僕とうつ&統失 闘病記 2020.09.01 社会復帰が恐ろしい

本格的に社会復帰をしようという流れですが、まだ何も始まっていません。
でも既に精神的に辛くなってきていて苦しいのです。

始まってもいないのに嫌な緊張感があって、気持ちが落ち着ける時間がありません。
何も行動に出ないという選択肢はもう無いのか?
行動するのは辛いだけなのではないか?
また体調が悪化した時はどうするのか?
努力もしないで、幸せが手に入るわけないのは分かっている。
でも行動を起こすという事は、これから苦しみ続けるという事じゃないのか?

すぐに弱音を吐いてしまう事が情けない。
でも自分の体調は自分しか分からないことだから、行動して体調が悪くなっても自己責任。
駄目になって、また何もできなくなっても、周りは背中を押して悪かったなどとは思わない。僕が勝手に自滅したと思い、僕の事を弱い人間、使えない人間だと思うだけになる。

周りから言われたから行動に出る では駄目になるに決まってるよね。
自分の体調と向き合って、頭の中を整理して、本当にできるのか?走れるのか?をじっくり感じている時間は無いのだろうか?
性格的な事なのか、ビビっているだけなのか、確実に体調が良くなってから行動したいと考えてしまう事は、結局マイナスなのだろうか?

周りは体調が悪化する苦しさは理解できないだろう。
年単位で後退する事の恐ろしさも理解できないだろう。
だからそろそろ動いたら?と話をふってくる。
それを有り難いと感じるし、同時にもう全てから逃げ出したいとも思う。

頭の中がグルグルして何も考えられないようになっている。
どんなに深呼吸しても息が苦しい。
良くない兆候だ。
もう辛くて死にたい。
死ぬしかないのではないか?

体調の浮き沈みがあるのは分かる。
でも今回の社会復帰の話は、悪い波ではない。
常に責任やプレッシャーが付いて回る。
常に悪い波の中にいるようになって、そこから這い上がる為に努力を続ける事になる。
もう辛い事には関わりたくない。
逃げ出したい。
死んで楽になりたい。