僕とうつ&統失 闘病記 2016.11 動けないながらも環境は動く、前進するべき時

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・一日中眠い。
 コーヒーも効かない。
 ただただ横になって時間だけが過ぎてく。
 宿題が進まず残り1週間、焦ってきた。

・眠い。
 一日中眠って過ごしてしまった。
 宿題もあまり進まず、少し焦ってきた。
 やりたいとは思う。が、眠いし、身体が重い。
 薬は今日、切れたので、明日の金曜に行くしかない。
 宿題に取り掛かるまでに3日くらいかかってしまっているので、作業が遅れがち。
 DTMの先生は怒らないだろうが、失望はさせたくない。
 もっともっと期待以上の自分を見せていきたい。
 姪っ子が気管支炎で入院。
 店は、月、火、祝日の今日、と休み。
 明日の営業もどうなるのか分からない。
 僕が手伝えば、店は開けられるかもしれないが、回せる自信が無い。
 身体が重くて動けないからである。
 あとは、足と腕に力が入らず、立ち上がるのもやっとだという事もある。
 母と姉の間で何が話したのだろう、僕に手伝ってもらう気は一切無い様で助かっている。
 有難い事。
 その分、薬を切らしたり、夜更かししたりしないようにして、生活習慣をきちっとしていくしかない。
(母、姉には感謝しないといけないよね。 生活習慣をきちっとして、普通の人が送っている生活リズムに合わせる必要があるけど、それが難しい事だからね。 強い意志が必要になるよ。 本気で変わりたかったらきっとできるはず。)

・11月の病院に行ってきた。
 前月は2回行ったのかな?2回目の処方が2週分だったので、きっとそうであろう。
 っというか、病院にいつ行ったか覚えてないのだから、脳が死んでいる。
 さて今回の病院の一番の目的は、薬を変えて貰う事。
 手の震えの副作用が出る薬は止めて欲しいと言い、変えて貰った薬が、眠くなる薬で、宿題とかやってる場合じゃない。
 そういう大らかな眠気じゃなくて、運転中に対向車線にハンドルを切るような 落ちる 感覚の強烈なのが来るので、困るというより、
 早急に変えるべきという状態でした。
 この日の病院に行く日もセンターラインの凸凹に乗り上げる音で何度も目が覚め、信号待ちでも眠り、後部車にクラクションで起こされ、危険運転ばかりでした。
 病院は激混みで、30人待ちくらいだったけど、先生がやっつけモードの日だったようで、次々呼ばれてく。
 僕は8時に呼ばれたから2時間ちょっと待ち。
 早い。
 そして僕もやっつけられるのだが・・・・(笑)
 まず、薬を変えてくれ、それが第一声。
 眠気が強くて何もできないと伝える。
 また新薬を出すのかと思ったら、9月の手が震える薬に戻すと言う。
 もう薬はないんですか?
 でも、対向車線に突っ込んで死ぬよりは、手の震えなど何でも無い。
 宿題がはかどるならば、それで良い。
 寺ちゃんは手が震えにくくなる薬も併せて処方すると言ってくれた。
 これまで飲んでいたものは眠くなるほかに食欲も増すようで(やっぱりねw)過食に走った理由が分かりました。
 この眠くなる薬のおかげで13kgリバウンドしました。
 またダイエットやり直し・・・・・
 とにかく、手は震えるだろうけど、健康な生活はおくれそうです。
 薬の話しかしなかったなぁ。
 髪の色の事、ちょっと言われたけど・・・・・・
 処方された薬
 朝 セルシン5mg、アーテン2mg、エビリファイ6mg、アキネトン1mg
 夕 セルシン5mg、アーテン2mg、エビリファイ6mg、アキネトン1mg、リーマス200mg4錠
 となりました。
 リスタートですね。
(強力な眠気は危険すぎるから運転なんてしちゃダメなんだけどね。 田舎道だから事故らなかっただけ。 手の震えも気持ちの良いものじゃないけど大事故を起こすよりはマシだから我慢しよう。 過食でのリバウンドはちょっと危険な増え方だよね。 ダイエットも頑張ろう。 自分ならばできるはずだよ。)

・頭が回らない、一日中、何をしていたのががよく思い出せない。
 眠っている時間もあったが、起きている時間も同じくらいにあった、が、宿題には全く手を着けず、何をしていたのか自分でも分からない。
 脳が考えさせてくれない感覚で、気がついたら、21時になっていた。
 これからブログを書いて、寝るだけになるかもしれない。
 何やってんだ僕は・・・・・
(記憶が無い事は良くあること。 珍しいことじゃないし、落ち込むことでもない。 続けてそのまま休んで、明日体調が良かったらそれでいいじゃない。 毎日バリバリ動くのはまだ先の事。 動ける日に程々に活動する事が大切。)

・夜中に死にたくなって、ずっと泣いていた。
 久々に大きなものが来たなと言う感じ。
 少しずつ冷静になってきたので、危険は無かったが、辛かった。
 消えてしまいたかった。

・昨晩から情緒不安定で、泣いたりしている。
 弟の命日が近づいてきているが、それはあまり関係ない。
 久々に強い衝動で死にたいと思うよう様になっている。
 死にたいと書いている間、いるはずのない愛犬の足音がずっと聞こえていた。
 引き止めに来てくれたのだろうか?
(霊感はゼロだから愛犬の足音はきっと思い込みだろう。 自分が死のうとしている時に愛犬の事を思い出しているのだから、まだ生きないといけない気持ちはあるはずなんだよね。 弟にも愛犬にも真っ直ぐに生き抜いたと言える生き方をしているか? それを考えながら生活できればいい方向に行くに決まっている。 落ち込む日もあるのは間違いないし、それをダメだとは言わない。 ダメな日なりに意味をもって生活できると良いのだけどね。 今日は休むことに1日使う!これだって意味ある1日だと思うし。)

・弟の命日だが、昨日の方がずっと落ち込んでいた。
 僕の今日の体調はまずまずで、どちらかというと良い方だった。
 午前中にニトリに行き、コタツ布団を購入、6千円もした。高い。
 その後、隣町のケーキ屋に行き、カフェスペースでスイーツの4点盛りとグレープフルーツの緑茶を注文
 どれも美味しかった。
 ケーキを人数分買ったと思っていたら、弟の分を買うのを忘れてしまった。
 痛恨のミス。
 今後は気をつけねばならない。
 反省した。
(弟の事を忘れられるくらいに過去を引きずっていないって事にも取れるよね。 別の日に弟用にスイーツを供えてあげればそれでいいと思う。 スイーツ4点盛り、いいね! 人生楽しく過ごした方が絶対に得だよ。)

・夕方の100円ショップめぐりが少し疲れたが、問題はない程度だろう
 食欲はほぼ落ちず、コンビニでラーメンやスイーツを買ってしまう
 体重はあまり落ちない。
 どうしても食べるのを我慢できないので、困っている。

・江ノ島に向かう道中、母とやっとここまで回復出来た事を話す。
 いつ頃から良くなったのか?それは分からないが、5月に宝塚まで行った時にはだいぶ良くなっていたのかもしれないという事になる。
 自分で予約を取って、合った事もないMちゃん夫妻と会う。
 人って温かいなとも思う最初の行動だったかもしない。
 弟と別れるときに僕が弟に約束をした、「お前の分も生きるからな」という事がやっと始まる。
 音楽教室とカウンセリングで人生が動き出した感があるので、話しながら、僕と母2人して車中で泣く。
(止まっていた歯車が動き出したような映像が頭に浮かぶ様になったよね。 弟の分も生きる!忘れがちだけど忘れてはいけない事。
一日一日を誠実に生きること。 出来るできないなんてどうでも良い。
人に誠実である事。 命に誠実である事。 忘れないようにね。)

・11月2回目の病院に行ってきました。
 今回は珍しく空いている日でしたね。
 僕は遅めに行ったのに、16番目だったのであっという間に自分の番が回ってきました。
 少しでも勉強しようと持って行った、音楽史の本もほとんど読まないで終わってしまいました。
 さて、診察です。
 どぉ〜でしょ〜か〜といつもの先生。
 なかなかいいですよと。初めて言ったかもしれない返答。
 音楽教室に通うようになってから、体調が良くなっている事実。
 人が怖くなくなり、随分と社交的になってきた事。
 簡単な手伝いならできるようになり、すこし責任の発生する仕事を、良い意味で適度な緊張感をもってやっている事。
 それがプレッシャーや恐怖にはなっていない事を伝える。
 要望として、眠くならない薬に変えて欲しいと言う。
 とにかく僕には時間が無い、仕事が遅いだけだけど、やらないといけない事がかなりあるし、やりたい事もかなりある。
 だから睡眠時間が惜しいと。
 すると先生は意外な事を言いました。
 眠くなる薬は処方してないんだけどね(笑)
 この答えは予想外でした。
 つまり、今まで昼寝し放題の生活をしていて、それが無くなったので、身体がビックリしているだけだと言う事です。
 睡眠時間はどれくらい?と聞かれたので、5時間と嘘を言いました。
 本当はもっと短い。
 僕は順調なのでしょうか?
 また突然悪くなって、落ち込む事もありますか?
 と心配している事をぶつけた。
 すると、そうなったら、すぐに駆けつけなさい。何とかしてあげるから。とこれまた聞いた事も無いような先生の力強い言葉。
 そんな感じのやりとり。
 カウンセラーの先生と同じように、快復してきているという見立てが一致して、とても嬉しかった。
 この調子で頑張っていこうと思う。
(色々と動き出してきたようだね。 突き進め! ダメになったらまた考えればいいだけ、 今は進むべき時、怖いけど進むべき。)