僕とうつ&統失 闘病記 2007.07 落ち込み気味なひと月

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・落ち着いている。
この調子でいきたい。

・昼間眠ってしまったが、気持ちは落ち着いていた。
薬があと1週間分しかないので、今度こそ早めに病院に行くようにしたい。
(もう何回切れる前に病院に行くって宣言していて行かないパターンを繰り返してきたか。 行かないといけないのは思っているけれども、行けないんだよね。)

・昼間眠ってしまった。
夕方から元気になり、計算表の修正をすることができた。
なるべく早起きをして、朝から活動できるようになりたい。

・入力文字が変換できない問題を一日中調べたのだが、集中力が続かない。
いつものように、夜になって元気になる。
一日中集中力が続くようになりたい。
(集中力が続かないのは辛いよね。 その内良くなるから、やれる事をやろう。)

・ジムに通うために家を出るが、近くに行くと体が重くなってしまい、近くのスーパーの屋上駐車場で眠る
寝ていて目が赤いので、帰ってきてからすぐに愛犬の散歩にいって、ごまかす。
ジムに行けと両親、妻の両方から言われ、ノルマのようになっていて、体が重くなってしまったようだ。
(体を動かした方が病気に良いだろうと言うのは分かるのだけど、そう簡単に動く事は出来ないんだよね。 周りは良かれと思って言っているのだろうけど。)

・道路に飛び出して自殺しようとする夢を見る。
駆けつけてきた家族に対して申し訳ないという気持ちは無く、死にきれなかったことへの悔しさだけが残った。
(死にたくなるのだけど、死にたい死んじゃいけないと葛藤していたよね。 ツライよね。)

・日中死ぬことを考えて過ごす。
病院で仕事の話をされることを考えていた。
先生は自分の状態を見て仕事ができると判断しているようだが、実際の状態とギャップを感じる。
その事を先生に言うべきか考えている。
(まだ働けないとまだ言っていないんだね。 早く言ってしまった方がいいと思うよ。)

・落ち着いて生活することができた。
うつ病のことをブログで告白するか悩む。

・畦道通信でうつ病の事を公表した。
週1回のペースで病状をお知らせすることにする予定。

・一日を通して安定して生活することができた。

・薬もちゃんと飲んでいるからか、調子が良い。
しかし、ブブ彦の散歩のために外に出かけるのは、エネルギーが必要。
日中に寝てしまうので、眠らないように心がけたい。

・昼間眠ってしまったが、死にたくなることは無く、安定していた。

・今日も安定している。
8時に起き、ごみ捨てと愛犬の散歩に行くことができたし、本屋にも行くことができた。
昼寝もせず、LOST鑑賞ができた。
死にたいと考えることも無く、非常に安定した一日だった。
(充実した1日だったね。 先日死にたくなったのに、今日は動ける。 こう言う感じに振り回されるよね。 体調の良い日を楽しもう。)

・友達が怖くて電話もメールもすることができない。
携帯をソフトバンクに買え、番号とアドレスが変わったと連絡した時に、友達からの返事が無かったので、自分を無視いていると思っているからだ。
妻が友達に連絡をしてくれて、今回は助かったが、友達の旦那さんのお通夜で友達と顔を合わせるのが怖い。
(別にトラブっているわけじゃないのに、友達が怖い。 意味がわからないよね。 当時はすごく怖かった記憶があるけど、何んであんなに怖がったりしたのだろう。)

・友達の旦那さんが亡くなり、お通夜に行ってきた。
友達は泣き崩れていて、目を合わせることができなかった。
自分が自殺したら、残された人たちはこうなるのかと思い、自殺しなくて良かった、これからも自殺はしないように死にたくなる衝動に負けないようにしようと決意を新たにした。
32歳の若さで無くなった旦那さんの事を考えると、命とは何なのかわからなくなった。
もっと生きたくても生きられない人がいるのだと理解し、自分は苦しくても生きなければならないと思った。

今日も畦道通信に来てくれたありがとう。