道草小噺 ラジオは聞かないんですか?

今ラジオはネットで聴く時代ですよね。
関東に住んでいるので、東京の主要チェンネルは全て聞けます。
有料にすれば全国のラジオが聞けます。

時間も1週間前まで遡って、好きな番組の好きな時間から再生する事も繰り返し聞くこともできます。
便利になりました。
ラジオはネット化する事で息を吹き返したなという感じも受けます。

もう電波の入りが悪いからラジカセのアンテナの角度を変えたりする必要もなく、常にクリアないい音で安定して聞ける。
ネット化する時は、全国のラジオが聞けるようになってしまうことや、広告の問題(契約したエリアを超えて聞かれてしまうから)などもありましたが、むしろリスナーには選ぶ楽しみが増えたし、何時にラジオの電源を入れて聞き耳を立てて聞く必要がなくなるわけです。(いつでも何回でも聞けるから)

自分の自由に使える時間帯にぴったりお気に入りの番組が放送されているという事の方が珍しいので、リスナーへの恩恵は計り知れないでしょう。

バイトに出ると、母と姉は伊集院光のラジオを聞いています。
僕のバイト中はそれを聞くことになるのですが、面白いんだよね。
表情も見えない、話しているテーマに関する映像も見えない、そしてテレビならではのテロップに頼れないわけで、ラジオで食っている人は喋りだけでリスナーを飽きさせず、惹きつけて、その後の展開を聞きたくさせる。
職人芸ですよもはや。

テレビはテロップや笑い声で誤魔化していますが、あれを取り除いたらお通夜のような番組ばかりになると思う。
ラジオパーソナリティーに比べたら、話術レベルの低いこと。
ラジオって凄いんだなと感じる今日このごろであります。

家にいる時はラジオ聞かないんだけどね。
音楽聴かないといけないから。
でもラジオは凄いと思う。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。