僕とうつ&統失 闘病記 2015.10 ほぼ仕事に出られない。自己嫌悪ばかりで何も良いことが無い

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・体が重くて14時に仕事に行くまでずっと横になって過ごす。
 体が重いとか、つらいとか、死にたいとかは、
 家族にも言わないようにしているが、
 話をしても仕事に出ないといけない事には変わりないので、
 誰にも話はしないようにしている。
 正直に近況報告をした方がいいのかな。
(何でも話せるならばそれが良いのかもしれない。
 でも死にたいは言わない方がいいかも)

・体が重いが昨日ドタキャンで休んでしまったので、
 今日は仕事に出ないといけないという気持ちが強い。
 ランチ後の仕込みをしていて、ある程度の所まで終わらせたが、
 その後の所になっても母が帰っていいと言ってくれなく、
 渋々仕事をする。
 明らかに疲れている事を分かっているのに、なぜ帰らせてくれないのか?
 という苛立ちと、時間がかかりすぎる仕込みに苛立つ。
(母だって疲れているし、皆が疲れている。 仕事に出たからには早めに帰ることを当たり前と思わず、頑張ってこれるといいね)

・夕方からいつものように体調が良くなり、
 溜まっていたパソコン作業をこなす。
 朝から動けるのが理想だが、こればかりはどうしよもない。
(夕方になると動けるようになるのはどうしてなのだろう?
 朝から動きたいと思っているだけでも考えないよりはいいはず
 体調が良い日は朝から動けばいいと思うし、動けない日は休むことでいいと思う。)

・一日中体が重くて、横になって過ごす。
 寝ているか食べているかの生活なので、痩せるわけがない。
 自己嫌悪に陥る。
 (自己嫌悪してばかり。 だったらどうしたらいいか考えよう
  変わりたかったら行動に出るしかない。
  だれも自分を変えることは出来ない、やるのは自分)

・今日も一日中眠って過ごしてしまった。
 午後からは目が覚めてもいいはず。
 睡眠不足とか昼夜逆転とか関係なく、
 病気の影響で起きていられないという事が正しいのか?
 今週は一度も出勤していないので、罪悪感がつのる。
(仕事の事は分けて考えるようにしてもいいかもしれない
 今週は休んで来週から頑張ってみるとか、1日1日で出来たできなかったと自分を追い込んでしまっているような感じがあるから、少し休みの期間を眺めに取って、翌週頭から気持ちを切り替えて頑張るというのはどうだろう)

・体が重かったのだが、姪っ子が熱を出してしまったというので、
 急遽出勤することになった。
 毎週のように姉の子供が体調を崩して、その代わりに
 自分が出勤しないいけない状態が辛い。
(子供が体調を崩すのはしょうが無い事。 誰が悪いわけじゃないけど、
 そういう時は強制的に駆り出されるようで、すごく辛いよね。
 店の事も大切なんだけど、無理して出勤して何も体調に良いことは無い事も考えておこう。 勢いがついて行けるようになるなどという考えは甘い。
 無理をしたらその何倍も休みが必要になる。 母と姉にはそれを言っておく必要があると思う。)

・昼夜逆転の生活をしているので夜眠れない。
 眠れても何度も夜中に目が覚める。
 眠りの質が悪いような気がする。
 なるべく昼間眠らないようにして、夜一気に眠るようにしたい。
 また、0時には眠るようになりたい。
(今は21時に眠って3時に起きるようにしているけど、いい感じだよ。
 3時も深夜だから静かで1日がゆっくり始まる感じで、自分に合っている。
 早寝早起き過ぎるけど、自分のペースを見つけた感じ。)

・今日は朝から動くことができ、落ち着いて仕事することができた。
 毎日こういう状態で過ごせると良いのだが、、、

・体が重いという事はないのだが、昼間眠くて横になってしまった。
 仕事に行けないときは床に頭を叩き付ける事をしていると
 ブログに書いたら、読者からそれはやめてとコメントがあった。
(自分の身体が思ったように動かせない苛立ち、この頭がおかしくなってしまったから人生が狂ってしまった。その気持はわかるけど、自分を受け入れよう。 失ったものはもう戻ってこない。 別の人生をスタートさせるつもりで別人にでもなるつもりで、自傷行為のような事はやっても何も改善しない)

・体が重くて起きていられない。
 先月婆ちゃんと行った旅行の写真を現像してこないといけないのだが、
 出かける事が出来ない。
 自己嫌悪でいっぱいになる。

・今日も一日横なって過ごしてしまった。
 今週は仕事に出てないし、何の役にも立ってない。
 情けない、死にたい。
(自己嫌悪、自殺願望が大変だよね。 でもそこは踏ん張って自分を責めないようにしてほしい。 何も良いことないから。 今は休む時なのでは?)

・今日も一日眠って過ごしてしまった。
 母が早めに帰宅したので、1階に降りて話をする。
 夕食の時間以外に1階に降りれたのだから、
 多少体調が良くなったのだろう。
 姉と姪っ子が風邪気味だというので、
 明日は出勤することになるかもしれない。
 出勤できるだろうか?

・出勤はできなかったが、まずまずの状態。
 気持ちが高まっているのだろう。
 保険屋さんが保険の変更で来店するので出勤しないといけないし、
 明後日はは店の1周年なので、これまた出勤したい。
 なんとか体調回復が間に合うだろうか?

・朝少し身体が重かったが、今日は姉に用事があったので、
 少し無理して仕事に出る。
 お店に着いてからは、体が動いた。
 明日も仕込みがあるので、早寝早起きを心がけるようにしたい。

・仕事に出る事が出来なかった。
 今日は仕込みがあるので、出勤しないといけなかったのだが、
 体が重く立つことが出来なかたので、メールで出勤できないと伝える。
 母は大丈夫だよと返信してきたが、帰宅時に声を書けたら、
 疲れている様子だった。
 それがまたプレッシャーになってしまう悪循環に陥りそうな気がする。
 明日は出てこれるか?と聞かれたので、出るとは言ったが、
 明日になってみないとどうなるかは分からない。
(全員が疲れてしまっている。 自分のせいで。 でも自分のせいではない。 全部病気のせいにして、自分は無罪だと思うようにしよう。
 病気になったのだって、真面目に働き続けたから。
 怠け者だったらこの病気にはなっていない。 すべて病気のせい)

・体が重くて、一日中眠って過ごしてしまった。
 お店は今日もお客さんがたくさん来てくれてようで、
 在庫がすっかり無くなってしまったという。
 母が帰宅したのが21時なので、仕込みを一人でやってきたのだろう。
 何もしてやれない、役立たずな自分を情けなく思う。

・姪っ子が発熱したとメールがあったので、仕事に出るつもりだったが、
 体が重くて出勤できなかった。
 姪っ子は店で眠らせておいて、その間姉は仕事をしたようだ。
 姪っ子が入院する事になった時も、僕が仕事に出られなかったので、
 可哀想な事をしてしまった。
 今回こそはと思ったが、体がついてこないのだから、
 どうしようもなかった。
 情けない。
(姪っ子も姉にも申し訳ないが、動けないのだからしょうがない
 恩返しはずっと後になるけど、そこでしよう)

僕とうつ&統失 闘病記 2015.05 ギリギリ出勤はする

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・7時半に家を出て、8時から一人仕込みをする。
 早めに仕込みが終わり、早めに帰る事が出来、体も楽だった。
 明日からまた日曜だけが休みの生活が始まるが、体は動くだろうか?
 自分の身体だと言うのに、その日になってみないと、
 どうなるか分からないのだから情けない。
(週6日働くことがどれほど厳しいかよく分かります。
 現在も6日は働けていない事を考えると、この頃はかなり頑張ったよね。
 早朝出勤なんて今は出来ないから、逆に今の方が体調が悪いくらいです。)

・朝、体が重く、仕事を休むか迷うが、何とか出勤する。
 出勤してからは体がジョジョに軽くなり、
 問題なく仕事をこなすことができた。
 良い時悪い時の波が来ると疲れ切ってしまうので、
 平均して上々っていうようになってほしいものだ。
(何事もやるまでが辛くて、出かけてしまったり始まってしまったりすると、身体が軽くなるのは今も一緒です。 でもこれをやると反動が来るのも分かってきていて、それって無理をして動いているという事なんだと思う。)

・朝体が重くて出勤できない。
 休ませてくれとは思わなかったが、開店30分前の10時半に
 到着するような時間まで動かない事にした。
 この間母は僕の分の仕込みもやってくれているわけで、
 罪悪感を感じる。
(自分が働かない分を母が無理してフォローをする。
 母も若くはないわけで、そういう母に仕事を押し付けて
 横になっている事を恥ずかしく思う。 でも動けないのだから
しょうが無いという気持ちも分かる。 体調の良い日が一日でも多くなるように願います。)

・朝目覚めると体は軽く母の部屋に行き、
 今日は問題なく出勤できると言ったのだが、
 出勤時間が近づくとどんどん体が重くなっていき、
 結局仕事に行くことができなかった。

・薬が効いているのか、ふらつきは無くなり、
 頭も少し回るような感じがする。
 午前中にカラートリートメントをする事もできたし、
 気力が少し戻ってきたように思う。
(動ける日は動ける。
 このギャップが大きすぎて自分の身体をコントロールできないよね。
 気力がある日もあまり無理しないでホドホドにしておくことが大切です)

僕とうつ&統失 闘病記 2011.07 どうしても眠ってしまう事の良し悪し

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・姉が来て母と自殺をした人の話をしていた。
 事故や殺人で亡くなった人よりも、弟は自分の意思で死んだのだから、
 まだ遺族は気持ちが救われると話していた。
 僕が死んだとしても同じ事を言ってくれるだろうか?
 死ねるならすぐにでも死にたい気持ちは、今も変わっていない。
 パク・ヨンハの自殺の話も出たが、遺書が残ってなかったと話していた。
 遺書を残さず自殺してもいいのかもなと考えてしまった。
(自殺した人の話をするのは、お互いの傷を労っているから。 死んで良いというわけではないよ。 遺書は書いたほうが良いけど、だからと言って死んでしまってよいという意味ではない。)

・昨晩は横になったらすぐに寝付け、楽だった。
 しかし、今日の日中も眠くてほとんど寝ていたので、
 今晩すぐに眠れるかは微妙。
 昼夜逆転の生活を何とかして直したいが、どうしても昼間眠くて寝てしまう。
 なんとかしなければ。
 愛犬の散歩が夏になったので6時頃に行かないといけない。
 早起きするようになってきているが、1日が物凄く長くなり
 起きていられない。
 そうなると日中寝てしまう。
 どうしたものか。

・今日も身体が重い。
 電機屋に行く用事は何とかこなせたが、その後また横になってしまって
 寝てしまった。
(どうしても日中眠ってしまうようだね。 薬の影響なんだろうけど、もうねてしまっても良いのかもしれない。 夜眠れなくなるのは問題だけれども、睡眠薬を処方してもらうようにして、頑張らない生活をするようにしてもいいかと思う。)

・日中にまた沢山寝てしまい、今夜も眠れないような気がする。
 昨晩はいい加減に寝ないと朝になってしまうので、
 酒を飲んで強引に眠った。
 腕がザワザワする症状は消えないので、
 原因になっていると思われる薬だけ飲まないようにしようかと思っている。
 死ぬ事も少し考えてしまって、あまり良い一日とは言えなかった。
(酒は薬に影響するから飲まないようにしたほうが良い。 薬に逃げているようでそれも問題。)

・自分が死んだら、残された人たちはどうなるのか?を横になりながら考える。
 答えは出ないのだが、今日の結論では死なないで頑張ろうという事になる。

・今日は比較的調子が良いが、食事を大量に食べてしまう。
 ラーメンを食べるのは止めたほうがいいのだが、まだ大量に残っているし、
 我慢できずに食べてしまう。

・姉が一人でやって来て、弟に線香をあげていた。
 身体が重いから下に行くつもりは無かったのだけど、
 ちょうど母が帰ってきたので1階に降りる。
 姉は少し泣いていたようだ。
 父は今日が弟の月命日だからと、スイーツを買ってきていた。
 母も涙声になって泣き出すし、父も一人の時泣いていると言っている。
 なのに僕は全く涙が出なくなってしまった。
 まだ弟が自ら命を絶つなんて信じられないからだろうか?
 何度も弟は夢に出てくるがいつも笑っていて、
 もう会えないとは思えないのだ。
(自分が薄情なのかと考えてしまったよね。 感情の起伏に乏しくて、考える力が弱っているから、家族よりも悲しむ反応が遅れているのだと思う。 冷たい人間というわけではないから大丈夫です。)

・日中眠っているのか、起きているのか、分からない微妙な時間がある。
 全部起きている時間にしたいとは思うのだが、すぐに横になってしまう。
 なんとかそれを止めたいが、どうしても身体が重く横になってしまう。

・昨晩寝たのも遅いし、朝早起きしたし、寝ないからか、
 眠くて少しボーとしていたら婆ちゃんに
 「Masaは具合悪いのか?」と言われてしまった。
 良く観察しているとドキっとした。
 皆で集まっている時に疲れたような様子を見せてしまった事に反省した。
 伯父がやって来て社会復帰の話になった。
 「Masaはやれる範囲で少しずつステップアップしていけばいいから」
 と言ってくれて嬉しかった。
 母が後で「プレッシャーになってないか心配だ」と言ってきたが
 「8年間も闘病していて無職を続けている男を
  気遣ってくれているのだからありがたい話だと思っている」
 と答えた。
(婆ちゃんに僕の病気の話はしてあるのか?それはは分からないけど、何となく感じ取っているとは思う。 高齢のばあちゃんに心配をかけてしまって、申し訳ないと思う。 本当ならば婆ちゃん孝行をしたいのだけどね。)

・電機屋に行き、TSUTAYAでカードを更新し、郵便局に行き
 友人の披露宴招待状の返信ハガキを出してきた。
 今日頑張ってしまったので、明日は体調が悪くなる可能性が高い。
 明日は愛犬のドッグフードを買ってこなければならない。
 お決まりで新しい無線LANが繋がらないのでイライラしている。
(無線LAN接続のような複雑な事はやらないようにして、脳を休ませてあげたほうが良いのだけど、家族の中で自分以外に出来る人がいないからしょうがない。 今はだいぶ簡単になったようなので、次回は大丈夫だろう。)

・筋トレをやるようになってから、
 腕がムズムズして眠れないという事が無くなる。
 身体が疲れているのですぐに眠ってしまうからかもしれない。
 その代わり日中も疲れが残っていて昼寝をしてしまう。
 良いんだか悪いんだか・・・・

・最近は死にたいと思わない生活が続いている。
 伯父から有難い言葉をもらったからのような気がする。

・日中ずっと冷房の効いた部屋で横になって寝ていた。
 昨日で薬を全部飲んでしまうので、今日病院に行くつもりだったのだが、
 愛犬の散歩以外に出ていない。

・病院に行ってきた。
 先生に良いときと悪い時の波がけっこうあるよねと言われる。
 躁うつ病の薬を出しますと言われ、押し切られてしまった。
 躁うつ病ではないと思うが、大丈夫だろうか?
 朝食後:セレネース3mg、アキネトン1mg、セルシン2mg
 夕食後:セレネース3mg、アキネトン1mg、セルシン2mg
 就寝前:りーマス200mg
 今回新しく処方されたのがりーマスです。
 ネットで調べたら、
 一般的な抗うつ薬が効かない「うつ病」などに応用されることがあります。
 とか
 体の水分が減ると中毒を起こしやすくなります。
 ふだんから十分に水分をとるようにしてください。
 激しい嘔吐や下痢、発汗は、脱水を起こし中毒症状の引き金になります。
 夏の高温、激しい運動、高温所での作業、入浴、発熱時なども要注意です。
 さらに、減塩や減量(ダイエット)も中毒の要因となります。
 規則正しい食生活を守ることが大切です。
 とか書かれてます。
 副作用は
 リチウム中毒、手のふるえ、吐き気、めまい、言葉のもつれ、
 下痢、発熱、発汗、うとうと状態、取り乱す、異常な動作
 徐脈..脈が異常に少なくなる(50/分以下)
 腎性尿崩症..のどが異常に渇く、水をガブ飲み、尿が異常に多い
 痴呆様症状(可逆性)、意識障害..ボーッとする、反応が乏しい、
 意識がうすれる 
 などとあります。
 大丈夫かなぁ・・・・
(必要以上に薬のことを調べてしまったようだね。 不安になるだけです。 効能を調べたら、それ以上は読まないことが大切かと思う。)

・昨晩は良く眠れた、新しい薬のせいだろうか?
 効果がでるまで2週間かかると言っていたから、ちがうと思うが。

・調子良く生活できた。
 昼夜はPCでの細かい作業を行う事ができた。
 普段だったら、日中ずっと寝ているのに、今日は一睡もしなかった。
 何か興味がある事で毎日続けられるような事が出来るといいのだが・・・・

・一日中横になって過ごす。
 それでも夕食だけはしっかり食べてしまって、また太るなぁと思った。

・ダイエットのために朝食を抜いた。
 なので今日はフラフラしている。
 身体は動き、愛犬の散歩で遠回りコースを歩く事ができた。

・愛犬の体調を考え、病院に連れて行かないといけないのだが、
 もう数日行く事が出来ていない。
 愛犬には申し訳ない。
 飼い主失格である。
(犬をまた飼いたいと思うこともあるけれど、こういう事を思い出すと無理だなと結論付けるしか無いよね。 生き物は何も言えないのだから、可哀想過ぎる。 虐待に近いと思う。)

・暑くて何もする気になれない。
 エアコンは節電の為になるべくつけないようにしたいのだ。
 身体は汗でベタツキ、不快である。
 最近は気温が低く30℃以上にいかないが、それでも十分に暑い。

・朝食を食べていないので、フラフラである。
 痩せるには食べないのが一番だと思っているから、これもしょうがない。
 愛犬の散歩と、友人の披露宴で着ていくスーツ、この2つの事を考えると
 気分が重くなる。
 冷静に考えれば何てことない物なのに、どうしてこう身体が重くなるのか。

・愛犬を病院に連れて行く事ができた。
 疲れたが、充実感もある。

・一日中寝て過ごす。
 前よりは少し起きいている時間が増えたが、依然日中6時間は寝ている。
 新しい薬が効いているのか、昼寝をしても腕がワナワナすることはなく、
 すぐに眠れるので助かる。
 しかしだからといって寝てばかりで良いわけが無い。
 PCでの作業は疲れるので、やらない日がほとんどだ。
(眠い、体が重いならば、眠ってしまって苦痛と戦わない事でもいいんじゃないかと思う。 消耗することは何も生まない。 病状が悪化するだけです。 自分を労ってあげよう。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。