僕とうつ&統失 闘病記 2018.08 良い日悪い日半々。副業に行けない日も

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・朝起きるのが辛い。
 どうにも身体が重い。

・今日も落ち着いている。
 朝は気力を振り絞ってすぐに起き上がれた。
 この方法は有効かもしれない。
 身体の状態に逆らって、強引に起き上がるのは自分を痛めつけるような行為だが、
 すぐに起き上がれるに越した事はない。

・薬を飲まなくてもやっていけるのではないか?
 実際飲んでいないが、結構頑張れてしまっている。
 たまたま体調の良い波の時なのかもしれないから、楽観視はできないのだけれども、
 このまま行けるならば、必要無いような気がしている。

・1日、働いたが問題なくこなす事が出来た。
 薬は飲んでいないが、動けている。

・今日も体調が良かった。
 仕事は昨日使った機材のメンテナンスと動作確認。
 1時間で終わり、フリーランスで頼まれた制作物の続きをやる。
 帰宅して、あまりに眠いので、5時間くらい眠った。
 生活リズムがまだまだ出来上がっていなく、寝る時間をしっかり決めて、それまでは寝ないようにしたい。

・薬を飲んでいないが、何とかなってしまっている。
 本当に薬が必要なのだろうか?
 自分は寛解したのではないか?と考えるが、大丈夫だろうか?

・今日も薬は飲んでいないが、体調はすこぶる良い。
 帰宅してからは、複数のやりとりや仕事を同時にこなし、休みも取らずに仕事をしている。
 夜更けになって、やっと動画編集などのリラックスタイムを満喫し、リフレッシュしている。

・夜中、目が覚めて部屋を見たら、乱視がひどいような状態になり、
 横になっているのに、グラグラしていて、白いテーブルが黒いトゲで覆われてるのが見えた。
 起き上がれないが、金縛りじゃないし、夢でもない。
 そこに存在するように見えた。
 昔壁にびっしり虫が這っているいるのを見た時と感覚が同じだった。
 薬を飲んでいない事が原因なのか?
 ここのところ体調が良かったので、結構ショックがでかい。

・今日も身体は軽い。
 先日見た幻覚も今日は全く姿を現さず、快適だった。
 薬は飲んでいないが、やっていけるかもしれない。

・やや身体が重く、午後まで横になって過ごす。

・身体が重くて動く事が出来ない。
 今日の副業は体調がすぐれないので休ませてもらうように連絡しようかとギリギリまで迷った。
 出発予定時刻を過ぎてやっと出発する事ができたが、遅刻はする事なく到着し、何とかなった。
 出勤してしまったら、忙しさで身体が重いなどと言っていられず、あっという間に時間が過ぎた。
 帰宅したら、疲れがどっとでて、身体がまた重くなる。

・今日も身体が重いが、なんとか副業に行く。
 やはり薬が必要なのかもしれないが、病院に行く事ができない。
 色々と問題が出て来ているのかもしれない。

・今日は身体が軽い。
 帰宅してじっくり休みたいと思う。

・かなり久しぶりに風邪気味でしんどい。

・副業に行く事が出来なかった。
 朝起きた時から調子が悪く、それでも時間はかかったが身支度を整えた。
 身体が動かないが、何とか駐車場まで行き、車に乗ろうとするが出来ない。
 自販機でジュースを買い、歩いてすぐの神社に行った。
 何故神社に行ったかは分からない。
 祈る事は無かったし、神様に頼んでも病気は治らない事は分かっている。
 ただ大きな石に座って御神木を見上げていた。
 もうこれ以上遅れると遅刻する時間が過ぎ、この日の出勤を諦める。
 トイレに行きたくなって帰るまで、2時間神社にいてあれこれ考えた。
 情けなかった。
 職場に急ぐ人々が歩いて行く姿が見えるし、車に乗り込んで行く人も見えた。
 自分はここで何をしているのか?
 最初はどうしたら出勤できるかを考えたが、それが無理になったら事態の原因を考えた。
 前にコンビニでバイトした時もひと月で急に行けなくなったが、今回も時期が同じだったから、またダメなのか?と考える。
 今日、仕事の日、出勤時間に身体が動かなくなる事は偶然ではないと思っていたが、色々と見えてきた。
 仕事の日はたまたまだったという結論である。
 原因は昨日会った親父だ。
 また無理解と無配慮な事を言われたが、その後韓ドラを観ながらゲラゲラ笑っている様子を見て、
 あぁこの男は何にも考えていないなと。
 随分と病気に理解を示すようになったけれど、それは上辺だけで、中身は何も変わっていないのだと分かってしまった。
 急にフラフラしてきて、吐き気もしてきて、30分運転して帰るのは危険だったけれども、2階の自室で休むのも嫌だった。
 同じ建物にいるのは無理だと思った。
 帰宅して、風呂も入らずにすぐ横になった。
 起きている事は無理だったし、明日も早起きしないといけないから、眠るべきだと思った。
 それで今朝出勤できなかった事に繋がってくる。
 たまったもんじゃない。
 始めたばかりの職場に電話して体調が悪いので休むと伝えたのですが、寝坊して言い訳しているくらいに思われただろう。
 この男は辞めるかもなと思われただろうし、今後出勤しても白い目で見られる事になる。
 親父は仕事に行けなかった事は知らない。
 言ったところでどうせまた失言をする。
 もう何十回もやられた事。
 あの男は直らない。
 仕事にまで影響が出てしまった事は重く考えるべきだろう。
 信用を失ったし、家計はギリギリだ。
 この日発生するはずだった金額が入ってこなくなった事も痛い。
 親父に事の重大さを言ってやりたいが、言い合いになる事は無理解を痛感するだけ。
 あの男は何も考えてないし、すぐに忘れる。
 ダメージを受けるの自分だけである。
 逃げるようでシャクだが、自分を守るために何も言わない。
 そして実家にはしばらく帰らない事に決めた。
 本当にしゃれにならない。
 明日は弟の誕生日だが、線香をあげに行けない事も結構堪える。
 色々な事に影響が出たね、身体的にも、僕の生活にも。
 親父に対して久々に憎しみに近い気持ちになりました。
 それが悲しい。
 一人暮らしをやめて実家に戻るのは、まずいかもしれない。

・副業に先日行けなかったが、今日は問題なく行く事ができた。
 やはり前回は親父の一言と態度で体調が悪化した事が原因だと考えるべきだろう。
 帰りに実家には立ち寄らずに帰宅した。
 一人暮らしの方が生活は厳しいが、気楽で助かる。
 下手に実家に戻れば、病気が悪化する可能性もあるので、慎重に考える必要があるだろう。

・病気を全く感じない1日
 充実していて楽しかった。

・朝から疲れていて、怠い
 帰宅後も何も出来ず横になってしまった。

(薬が切れている状態はマズイ。
 体調が良い日と悪い日が半々くらいに感じるけど、ギリギリの生活だと思う。
 一気に体調崩す可能性もあるから、最低限薬は飲むべき。
 仕事のペースが心配だが、行けない日も出てきて今後が心配です。)