道草小噺 そろそろ侵入される時期ですね

最近気が付くと自室の白い壁に蜘蛛が歩いている事がある。
足を広げたサイズは1センチ位の蜘蛛で、何グモという名前なのかは分からない。
跳ねるように逃げるのでピョンピョン蜘蛛と勝手に読んでいます。
どうやって室内に入ってくるのかわからないけど、窓のサッシの下側の僅かなスペースをくぐって入ってくるとしか考えられない。
洗濯物に紛れ込んでくることも考えられる。
部屋干し臭がするとマズイので、花粉の季節も梅雨時期も外に干すことにしていますが、それで蜘蛛が部屋に入ってきてしまうというのならば、何か考えないといけないのかもしれませんね。

昔はコレが本当に嫌で、東京に住んだらこういう事は無くなるのか?
タワーマンション上階に住めば蜘蛛や蚊は入ってこないのか?と真剣に考えたが、東京に引っ越せるわけもなく、謎は謎のままである。

田舎に住んでいるから蜘蛛をよく見かけるのかもしれないけど、室内に入ってくる蜘蛛が多すぎるのはどうしたものか?
ティッシュで捕獲しようとしても、蜘蛛って素早いんですよね。
ピョンピョン跳ねるので上手く逃げる方向を誘導しないと、逃げ切られてしまう。

これ外に逃がしてもまた入ってくるんだろうなぁと思います。
でも殺生はしたくないので、なるべく逃がすようにしています。

今朝は布団で目が覚めて今日の天気を見ようとカーテンの方を観たら、壁に蜘蛛がジーっと止まっているんですよね。
眠いし、朝イチの作業が蜘蛛捕獲って良い気はしないじゃないですか。
やりたくないけど、蜘蛛が1メートルの場所にいるのに、また目をつぶって眠れるほど僕は図太くないです。
蜘蛛が入ってこれない窓を開発したらヒットすると思うんだけどね。

これから寒くなるまでの間は蜘蛛室外放出作戦は続けられることでしょう。
岸辺露伴も田舎は蜘蛛が多いって言っていたな。
仕方がない事なのかもしれない。

たま〜にアマガエルが室内にいる事もあるよね。
あれはどういう事なんだろう?(笑)

田舎はこれだから・・・
今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

道草小噺 相対値よりも絶対値だよ絶対に

これはもう誰もが思っている事だろうけど、
今年の花粉の飛散量と去年の飛散量を天気予報やネットニュースで教えるわけですね。
記憶が確かならば、去年よりも少ないですって言うのは一度も無い。
杉の木、ヒノキの木の量は変わっていないのに、飛散量が何倍にもなる事なんてあるのだろうか?
気候によって量は変わるんだろうけど、毎年増加の一途っておかしくない?

今年も例外なく去年よりもひどいってあちこちでやっていたけれども、僕の感覚としては去年の何分の1くらいに体が楽。
頭がボーッとしているけど、これが花粉のせいかは分からない。
でも鼻水と目の痒みが全然ないのです。
外に出てないから?
でも洗濯物の花粉を叩いて落とさないで取り込んで、その服を着ても全く平気なんだよね。
完治することって無いはずだけど、今年はどうしちゃったんだろう?

まぁ、かなりの飛散量と言っていたのに、来年もそれを超えてくるのだろうから、また言ってらくらいに捉えます。
花粉の量ってあまり関係ないんだけどね。
少量でも反応しちゃったら、鼻水もくしゃみも止まらないわけで、それ以降は増えてもあまり変わらないと思うんですよ。
だから天気予報の明日の飛散量もあまり見ない。
少ない日でもマスクをしない日にする人はいないでしょ?
多い日も少ない日もやる対策に変わりはないわけです。

気温も平年並みとか言うけれど、僕は去年の同じ日や、数年間の平均気温を覚えているわけじゃないので、単純に数字の〇〇℃と言う絶対値で判断しています。
桜の開花だって去年より早い遅いって言う情報よりも、何日に開花しそうって言う具体的な日にちで判断しています。
台風も何年前のあの台風の時の再来みたいな事を予報士が言ったりしますが、全くピンとこないんですよね。
降水量と何時から何時まで降るかと言う事。
あとは風の強さくらいかなぁ。判断材料は。

謎な伝え方をしているような気がするんだよね。
花粉、台風あたりは。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。