僕とうつ&統失 闘病記 2009.04 ついに聞けた先生の本当の見立て

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・3日前あたりから薬を飲んでいないので、今日になって吐き気がする。
 一日中横になってしまった。
 薬をやめても生活できるのでは?と安易に考えてしまったことが原因だ。
 薬があるから、普通の生活ができることがわかった。
 薬を飲まないで生活できる日は、本当にくるのだろうか?
 それができないと、社会復帰は厳しいのではないか?
 今度病院に行ったら、少しずつ薬の量を減らせるかを聞いてこようと思う。
(薬は必要。 というか必須だと思い知ることになっていくのだけど、薬を飲みながらでも社会復帰は出来るはず。 薬に助けてもらいつつ社会復帰をするでも良いのではないかな?)

・今日は病院に行ってきた。
 ボランティア活動の説明会に出た後の最初の病院なので、
 先生に色々と聞きたいことがあった。
  ・薬無しの生活は可能か?
  ・病気は治るのか?
  ・治ったら、その証明書のような物を書いてくれるか?
  ・バイトなどの仕事をどれだけの期間働く事ができれば、
   完治したと判断してくれるのか?
 などである。
 まず、「去年の2月辺りからボランティアに参加したいと思っていた」
 という切り出しをした。
 すぐに先生の態度が変わった。
 患者が言いたい事を言い終わるまで、反論はせずに、言わせてあげよう。
 終わってから、それは無理だと宣告しよう。
 という雰囲気が途中でわかってしまった。
 まず、薬無しの生活は可能か?についての答え。
  先「無理。薬はこれからもずっと飲まなくてはならない。」
  M「一生ですか?」
  先「そうです。」
  M「量を段々と減らしていったら、
    それでも普通に生活できるかもしれないのでは?」
  先「リスクが高すぎる。
    分かっていると思うが、今の状態になるまでに何年も時間がかかった。
    それを試してみようくらいの気持ちで減らしてしまうと、
    この何年が無駄になり、また何年もかけて元に戻すという
    事態になる可能性が高い。」
  M「病気が完治したら、一筆書いてもらう事は問題ないですよね?」
  先「君の場合、反復性のうつ病で、完治するのは無理に近い。
    うつ病の中でも一番自殺率が高いタイプだ。
    それに分裂症の症状もでている。これが完治する事は無い。
    だから一筆書くことは無いし、嘘を書くこともできない。
  M「仕事で結果をだしたら、治ったと判断してくれても
    いいのではないですか?」
  先「仕事をするようになったら分かると思うが、
    人が出来る事が自分にできないと分かると思う。
    仕事というのは沢山を早く正確にやらないといけないが、
    君の場合、普通の人の倍の時間がかかってしまうだろう。
    君の脳は健康だった時の8割の量になっている。
    その2割の細胞は死んでしまっていて、脳細胞は元に戻らないから、
    君はこの8割で生きていくしかない。
    今、やれるように思えるのは薬の力を借りているからであって、
    自分の力ではない。」
  M「海外に行くのは、どうしても無理という事なんですね?」
  先「日本で働くのも、苦労するだろうという状態。 海外は無理だ。」
 と、こんな感じで食い下がったんだけど、薬が無いとやっていけない現実と、
 病気が治らない現実から、海外なんて無理であるという感じでした。

  先「黙って応募したとしても、バレるだろう」とも言われた。
 ショックだったのは、残った脳細胞で生きていくしかないという話。
 先生に言われなくても、なんとなく分かっていたんだけどね。
 旅行のしおり作りなんて3日もあれば完成するような物なのに、
 一月近くかかっている。
 朝起きて作ろうとしても、頭がついてこない。
 発病前が100だったら、今は60〜70くらいだと思う。
 薬を飲んでいてもだ・・・・・
 だから8割の脳でやっていかないとという話は 
 やっぱりねという感じだった。
 
 先生はこう締めくくった
  「失った脳も、何年という時間も、去って行った人も、
   だれも肩代わりしてはくれない。」
  「全部自分に返ってくる事だし、あまりもう遠回りはできないよ。」と。
 仕事に関しては、病気だという事を、伏せてやること。
 これは言われなくても分かっていたが、もう一つ付け加えられた。
  「ボロボロになるまで働かないように!」
  「少しでも苦しくなったら、すぐに仕事を辞めるように!」
  「一度ボロボロになってしまうと、次にまた仕事につこうという
   状態になるまでに、相当な時間がかかってしまうから。」
 だそうです。

 こんなにアッサリと終わってしまうのか?
 と自分に問いかけながら帰って来ました。
 でも、諦められない。
 そんな簡単に終わってしまうような気持ちで、言い出したんじゃない。
 本気でやってみたいと思っていたのだから。
 海外ボランティアがダメでも他にもNGOは沢山ある。
 どれか一つでも大丈夫な所があるかもしれない。
 先生も前例が無いから無理だと言っているだけで、
 やれる人も1人くらいはいるのかもしれない。
 頭が回らなくても、死ぬ気で努力すれば、食らいついていけるかもしれない。
 何かきっと方法があるはずだと思うようにして、
 今晩は気持ちを落ち着かせようとしています。
 まだ、諦めねーぞ。
(先生が自分をどう診ているかがわかる話だった。
 自分の今後の事、この病気のパターンからして残された選択肢の話。
 悔しかったしショックだったし、どうしようもないのか?
 今思えば先生の言った事は本当だったし、人と同じように働くことが
 いかに困難な道か痛いほど良く分かるようになってしまった。
 今はどうやってこの頭で社会に戻るかを考えているよ。
 色々と選択肢が無くなっていく怖さのような物は
 今後も増えて行くことだろうけど、自分のやりたい事をやって
 笑って生きられるようになる道を見つけれれると良いね。
 今も暗中模索だよ。)

・久々に死にたいと考えている。
 ここで死んでも何もやり遂げてないと思い、死なないように考える。

今月日記書き込みが少なく3件だけというね。
日記を書くのをサボっているのか、体調が良いのか?分からないけど
ちょっとこの調子だと困っちゃうよね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。