僕とうつ&統失 闘病記 2019.11.18 生きたくてもそれが叶わない人に会いに行く その8 お別れ、そして

歳の近い親戚のお兄ちゃんが亡くなり、その葬儀に参加してきました。
病気の事は伏せていたので、全然人は来ないかもしれないという事でしたが、友人さんがかなり沢山来てくれまして、とても温かい葬儀になりました。
あれだけの数の友人が来てくれるという事がお兄ちゃんの人柄を表しているのでしょうから、やはりすごい人だったんだなと思います。

お見舞いに何度も行っているからという事もあり、色々と葬儀にも関わったのですが、何かを受け継いだような気持ちです。
沢山泣きました。
婆ちゃんも孫同然のお兄ちゃんの死を必死に受け止めていました。

辛い1日でした。
でも温かい気持ちにもなりました。
感謝や人としてのあり方を学びました。

もっと生きたくてもそれが叶わないお兄ちゃんの分も生きていく事。
俺はこう生きたぞ。お前が生き抜く番だぞと言われいているようで、結局応援されていたのは僕の方なのだと思います。

生きていく事は、辛いことの方が多くて、辛いことしかなような気もしますが、死んだら負け組とかそういう事一切抜きにして、とにかく生きていく事、生きる事。
もう一度考え直してみたいと思います。