道草小噺 時間管理アプリ、試してます

前にちらっと書きましたが、自己管理が出来ていません。
何時に寝る、
何時に起きるに始まり、
何をどれだけやって、次の事に切り替えるか。
まったく出来とりやせん。

寝る時間は結構守れているかな。
深夜2時には寝ますが、24時には寝たいところですよね。
起床時間がダメダメで自然に目が覚める時間まで眠ってしまう。
目覚ましを切っている事が一番の理由ですが、身体が重くて目覚ましが鳴っても動けなくて苦痛を味わう事を嫌ってしまっているのです。
自然に目が冷めた方が、すっと動き出せるような気がします。
でも早く起きないとだめですよね。

そしてここからが本題。
時間管理アプリなるものを初めてインストールしてみました。
何分間作業するか?
何分休憩するか?
それを何回繰り返すか?
を設定出来ます。

50分作業して10分休むという設定にしてみたのですが、ユーチューブや調べ物をしていたら残り20分になっていて、そこからブログ書き込み開始。
タイマーの意味無いよね。
やるからには設定した時間を守らないと。
残り20分ですからタイマーが鳴り、休憩をスキップというボタンを押して50分追加です。
この50分でブログ書きは終了にします。
結構忙しいぞ。

要領よく行動するトレーニングになりそうです。
僕の場合、好きなことをいくらでもやってしまう癖があるので、仕切ってくれるのは助かります。

体調も少し良くなったので、音楽をまた再開したいと思います。
これも50分作業、10分休憩でやってみるつもり。
どうせ集中力が続かないのですから、50分は妥当。
45分作業、15分休憩になるかもですが、とりあえず感覚を掴んでみますね。

10分の休憩にトイレやコーヒー淹れをやったりするわけで、結構いい感じに忙しくなりそうです。
ちょっと試してみてまだまだ体調的に無理そうなアプリだと思ったら、即消しますけど、何でもやってみる事は良いと思います。
やらないよりはずっとマシ。
それを言い訳で何かのせいにするよりずっとマシ。
とにかくやってみる。
明らかに無理なのは体調もあるので、やりませんが出来そうだと思ったこと、やりたい事、やるべきな事はやっていきたいですね。

で、時間の管理が出来ないから、タイマーアプリが必要なのですね。
複数の事を同時にできないので、効率よく、次、次と切り替えるようにしないとね。
次、次って言っても、一日2つの事もできるか怪しいのだけど。
ま、その後のアプリさんと数日過ごしたのですが、いい感じです。
タイマーをスタートさせる時に任天堂SwitchのCMで流れるカチッっていう効果音に似たものがなるのですが、それが気持ちいい。
まさにスイッチを入れる感じで気持ちが切り替わる。

ブルーに統一された画面も集中力を高めてくれていい感じです。
時間が来ると教えてくれる効果音は、牧場の牛の首に付いているような、低めのカランカランというベルの音。
古い喫茶店のドアを開ける時に聞こえるベルの音を低くしたような感じです。
この音も気に入ってます。

50分の作業時間というは短く感じるのですが、ベルが鳴ったら10分休憩は必ずとるようにして、目も休めることに。
10分何もしないって結構長く感じるのですが、トイレに行って、ちょっとニュースをチェックしたりして、あまり目を休めていないというね。
でもダラダラとニュースを読むことは無いですし、休憩終わりのベルが鳴ったら、また集中して作業に戻るので、メリハリが出たように感じます。

作業も急ぐようになってきたし、いい感じですね。
スマホのバッテリーの減りがかなり早くなるのはしょうが無いことかな。
上手に時間を使っていこうと思います。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。