シネマにドラマ 映画 2つのドラマ版スターウォーズ

昨日アメリカでディズニーのイベントがあり、スター・ウォーズ2作品の制作発表が有りました。
どとらもディズニープラスという定額制ストリーミングチャンネルでのドラマ作品。
今のドラマは映画に並ぶくらいクオリティーが高いからね、2時間の映画に無理に収める必要もないんだと思います。
ダラダラ続けられるのは困るんだけどね。

一つはオビ=ワン・ケノービが主人公のドラマ。
舞台はエピソード3の8年後という設定らしいです。
共和国が崩壊して皇帝とダース・ベイダーが支配する銀河から隠れる為にタトゥイーンに逃げ隠れている&ルークを見守る(ルークも少年になっているはず)辺りが描かれるはず。
噂では全6話〜8話程で、脚本は完成済みだそうです。
単調な隠居生活、描くとしたら霊体化の自主トレをするくらいなんだけど、どのように惹き付けるストーリーにするのか見ものです。
撮影開始は2020年。
放送開始は未定。

二つ目は、マンダロリアンというタイトルのこれまたドラマ。
マンダロリ人という意味だと思うけど、マンダロリ星出身とか舞台がマンダロリ星なのか?
予告編をみるとこの作品もタトゥイーンのような景色に見える。
マンダロリアンアーマーというボバ・フェットが着ていたアーマーと同類の格好をした賞金稼ぎが主人公で、予告編ではヘルメット内の人物の顔は見えず。
イメージとしては、スター・ウォーズの世界観で繰り広げるマッドマックスらしいです。
ローグ・ワンのように(いい意味で)泥臭い感じのドラマが描かれるのかも。
こちらは2019年11月12日からの放送。
早い!って思ったけど、日本でも同じ日から公開されるのかは未定っぽい。

マンダロリアンを今年やって、来年末辺りか21年にオビ=ワン・ケノービドラマ。
22年にゲーム・オブ・スローンズ監督による劇場版のスカイウォーカー家が出てこないというリブート版スターウォーズが公開されるのかな?

あぁ、どれも楽しみすぎる!!

マンダロリアン予告編初公開↓

シネマにドラマ 現場のお宝 ダース・ヴェイダーのフィギュア

毎月末日は現場のお宝の日です。
スターウォーズのお宝を公開していくコーナーです。
お宝と言っても、本当に高くて誰もが認めるお宝では無く、安くてもそこそこ良くできている状態の良い物をチクチク購入しております。

今月紹介するのは
『ダース・ヴェイダーのフィギュア」であります。
ダース・ヴェイダーとはスター・ウォーズの中でも最も強烈な印象を残す悪役であり、全映画の中での悪役ランキングでも、ハンニバル・レクター博士を押しのけて堂々の1位になっている、悪役の中の悪役であります。

長身で黒づくめ。
仮面を被っているので、表情は分からず、不気味な呼吸音だけが聞こえます。
声は、ジェームス・アール・ジョーンズという方が担当していて、低くて威厳のある声なのです。
ライオン・キングのムファサ王の声もこの人が担当しています。
とにかく強烈なキャラクターで、極悪非道、冷酷にして、完全に任務を遂行する男。
主人公たちをどこまでも追い詰めていきます。

スターウォーズの公開順は、エピソード4⇨5⇨6と公開され、
その後エピソード1⇨2⇨3と公開されました。
4、5、6と見ると恐ろしいだけの存在なのですが、
1、2、3と見ると、若い頃は純粋で才能豊かな少年だったりします。
ちょっとだけ怒りの感情がある事と、才能があるだけに傲慢なのが欠点で、そこにつけ込まれて悪の道に落ちてしまうのです。
まぁ、可哀想な人なんですよ。

4、5、6と見ると悪い人
1、2、3を見てから4、5、6を見ると仮面の中の素顔が浮かんできて悲しい人に写り全く別の印象になるのが面白いところです。

あの呼吸音とフォースを使った首絞めは本当に怖いです。

フィギュアは縛り設定の2,000円以下の物で、未開封の物があったので購入。
高さは25センチくらいあります。
赤のライトセーバーを握り、相手を凝視している様子がかっこいい。
これまた値段の割に良い品だと思います。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 現場のお宝 トイレの小物たち

毎月月末は、スターウォーズのお宝を紹介するコーナー「現場のお宝」の日です。
今回はトイレに飾ってある小物たちです。

どれも4センチくらいの身長の小物ばかりです。
エピソード8に出てきた印象深い紅軍団(悪い奴)、正義の反乱軍のエースパイロットのポー・ダメロン専用機のXウィング(黒いのが特徴)、R2もいます。
背景にはドロイドのポストカードが飾られていて、ドロイド勢揃いです。

個人的には、左にある金色のダイスが気に入っています。
エピソード8で大々的に登場し、その後に公開されたスピンオフのハン・ソロではキーアイテムとして、ハン・ソロにとって大切な意味を持つアクセサリとして描かれます。

安っぽいオモチャのような作りですが、金色でピカピカでダイス部分もちゃんと掘られています。
どうぞ、Masa家のトイレに入る事があったら、じっくり観察していってくださいね。

この幸運のダイスは、メルカリで購入しました。1,500円くらいだったと記憶しています。
安い買い物ですね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 現場のお宝 第2デス・スターのプラモ

毎月最終日に、スターウォーズのお宝を発表していくこのコーナー。
2回連続で、頂き物を紹介したので、今回は自分で手に入れた物を。

今回のお宝は、あまりお宝では無いかもしれませんが、
「第2デス・スターのプラモデル」です。

友人のバンドのライブに行ったのですが、開演前にプラモデルショップが近くにあるので、覗いてみたら、デス・スターがあったというわけです。
本当はファルコン号とか欲しかったのですが、そういうの全然無くてw

デス・スターとはスターウォーズを象徴する敵の巨大宇宙ステーション。
月のように丸い形をしていて、一部窪んでいる部分から緑色の強力なレーザーを発射し、星をも破壊するという究極兵器。
直径が30kmとかだったかな。
映画ではそんなに大きく見えないのだけど、たしかそれくらいのサイズだった。

アメリカという国は、一定の人数からの要望(100万人だったかな?)があると政府は真剣にその要望を検討しないといけないという法律があるらしく、デス・スターを建設してほしいという要望が集まったそうです。
政府はデス・スターを建設するのにかかる費用を本当に計算し、とてもじゃ無いけど作れませんという公式コメントを発表したりしました。
面白い国だなぁアメリカ。

さて、デス・スターですが、最初に公開されたエピソード4から早速登場しますが、映画クライマックスで正義である反乱軍に破壊されてハッピーエンドを迎えます。
が、エピソード6で、第2デス・スターが作られている最中という設定で復活を果たします。
建設中なので、写真のようにまだ、まん丸じゃないのですね。
そこがなんともメカチックで、完全に球体じゃないデス・スターは人気があります。

このプラモデル、1,700円くらいだったと記憶していますが、細かい部分までよく作られています。
ペイントは素人なのでとても出来ないので、組み立てて終わりですが、ネットではこれを映画で使えるんじゃないかというレベルまで描き込んだ物もあったりします。
才能ある人は楽しいんだろうなぁ。

このプラモのテニスボールと卓球のボールの中間くらいの大きさで直径10センチくらい。
程よい大きさで中々気に入っております。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 現場のお宝 私服ジャンゴのイラスト

毎月月末にスターウォーズ関連のお宝を紹介していくコーナーです。
今回のお宝は
『私服のジャンゴフェットのイラスト」であります。

これまた友人から頂いた物なのですが、映画の中のキャラクターが洋服を着ているという斬新な絵。
ポーズもかっこいいし、着ている服もキャライメージに合ってる。
白のパンツなんてイメージ通りだ。
どうしてこういう絵が描けるのか、絵心無き自分には理解できませなんが、描ける人はサラッと描くんですよね。
ずるいぜ絵心。欲しいぜ絵心。

ジャンゴ・フェットは、これまた根強い人気のあるサブキャラ、ボバ・フェットの父ですね。
正確にはジャンゴのクローンで自分のちっちゃい版をボバと名付けて育てるのですが、父ジャンゴが正義の騎士ジェダイに殺されて(悪役の賞金稼ぎだから)、ジェダイを恨んで、成長してから親父と似たような格好をしてジェダイを苦しめます。

この親子、人気キャラなのに、どちらもあまりにあっけない最後を迎えるのですが、あっさりと死んでしまうのが、スターウォーズ。
実は生きていて・・・などとファンが自作ムービーをUPする程でして、人気は根強いのですが、本当に情けない死に方をするので、僕的にはあまり魅力を感じません。
このイラストは最高ですけどね。
イラストは部屋のいい場所に飾らせていただいています。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。