僕とうつ&統失 闘病記 2019.06.16 さり気なく寄り添う形

病名までは分からないが、同じメンタル系の病気を持っている人に会うことがある。
この人1人というわけじゃなく、数人の人とそれぞれ別の機会に会うことが数年の間に何回も有った。
こういうご時世ですから、メンタル系の人に会うこと自体珍しくないのですが、会ったからと言って何を話すわけではありません。
病気の事は絶対に触れない。
笑顔で少しだけ会話をするだけにとどまるけど、頑張ってほしいと心から応援しながらの会話である。
僕だって完治してないから、お互い大変だけど頑張っていきたいですね。って感じかな。

外で偶然に出会うわけですから、その人は外に出られるまでになっているという事。
まだまだ家から出られずに苦しんでいる人の方が遥かに多いはず。
こういう方達と話をしていると気付くことがあります。
皆さん、理解者が居るという事です。

僕のように1人でフラフラと出かける人は少ないのかもしれません。
パートナーだったり、家族だったり、誰かしらと一緒なことが多いように感じます。
その感じが、
心配だから付いて来ているというわけでもなく、
サポートしなくてはというわけでもなく、
せいぜい運転役を買って出てくれて、目的地に到着したら、後は本人の自由にさせているという感じなんですよね。
これ共通している。

すごくリラックスしている感があって、見守っている距離感が完全放置でもなく、うるさく口出しするわけでもなく、1人の人間として尊重されているなという雰囲気ね、雰囲気。それが伝わってくるのです。

この付かず離れずの絶妙な距離感と信頼感があるから、当人は外に出られるのかもしれないし、楽しみを見つけることが出来たのかもしれない。
僕だって家族の理解なしでは生活していく事ができない。
どれだけ救われている事か。

やはり僕も病人だけど病人としては向き合わず、いち個人として尊重してくれている部分が多々ある。
理解者がいてくれる。という事がメンタルに与える好影響は計り知れないと思う。
生きてみようか と思えるし、生きなければとも思う。

当人と家族、その絶妙な距離感が必要なのだと思う。
僕の病気は今の医学では治らないとされています。
薬でかなり抑えることが出来、一見すると普通の人のように見せることも短時間ならば出来るくらいでは有るけれど、薬無しで生活は出来ないし、一生あの時は病気だったねと振り返る事にはならない進行形。
一生家族に心配をかける存在になりそうだけど、それでも前に進もうとしている姿勢は見せていきたいと思う。
それについて、自分も頑張っているとは言わないし、家族もその様子について触れることは無いでしょう。

だから家族には感謝しないとね。
なかなか口に出して感謝を述べたりは出来ないのだけど、いつかちゃんと伝えたいなと思っています。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2018.10.08 大人として

昨日仕事に行けませんでした。
今週2回の仕事のうち2回とも行けなかった事になります。
1日明けて、本業の方に出勤。
問題なく出勤出来てしまう。

前からそうである。
本業には問題なく出勤出来るのである。
この違いは何か?
ずっと考えて来たが、違いは分からない。
仕事内容や人間関係では無い事は何となく分かってきたが、決定的な理由は分からずじまい。

ただ上司が面白い発想をしてくれた。
「副業出勤の時も、一旦本業のこの場所に出勤して、午後から副業に出勤したらどうか?」
「今日だってこれから副業の方には行けそうじゃないか?」

これには驚いた。
確かにいつもの感覚で本業に出勤すればいいのである。
早朝5時に起きる必要も無く、いつも通りの10時出勤で良い。
何か気持ちが楽になった。
うつ病は朝が特に動けないが、そこでどんどん出勤時間が近づいて来てしまって、追い込まれてしまう。
ただでさえ朝は弱いのに、そこに仕事のプレッシャーが重なる。
これが出勤できない理由なのかもしれない。
違うとしても結構なウェイトを占める部分かもしれない。

すぐに副業の上司に電話する。
この時は不思議とすぐに電話が出来た。
昨日欠勤した事を詫び、
今日の夕方に伺うので話がしたい事を伝える。
きっと副業の上司は辞めさせてくれという話をしに来るのだと思っただろう。

本業の仕事を終えて、すぐに移動する。
副業の上司が休憩を取るであろう時間帯に着くようにする。
店に入ると同僚たちが自分を驚いた顔で見る。
あぁ辞めに来たなって思っているような顔である。

到着前に買って来たコーラとお茶をテーブルに置き、立ったまま2人で話しをする。
最初にお詫び。
そして病気の事を話した。

朝が弱い病気で薬の副作業で特に朝辛くなっている事を話す。
うつ病か何かかな?と聞かれたので、素直にそれを認めた。
もう一つあるとは言ったが、統合失調症の名前は伏せた。

次にもし許されるならば、またここで働きたいと思っていると伝える。
少し驚いた表情をされたが、嬉しそうでもあった。
もう信用などされていないでしょうが、やりたいと話す。
それは構わないと上司。

ここからが今日ここに来た一番の理由なのだけど、
午後出勤の交渉である。
遅番という物はあると説明を受けたが、11時出勤だと言う。
これでは1時間遅くなるだけなので、意味が無い。
午前中は本業をこなし、それから来るので13時からラスト20時まででどうか?と交渉。
前例の無いシフトなのかもしれないが、考える事なく上司はOKしてくれた。
それを週2回で良いかとさらに話を詰める。
これもOK。
ただし、確実に出勤する事と2度念を押された。
まぁ当然だろう。

今週末からリスタートという事になり、話は終了。
表に出ると、苦手な同僚が差し入れ有難うございます。と笑顔で言ってきて驚いた。
結構いい奴なのかもしれない。
その彼を勝手に苦手だと思い込み、出勤の妨げになっていたとしたら、、、バカなのは自分だったのかもしれない。

職場を出て、駐車場に向かう。
クレープ屋さんが出店していて、もう辺りは暗くなってきていると言うのに、行列が出来ている。
ここに来て、帰ろうとするといつも猛烈に甘い物が食べたくなる。
頭を使うから糖分を欲しがるのか?
頑張っている自分に少しくらいご褒美をあげても良いじゃないかという気持ちもある。
でも今日は何も買わなかった。
クレープが大好きな僕としては、すごい我慢。

車に乗り込み、すぐに本業の上司に連絡。
この人の理解が無ければ、今の自分はいない。
副業の上司の理解の深さを一緒になって喜び感謝した。

帰りは少しヌルい夜風を浴びたくて、窓を開けて運転した。
いつもより少しアクセルを踏み込んでいたかもしれない。
何となくだけど上手くいきそうな気がする。
家路を急いだ。

今日もあぜ道通信を読みに来てくれてありがとう。