただ良い物を届けようとおいう気持ちは強くなっているけど、一日中畦道に関わっているわけじゃない。 外出はしていないけど、インドアなりに色々な事をやっているつもり。 いいバランス感だと思う。)

・何となく気分が落ち込む1日で、少しだけ死ぬことを考えてしまった。
 考えてしまうのは止められないので、
 実行に移さなければ良いのだと言い聞かせる。
 恐らく一生こんな感じで、死が身近にあるような生き方を
 するのだと思う。
 薬を飲んでいても、こうして症状が出てしまうのは
 仕方が無い事なのだろう。
 有る程度は諦め、有る程度は開き直り、生きていくしかないのだろう。
(酷な事だけど、諦めてしまったら色々と楽になれる。 人と比べる、一般常識と比べる、出来ていたことを望む、それらを諦める。 自分だけの価値観で生きていく事で、幸せを感じることすらできるようになる。 力を抜くこと、穏やかに生きられる方法を探すこと、自分を持つこと。)

・今日も身体が重く、14時に携帯のタイマーが鳴るまでコタツで寝ていた。
 愛犬の散歩も15時近くまで行ってやれず、悪い飼い主だと反省する。
 しかし思い切って起き上がり、入浴する事にした。
 前倒し前倒しで行動したので、時間に余裕ができた。
 前倒しの行動はとても良いことだと思う。
 こういう先例があると、
 今後も早く行動に出るようにできるような気がする。
 薬があと9日分しかない。
 ODしたのか?と思ってしまうほど薬の減りが早いような気がする。
 愛犬の病院にも行かないといけないし、自分の病院もあるし、忙しい。
 病院も早め早めに行けるようにしたい。
(朝イチにコーヒーを飲んでストレッチをすると、朝から動けるような気がする。 色々と自分の身体を実験してみて、試してみるのも面白いかもしれない。 あまり原因や復帰方法を模索してしまうけれども、程々にしてリラックスして生活しよう。)

・薬があと8日分しかない。
 今度は薬が切れる前に病院に行く事ができるだろうか?
 土日月のどれかに行かないといけないだろうが、身体は動くだろうか?
 愛犬も病院に行かないといけないし、やる事が増えてきてしまっている。
 何とか外出できるように頑張ろうと思う。

・落ち着いて生活する事ができた。
 しかし夕方まで寝ていて、何もしないというのは、自己嫌悪にになる。
 朝8時に目覚ましが鳴るようにしても、
 アラームを止めて二度寝してしまうので、意味が無い。
 もっと強い精神で病気に向き合わないといけないのだろう。
(アラームは無意識に止めてはいない。 動けなそうだから続きの眠りに入る。 起きられなかったと自分を責めるのだから、はじめから目覚ましをかけないようにした方がいいかもしれないよ。 自分を追い込むことは排除していったほうが心が休まる。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。