僕とうつ&統失 闘病記 2018.12.20 それでもふた月前から比べたら

一日中眠って過ごす。
もう何日この生活を繰り返しているのか?
ダメだとわかっていても起き上がれないし、横になって心を落ち着かせようとする事を試してばかりで時間が過ぎる。
起きているような眠っているような時間帯が続き、何か考えたかというと何も考えられていない。

記憶も曖昧で、文字通り何をしていたか分からない1日。
こんな感じで良いわけがないけれど、目で見ている映像にARで絵が重なるように色々と浮かんでくる。
入院前のひどい時はそれが1秒毎にグチャグチャにチャンネルが切り替わる感じだったが、今は5秒に1回くらいの切り替わりで、映像も血のような赤が多かった頃に比べて、モノクロのように落ち着いた色になったように感じる。
これでも随分と楽。

寝ぼけていて起きているかも分からないという事ではない。
確実に起きているが頭がやはりどこかおかしい。
しっかり起き上がって、座禅でも組むように頭の中を観察すると分かるのだけど、一つの事を考え続ける事が相変わらず出来ない。

それ自体はさほど苦しくはない。
苦しくないと言うのは、1秒で目も耳も頭の中も切り替わっていくのに比べたら苦しくないと言うだけであって、無害ではない。
指を刃物で切りつける映像が浮かび、実際の手に痛みが走る現象はあれ以来起きていないし、少しずつだが脳が休まってきたのかもしれない。

でも何日も何も考えられず、こうしようという案が一つすら出てこない程何も考えられないのは、色々と問題なのかもしれない。

明日は、病院の日なので、色々と話を先生にしてみようと思う。