道草小噺 デザイン苦労話

僕は絵の才能は無い。
美術館に行っていい絵かイマイチな絵かは判断できていると思います。
それが当たっているかは分からないし、美術に正解はないから、僕の中での良い悪いの判断基準があるという事でだけですね。

絵ですが全く描く事が出来ない。
写生は出来るけど、人物画などはかけないだろうし、あれを書こうと何かお題が出ても全く描けない。

ただ、ソフトを使ってフライヤーや名刺などのデザインならば何とか作れるかな?というレベル。
美術の学校を出たわけではないし、誰に教わったわけでもありません。
父方が美術が得意な家系で、それを僕も少しだけ受け継いているのでしょう。
本能の赴くままに、こうした方が美しいとか、見やすいとか、印象が良いとか、そういうバランス感覚だけで作っている。

さて、先日母にショップカードはいつ完成するのか?と言われてしまいました。
わ、忘れてた・・・
後回しにしてた・・・
に、2週間で作るよ!
い、言ってしまった。
他の仕事も入って来る事になっているし、これはヤヴァいですぞ。
寝る間も無く、、、って寝すぎなんだけど、気合入れて作業せねば。
ソフトを熟知しているプロの方ならば各1日ずつもあればつくれてしまうような内容なのですが、僕は時間がかなりかかる。
動ける日は限られているし、動けても集中力が続くのは僅かな時間。
2週間ってとっさに言ったけど、まずかったか・・・
相手を怒らせない最長、、、が2週間だととっさに考えての発言だったけど、これは本当にしんどいひと月になりそうです。

美大とか出てたら違かったのかな?
せめてソフトを使いこなせるようになっていたら、とか、
病気じゃなかったら、とか、
考えちゃうよね。

でもそんなに迷っているようでは良い物は作れませんから、
思いっきり行きます!
ただのショップカード。
それも身内からの依頼。
売上に影響するかもしれない物だから、どうでも良いってわけには行かないけれど、やるしかないよね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。