僕とうつ病&統失 闘病記 2014.06 不安でしかない復帰、かなり無理してる、それを誰にも話さない

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・体が少し重い。
 レシピ作りもしんどくて、立っているのが辛い。
 もっと頑張らないといけないのだろう。
 もっと意欲的にならないといけないのだろう。
 でも気持ちとは反対に体は重くなる。
 意欲を出す薬を減らしたことが原因なのだろうか?
(無理しているね。 ガソリンが無いのにアクセルを踏んでも動かないよ。 身体も頭も壊れてしまいそうで心配です。 もっともっととなってしまうのが一見頑張っているようでもあるが、間違っている部分でもあると感じる。 きっと根を詰めすぎなのだろう。 この反動は必ず来るから心配です。)

・6月の病院に行ってきた。
 今月は何を話すか?
 まず、薬が減った事の影響か、体が重く感じ、午前中に起きられ無い事。
 レシピつくりは無理を隠してやっている状態。
 この状態で頑張ると、乗り切れるのか?無理なのか?
 そのあたりを聞いてみたかった。
 出来る事ならば薬は元の量に戻して欲しくない、でも体は動いてほしい、そういう無茶を言う事になる。
 もう一つ。
 問題というか、不安
 物忘れがひどいのです。
 実感するのは朝食を食べた時。
 美味しくいただいて、自分で食べた食器は自分で洗うのですが、何を食べたか思い出せない。
 食事をした事は覚えていますから、アルツハイマーではない。
 が、空の皿を見ても、そこにさっきまで盛り付けられていた物が思い出せない。
 朝食って言ったって、昨日の夕食の残り物だ。
 昨晩食べた物の中の何かなはずだが、5分前の事が思い出せない人間が、昨晩の事を覚えていられる訳がない。
 ただ空の皿を眺めるばかりである。
 これは薬の影響なのか? 病気の症状なのか? 別の病気なのか?
 このあたりも聞いてみたかった。
 今回は2時間半待ち。
 まぁ、早い方かな。
 いつものように名前を呼ばれて、診察室に入る。
 先「ちょ~し、どぉ~ですかぁ~」
 M「薬を減らしましたよね。あれの影響からか、体が重くなってしまってます。」
 M「薬が減った時は、嬉しくて、やってやるという気持ちで前向きになったんです。」
 M「できるなら、薬はもどしてほしくはないのです」
 M「薬は元に戻すことになりそうですか?」
 先「う~ん」
 先「ジプレキサを減らしたんだよね?」
 M(だから薬の名前は覚えられないつ~の)
 先「それを戻そう」
 M「それと先生、物忘れが激しくて、朝食に食べた物が思い出せません」
 先「食べた事は覚えているの?」
 M「それはまぁ、食べたから食器を洗ってるわけで、覚えているというか理解しているというか」
 M「でも、5分前、下手したら3分前の事に食べた物が思い出せません」
 M「これは薬の影響ですか? 病気の症状ですか?」
 先「薬の処方を変えよう」
 先「リーマスを増やしてみようか」
 先「こっちの方が記憶に影響を与えにくい」
 (カルテを見る先生)
 先「ごめんごめん、リーマスは飲んでるね」
 先「ジプレキサは戻す」
 先「ただ飲み方を変えてみよう」
 先「朝飲んでいたものは、やめる」
 先「夕食後に持っていって、飲んでみようか」
 M「お任せします」
 先「じゃぁ、また頑張ってみようか」
 M「ありがとうございました」
 といった感じだった。
 本当は、先生は何百人という患者さんの社会復帰を手助けしてきたはず。
 僕は行けそうですか? とも聞いてみたかった。
 これは前に聞いているのだ。
 先生の答えは「わからない」という冷酷で現実的な事だった。
 病状も、回復状態も、かかるストレスも、やってみる仕事内容も、その負担も、全て違うわけだから、成功するか再発するかは分かる訳がない。
 が。 それでも漠然と、まだ早いのか、行けそうな状態だと見ている くらいは言えそうなもんでしょう。
 社会復帰は一発勝負。
 お客さんが来なくても終わりですが、僕が離脱しても終わりだ。
 そして、2度目のチャレンジをする資金はない。
 母の年齢からしても、もうラストチャンスでしょう。
 一回のチャンスに全てを賭けないといけないので、少しでもリスクを減らしたい。
 何より、自信が欲しい。
 でも、この話は聞けなかった。
 きっと、先生の見立てよりも、僕がいけるかどうかの感覚の方が大事なのでしょう。
 それに、ベストを尽くすこと。
 やり通すこと。
 結果はなるようになる。
 そう思ったのです。
 さて、薬の飲み方が変わって、どうなることか。
 朝食後 薬無し
 夕食後 ジプレキサ10㎎2錠、セルシン5㎎1錠、アーテン2㎎1錠
 就寝前 リーマス200㎎3錠
(3分前の事を思い出せないのもあるけど、数年間の記憶が無かったりするよね。 でも死ぬよりはマシです。 ここでもベストを尽くすとあるけど、ベストというのは限界までやってみることではないような気がする。 ベストとはきっとホドホドの行動をする事がベストなのだろうと今では考える。 無理して反動が来て、また体調がよくなるまで苦しんで、また無理しての繰り返しをしてきたように思う。 ベストはホドホド、無理する事ではない。)

今月は書き込みはこれだけ。
一日の行動を読むとレシピ作りはやっているようだし、忙しかったのか?ぐったりしてしまっているのか? 病気に関する記述は無い。
何時壊れてしまった事が書かれているのを目にするのか日記を読み返すのも結構しんどい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失闘病記 2019.04.04 自分の病名は何なのか?どういう状態なのか?

日曜に蕎麦屋に行ってリフレッシュしてきたというのに、翌日からの月火水と何もしない日が続きました。
バイトもまた10日くらい行ってないと思う。
思うって書くからお分かりのように自分で日にちや時間を把握できていません。
1日しか経っていないように感じるし、ひと月経ったようにも感じる。
頭の中がおかしい。

昨日も身体が重く、布団で横になっていたのだけど、4〜5時間何を考えていたか思い出せない。
眠ってはいない。
目も開けていた。
寝返りを何回打ったか分からないほどモゾモゾしていたが、何も考えられない。
5時間かけて何かの考えに至ったかというと、、、何も。
一つの事を考え続ける事が出来ない事が影響しているのは間違いない。
思考がすり替わってしまうし、考えている事を覚えていられないし、前向きな考えは浮かんでこない。

昨日は珍しく統合失調症について調べてみました。
うつ病の事は散々調べたけれども、統合失調症を調べるのは初めてかもしれない。
本格的に調べるのは、ね。
読んでいて落ち込んできてしまったよ。
100人に1人の割合で発症するポピュラーな病気なのに、原因も治療法も分かってなく、再発率が恐ろしく高い病気。
予防も兼ねて薬は一生必要と考えるべきらしい。
まだ僕は予防のためにという段階になっていないけどね、闘病真っ只中だから。

自分は回復期というところに入るらしいが、回復という言葉と内容は違う。
一番ひどい症状が落ち着いて、元気そうに周りからは見えるけど、本人の中ではまだ戦いがあって、苦しんでいる時期。
回復にいつまでかかるかも分からないし、周りは根気よく見守る必要がある。そうな。

色々と見て回ったけれども、
うつ病のように心の風邪なんていう例えも無い。
治る病気ですという表記も無い。
代わりに薬を飲み続ける事で再発の確立を下げる事が出来ますと、下げる事という表記。
防げるじゃないんだね。

そして死にたい気持ちにもなってくる。
その死のうと考えることすらチャンネルが切り替わってしまって、考える事が出来ない。
それは良いことのように思えるかもしれないけれども、やるやらないは別にして死ぬ事は最後の手段として取って置いてある状況は心を落ち着かせるんですよね。
最悪死んじゃえばいいって考えることで、それまでは頑張ってみようという歪んだ動機で生きる。
理解されないかもしれないけど、何かあったら死ねば良いから、それまでは生きようと思えるんです。
死ぬ気で頑張るとは違うけど、死ぬという事は逃げるわけではなく、苦しみから解放される希望になっています。

来週病院の日なのですが、自分の状態を詳しく聞いてこようと思っています。
うつ病と統合失調症の比率とか聞いてみたい。
死にたいし、その思考がグチャグチャになって考えることも出来ない。
両方なんだろうけど、統合失調症の症状が少しずつ出てきているような気がするんだよね。
幻聴が少しあるのです。
それと無気力。
統合失調症の幻覚などの症状が落ち着いてくると出てくるという意欲がなくなって何もしない日が続くという状態。
まさに今の状態なんだけど、これを何とかして欲しい。
注射の薬を強くしてもらうなど出来るのならば、そうして欲しいです。

自分の頭の中がコントロールできない状態で意欲がないから、横になりながら頭をかき回される事に耐えるだけで1日が終わっていく。
これで良いとは思うわけがない。
とりあえず来週の病院で色々と自分の状態を聞き出してこようと思います。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2008.05 変わってきた環境・状態

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・薬を比較的きちんと飲んでいるので、吐き気は無い。
 そろそろ新しい薬になってからの効果がでてくると思うが、
 特別変化は感じない。
 わずかに頭痛がするが、何かをしていると忘れてしまうほどで、
 別に気にならない。
 明日以降にHP作りなどをやって、集中力が続くかを試してみようと思う。

・落ち着いて生活することができたが、
 日中伯父達が来てすこし落ち着きを無くした。
 子供達に話しかけられ続け、気分が悪くなってしまう。
 途中から2階に行くこともできず、我慢することが精いっぱいだった。
(気分が悪くなってくる程だったら、余程のストレスだったのでしょう。 そういう時は遠慮なく自室に戻らせてもらった方が良い。 仕事があるからとか適当な事を行って部屋で横になっていれば、すぐに元気になれるさ。 人に気を遣いすぎな部分がある。 話題の中心にいる訳でも無いし、体調優先で良い。)

・新しい薬になってから時間がたった。
 頭痛が少しするが、それはあまり気にならなくなった。
 問題は眠くなること。
 睡眠時間を十分にとっても、関係なしに眠くなる。
 今度病院に行ったら、先生に言ってみようと思う。
(眠くなるのは薬の副作用もあるけど、身体が疲れてしまっていることも考えられる。 何れにしても眠かったら横になって安静にする事が基本だと思う。)

・母に記憶が無い時間帯があると伝える。
 薬の副作用だと言っておいたので、心配している様子もなかった。

・相変わらず記憶が無い時間帯がある。
 今日は姉と甥が家に来たのだが、そのことを母に聞かれると、
 今日来たのか、もっと前だったのかがわからなかった。
 おそらく今日来たはずだが、自信がないといった感覚だ。
 記憶の整理が出来なくなっていると思おう。
(記憶が無いのは問題のような気もするが誰にも迷惑をかけてないし、自分がすっきりしないだけで結構小さな問題なのかもしれないと思うようになっている。 忘れてしまう事は重症だからではなく、よくある症状だと思うし、そこまで神経質になる必要もないと思う。)

・妻が家に来たが調子が悪くなることも無く、色々と話をすることができた。
 心から妻が幸せになるようにと思った。
(一生懸命働いてそれで病気になったのに、それを虐げられる事に不満が爆発した事が別居の理由だが、憎しみは消え、純粋に妻が幸せになってくれればと思う。 今どうしているかなどは聞きたくもないのだけど。)

・今日は薬を飲むことを忘れてしまった。
 HPを作ることに夢中になったことが原因だが、
 薬は飲まないとと思うのだが、なかなか徹底できない。

・薬がなくなってきているが、病院に行くことができない。
 先生に何か言われやしないかと怯えている。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2018.12.08 入院48日目 退院の日

深夜2時半、目が覚めてしまう。
本日10時に退院なのだが、昨日母が珍しく面会に来なかったので、少し心配ではある。
最悪歩いて帰宅すればよいかと思っているが、一人だと退院もできないのか?
迎えは来ると言う事で準備を進める。

相変わらず左手がカタカタと震える。
頬杖を付いていると、震えて困る。
若干体が重いが、問題は無いだろう。

退院をして、姉に会ってから家に帰ろうかと思ったのだが、会ったら「おめでとう」って言われて驚いた。
確かに自分の周りで退院する人がいたら、そう言うだろうと思うんだが、自分が退院する時はそういう言われるだろう感が全く無くて、ただただ病棟から外に出たかったんだって、やっと客観的に見れたんだよね。

どれだけ心配と迷惑をかけて入院をしていたのか、やっと実感となって重く受け止めたのでありました。

自宅に一人帰り、自室に移動して、眠らなかったのだけど、この日の記憶はあまり無い。
何だろうね、舞い上がってしまっていたのかな?
落ち込んではいなかったはずだけれど。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2018.11.15 入院28日目 食事はギリギリに

眠くて何もする事が出来ない1日だった。
部屋を掃除に来てくれる清掃婦さんが部屋から出て行く記憶が無いので、入って来た時に挨拶をして、そのまま寝落ちしたようだ。
掃除機ガーガーかけているのに、そのまま眠ってしまうとは。
何でそこまで眠いのか分からないが、感覚としては疲れてしまっているという物がある。
ここで眠ってしまうと癖になるので、眠りたくは無いのだが、起きていられないので休む事を優先させた。
やはり薬の副作用なのだろうか?
TVでやっていましたが、寝溜めという物は存在せずに、ただただ体内時計が狂うだけだそうですよ。

子供の話しかしない女性と、新入りのやたらとでかい声で話しをする男が会話をしていたりすると、ストレスがとても溜まる。
2人の会話は噛み合っていないのに、お互い御構い無しで自分の話しだけをしている。
その空気の読めなさが病の原因になっているのか?
元気そうだけれど、何でここに入っているのだろう?
とにかく食事前の短時間でもきついものがある。
食事はギリギリの時間に行くようにして、2人に会わないようにしようと思う。

体調を崩して入院を長引かせるわけにはいかないのでね。
今日も畦道通信に来てくれてありがとう。