僕とうつ&統失 闘病記 2016.06 どんどん自責する

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・身体が重く、今日も出勤する事が出来ていない。
 月曜にちょっと顔を出したくらいで、あとは毎日休み
 お店はたまたま暇だというし、仕込みも無いようだったけど、自責の念は消えない。
 明日は姉に用事があるので、僕が朝から出勤する事になるが、動く事が出来るだろうか?

・母に病院に連れて行こうか?と言われるが、それを言うのをやめてくれと言う。
 追い込ませているだけだと分からないのか?
 溝は埋まらない。
(病院にずっと行かないから心配をしているんだし、運転も辛いだろうからと声をかけてくれているのは分かるでしょう? 病気の話には触れないで欲しいだろうけど、乗せていってもらってでも病院には行くべきです。)

・身体が重くて、仕事に出る事が出来ない。
 母、姉、姪っ子には悪いが、仕事に行く事は出来なかった。

・身体が怠い。
 姉から仕込みの方法に自信が無いと母が言っているから来てくれないか?と言われるが、無理だと答える
 申し訳ないが火力を調節して くらいしか言えないので、断った。
 後はひたすら眠った。
(正直、商売の事よりも自分の事で精一杯。 自分を責めてもしょうが無いから静養する事に専念するでいいんだと思う。)

・仕事に行って、手伝いたいとは思うのだが、身体が動かない。
 母は毎朝7時には家を出て、夜7時8時に帰宅する。
 僕が行けば、6時には帰ってこれるだろう。
 申し訳ない気持ちもあるが、しんどくて辛くて苦しく、家で安静にしていたいという気持ちもある。
 先生はやるだけやって悪化する方が、気持ち的には楽なはずと言ってくれたのだが、動けないので、仕方がない。
(母も僕の体調が悪化した時の事も考えて仕事を初めたはず、安静にしていても良いんじゃないかな。)

・体調は悪い。
 10のうち3くらいだろう。
 起きていることができなくて一日中横になって過ごす。
 途中買ってきた甘味を食べて過ごす体重がかなり増えるだろうと思う。
 自分が情けないし、大嫌いである。
(この時期の食べているものを見るとかなり甘いものを食べている。
 糖尿になってしまわないか心配です。
 現在もかなり食事制限をしているけど、何とか糖尿にならないで済んでいる。 甘い物に逃げると楽になれるけど、別の病気になったらしょうが無い。 自分の健康のことをもっと考えて。)

・身体が重いが、無理をして仕事に出る。
 この無理を続けると体調はどうなるのか?
 筋肉がつくように、鍛えられて、毎日仕事に出れるようになるのか?
 それともまた病気が悪化して、深刻な問題になるのか?
 とにかくやってみるしかない。
 部屋の中にいるだけでは、何も進展しないからである。
(鍛えられて毎日仕事に出られるようになるか? なりません。
 脳の中の信号が鍛えられる事はない。 信号の行き来が上手くいくようになる事もあるでしょうけど、無理をしているとあるので、ストレス、負荷になっていることをやっているわけですから、悪化しか待っていないと思う。)