僕とうつ&統失 闘病記 2017.02 仕事のミスが目立ち始め、マイナス思考が現れる

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・カウンセイリングに行ってきた。
 残り2回のカウンセリングをどうするか?
 延長するか、それで終わりにするかを聴かれる
 4月と6月に1回ずつ受けて、今の状態が続くならば、卒業と言うことになると言われ、なんとも寂しい気持ちになった。
(とても良く話しを聞いてくれて、そういう観点からの考えは無かったという事を言ってくれ、心をかなり救ってくれたカウンセラーさん。
 でも友達ではなく、相手は仕事でアドバイスをしてくれているので、あんまり寂しがるのも違うような気がする。 卒業って事で良いと思うよ。)

・県庁の建物にて、ナレーションの再録音に立ち会うことになった。
 収録は無事すんだ。
 帰りはナレーターさんを車に乗せて、地元隣町まで送る。
 疲れたので休みたかったが、音楽教室でのCD化作業が遅れているので、渋々スタジオに行く。
 ラベルとジャケットの印刷のフリーソフトが色々と問題があり、数時間作業が止まる。
 結局1枚しか出来なかったが、明日以降はスピードアップできそうだ。
(県が関係する仕事に1人で行って、きっちり仕事してくる。
 そういう事が出来るようになっただけ随分と変わったと思います。
 そこから更に仕事というのは疲れるけど、立て込んでいるのだから頑張りどころだね。 仕事がある事に感謝しつつ、やる時は幾つでも同時にやる業種だという事を良く考えよう。)

・仕事が全てうまくいかず、投げやりな気持ちになってしまう。
 少し死にたくなる。
(泣きっ面に蜂じゃないけど、何をやっても裏目に出る日というのが社会にでるとあります。 自分の能力が無いのではなくて、経験が無いのだという事です。 冷静に対処して、ついてない日くらいに少し砕けた考え方に切り替えよう。 失敗続きで自分は生きる価値も無いと思ってしまうのだろうけど、死んで楽になろうとか、逃げるように死にたいと思う事は病気の症状だとしてもなるべく考えないようにしたほうが良いと思う。
 難しいことだろうけどね。)

・さすがにかなり忙しく、疲れ切って帰ってきた
 2日連続で睡眠時間1時間はマズかったか。
 帰宅後ご飯を食べて、すぐに眠った。

・やや身体が重い、休日なのにである。
 病気再発か?という不安がよぎる。

・仕事でミスを連発してしまい、信用を失ったと思う。
 仕事を一人でこなす事が怖くなってきている。
 この状態が続くと、病気再発となってしまいそうで、怖い。
(仕事の忙しさにミスの連発。 でも信用を失うってほど、絶大な信頼などまだ無いのではないかな? 入社してそれほど経っていないのに。
 代表がよく言う事「同じ失敗を繰り返さないならば良い」という考えの会社なのだから、手順書を作ったり、何故ミスしたかをよく考えて繰り返さなければおとがめ無しだという事でもある。 あまり自分を責めないように。)

(相変わらずの激務で、ミスも増えてきたようです。
 日記の記述数はだいぶ少なくなってきていて、忙しいのかゆとりが無いのか。 失敗が続き、死にたくなってしまうという、一気に生き死にの話しになってしまうのは病気の根深さと怖い病気だという事を再認識させられるね。 何とか波に乗ってもらって、乗り越えてもらいたい。
 励ましてはくれても、誰も代わりになってはくれないので、実力をつけるしかないからね。 頑張ってほしい。)