僕とうつ&統失 闘病記 2018.03 再発なのか?セーフだったのか?

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・頭が回らない。
 何もする気になれないし、何もできない。
 一日中横になって過ごして終わってしまった。

・身体が重く、うつ状態の時にある思うように起きていられない感じがある。
 考えもまとまらないし、何もする事ができない。
 食器がシンクの中に溜まり、もう1週間くらい洗ってない物がありそうだ。
(考えがまとまらないのは、鬱なのか?統失なのか? 統失寄りかもしれない。 病気が再発しつつあるように感じます。)

・身体が重い。
 若干再発しているような気がする。

・やや体調が悪くなってきているような気がする。
 薬を強いものに変えてもらいたいが、副作用などもあるし、頑張って仕事を覚えるしかないのか。
(頑張るという問題ではないです。 すぐに病院に行き、仕事と距離を取るべきかもしれない。)

・朝は体が重くなってきている。
 このままで良いのか?再発しないのか?
 先生に早めに聞いた方がよさそうである。

・仕事のプレッシャーが大きすぎて、病気再発の症状があちこちに出ている。
  ・朝、起きられない、
  ・起きても動けない、
   ・頭の回転が明らかに遅くなっている。
   ・物忘れが激しい(覚えられない)
   ・何より、今すぐに仕事を辞めて、死にたいと考えてしまう等である。
 今日病院に行ったのだが、死にたい衝動がすごくて自分でも危ないと思う。と伝える。
 先生の意見は仕事を休ませてもらう事。
 辞めるのは簡単なので、とにかくしばらく仕事から離れていた方が良いだろうという話だ。
 薬もより強いものに代わり、
  ・朝夕 アーテン、セルシン
  ・夕食後 リーマス4錠
  ・就寝前 アーテン、オランザピン
 という処方に変わった。
 オランザピンを飲むのは初めてだが、調べてみたら、
 気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用があります。
 そのような作用から、本来の適応である統合失調や双極性障害(躁うつ病)に限らず、
 強い不安感や緊張感、さらには抑うつ状態などさまざまな精神症状に応用することがあります。
 という事だった。
(先生もやばいと思ったのだろう、すぐに手を打った。
 強くなった薬で何とか改善してくれるといいのだが・・・)

・非常に体調が良い。
 仕事もそつなくこなし、頭も回るどういう事なのか分からないが、やはり睡眠をちゃんと取っている事が大きいのか?
 この調子で仕事をどんどんこなしていきたいと思う。
(前の記述から何日後の話かわからないけど、薬の影響が少しあるのか?
 仕事が楽な時期になったのか? 少しだけ安心したけど、不安は残る。)

・今日は若干体調が悪く、仕事な何もできないで時間だけが過ぎてしまった。
 勿体無い事をしてしまったと思うが、起きていられないのだから仕方ない。

・非常に落ち着いている
 むしろ気持ちよく生活、仕事をさせてもらっている。
 先日まで辞めよう、死のうと思っていたとは思えない。
 要は心の持ちようなのか。

・とても安定していて、時間がゆっくりと流れる

・とても安定している、この前のくらい気持ちはなんだったんだ?
(やはり薬なのだろうか? ギリギリ救われたのか? でもコップの水はいつも溢れそうだという状態なのだと自覚して、仕事をコントロール出来るようにならないと自滅すると思う。 断れる性格になろう。)