僕とうつ&統失 闘病記 2019.09.12 生きたくてもそれが叶わない人に会いに行く その3 会ってきました

歳が近い親戚の体調が悪いと聞きました。
不治の病で、もう手の施しようが無い状態。
明日亡くなるかもしれないし、半年後も生きられているかもしれない。
そういうギリギリの所で生きている人です。

先日の台風で千葉県は大規模停電になりました。
そのおかげで病院内は真っ暗、エアコンも止まり、かなり暑い病室で窓だけを開け、奥さんが一日中うちわで仰いであげるという状態。
電池式の扇風機は買い占められ、どこも売っていませんし、時期的にもう取り扱っていない店しか有りませんでした。

問題は暑さではなく、タンの吸引器が使えない事。
常にタンが絡み、肺に少し入ってしまっているといいます。
肺炎になったら、恐らく助かりません。
いつ肺炎になってもおかしくないという状態なので、僕一人昨日会いに行ってきました。

街中が停電していて、信号機は真っ暗で、譲り合いの精神で交差点を車が行き交う。
コンビニも全店閉店。
ガソリンスタンドもやっていないゴーストタウン。
怖くなりました。
こんな町で医療を受けているのかと。

病院に到着し、病棟に入ろうとすると、救急車で出ていく人達の姿が。
熱中症で亡くなっている方が出ているとニュースでやっていますが、体力の無い人から亡くなていきます。
この日だけでも救急車を10台見ました。
みなサイレンを鳴らし、ここから2時間はかかる隣の県の病院名の救急車が、走って病院にお年寄りを乗せて移動していたりする。
千葉県中がギリギリの生活を強いられています。

病棟に入って驚きました。
真っ暗なのです。
ロビーやナースステーションはカンテラで僅かに明るいのですが、階段は真っ暗(エレベーターは当然使えない)
階段の踊り場で食事を作っていると聞きました。
水も電気も無いのにどうやって食事を作っているのか想像もできません。
階段は最初の1段目から分からないほどの暗さで、スマホのライトを点けてゆっくり登りました。

病室に入るのがちょっと怖かった。
どういう状態か目にする事、変わり果てているのではないかという気持ち。
ショッキングな絵が入ってきましたが、何とか僕が来たことは分かってくれている様子を少しだけ見せてくれました。

暑さ対策は電池式扇風機がダメなので、考えたのですが、冷えピタ系のヒンヤリする湿布のような物を大量に購入し持ってきていました。
それを脇の下と内股に貼ってあげると、動かせる左手でOKのマークをしてくれました。

コミュニケーションは一切取れませんでしたが、奥さんと色々と話しをしながら2人でうちわで仰ぐ事1時間半くらいか。
あまり長居するものでもないから、帰ってきたのですが、当たり前のように生きようとしているんですよね。
自分はすぐに死ぬことを考えてしまうのに。
なんて強い人なんだ。
もう本当に最後の最後まで来ていると言ってもいい状態なのに、力強く手を握り返してきた。
自分は何なんだろう?
一緒に頑張ろうと力を振り絞ろうとせず。
自分の情けなさに落ち込む事にもならず。
昨日からただ、あの人の生きようとする姿を考え続けています。
命って何なんだ?
人は何のために生まれてくるのか?
考えているような、何も考えられないような、時間が止まってしまっています。

次回は3日後に両親と3人で会いに行ってきます。
電気が1日も早く復旧し、あのタンを吸引してほしい。
本当にこのままでは、、、そういう状態です。