僕とうつ&統失 闘病記 2015.10 ほぼ仕事に出られない。自己嫌悪ばかりで何も良いことが無い

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・体が重くて14時に仕事に行くまでずっと横になって過ごす。
 体が重いとか、つらいとか、死にたいとかは、
 家族にも言わないようにしているが、
 話をしても仕事に出ないといけない事には変わりないので、
 誰にも話はしないようにしている。
 正直に近況報告をした方がいいのかな。
(何でも話せるならばそれが良いのかもしれない。
 でも死にたいは言わない方がいいかも)

・体が重いが昨日ドタキャンで休んでしまったので、
 今日は仕事に出ないといけないという気持ちが強い。
 ランチ後の仕込みをしていて、ある程度の所まで終わらせたが、
 その後の所になっても母が帰っていいと言ってくれなく、
 渋々仕事をする。
 明らかに疲れている事を分かっているのに、なぜ帰らせてくれないのか?
 という苛立ちと、時間がかかりすぎる仕込みに苛立つ。
(母だって疲れているし、皆が疲れている。 仕事に出たからには早めに帰ることを当たり前と思わず、頑張ってこれるといいね)

・夕方からいつものように体調が良くなり、
 溜まっていたパソコン作業をこなす。
 朝から動けるのが理想だが、こればかりはどうしよもない。
(夕方になると動けるようになるのはどうしてなのだろう?
 朝から動きたいと思っているだけでも考えないよりはいいはず
 体調が良い日は朝から動けばいいと思うし、動けない日は休むことでいいと思う。)

・一日中体が重くて、横になって過ごす。
 寝ているか食べているかの生活なので、痩せるわけがない。
 自己嫌悪に陥る。
 (自己嫌悪してばかり。 だったらどうしたらいいか考えよう
  変わりたかったら行動に出るしかない。
  だれも自分を変えることは出来ない、やるのは自分)

・今日も一日中眠って過ごしてしまった。
 午後からは目が覚めてもいいはず。
 睡眠不足とか昼夜逆転とか関係なく、
 病気の影響で起きていられないという事が正しいのか?
 今週は一度も出勤していないので、罪悪感がつのる。
(仕事の事は分けて考えるようにしてもいいかもしれない
 今週は休んで来週から頑張ってみるとか、1日1日で出来たできなかったと自分を追い込んでしまっているような感じがあるから、少し休みの期間を眺めに取って、翌週頭から気持ちを切り替えて頑張るというのはどうだろう)

・体が重かったのだが、姪っ子が熱を出してしまったというので、
 急遽出勤することになった。
 毎週のように姉の子供が体調を崩して、その代わりに
 自分が出勤しないいけない状態が辛い。
(子供が体調を崩すのはしょうが無い事。 誰が悪いわけじゃないけど、
 そういう時は強制的に駆り出されるようで、すごく辛いよね。
 店の事も大切なんだけど、無理して出勤して何も体調に良いことは無い事も考えておこう。 勢いがついて行けるようになるなどという考えは甘い。
 無理をしたらその何倍も休みが必要になる。 母と姉にはそれを言っておく必要があると思う。)

・昼夜逆転の生活をしているので夜眠れない。
 眠れても何度も夜中に目が覚める。
 眠りの質が悪いような気がする。
 なるべく昼間眠らないようにして、夜一気に眠るようにしたい。
 また、0時には眠るようになりたい。
(今は21時に眠って3時に起きるようにしているけど、いい感じだよ。
 3時も深夜だから静かで1日がゆっくり始まる感じで、自分に合っている。
 早寝早起き過ぎるけど、自分のペースを見つけた感じ。)

・今日は朝から動くことができ、落ち着いて仕事することができた。
 毎日こういう状態で過ごせると良いのだが、、、

・体が重いという事はないのだが、昼間眠くて横になってしまった。
 仕事に行けないときは床に頭を叩き付ける事をしていると
 ブログに書いたら、読者からそれはやめてとコメントがあった。
(自分の身体が思ったように動かせない苛立ち、この頭がおかしくなってしまったから人生が狂ってしまった。その気持はわかるけど、自分を受け入れよう。 失ったものはもう戻ってこない。 別の人生をスタートさせるつもりで別人にでもなるつもりで、自傷行為のような事はやっても何も改善しない)

・体が重くて起きていられない。
 先月婆ちゃんと行った旅行の写真を現像してこないといけないのだが、
 出かける事が出来ない。
 自己嫌悪でいっぱいになる。

・今日も一日横なって過ごしてしまった。
 今週は仕事に出てないし、何の役にも立ってない。
 情けない、死にたい。
(自己嫌悪、自殺願望が大変だよね。 でもそこは踏ん張って自分を責めないようにしてほしい。 何も良いことないから。 今は休む時なのでは?)

・今日も一日眠って過ごしてしまった。
 母が早めに帰宅したので、1階に降りて話をする。
 夕食の時間以外に1階に降りれたのだから、
 多少体調が良くなったのだろう。
 姉と姪っ子が風邪気味だというので、
 明日は出勤することになるかもしれない。
 出勤できるだろうか?

・出勤はできなかったが、まずまずの状態。
 気持ちが高まっているのだろう。
 保険屋さんが保険の変更で来店するので出勤しないといけないし、
 明後日はは店の1周年なので、これまた出勤したい。
 なんとか体調回復が間に合うだろうか?

・朝少し身体が重かったが、今日は姉に用事があったので、
 少し無理して仕事に出る。
 お店に着いてからは、体が動いた。
 明日も仕込みがあるので、早寝早起きを心がけるようにしたい。

・仕事に出る事が出来なかった。
 今日は仕込みがあるので、出勤しないといけなかったのだが、
 体が重く立つことが出来なかたので、メールで出勤できないと伝える。
 母は大丈夫だよと返信してきたが、帰宅時に声を書けたら、
 疲れている様子だった。
 それがまたプレッシャーになってしまう悪循環に陥りそうな気がする。
 明日は出てこれるか?と聞かれたので、出るとは言ったが、
 明日になってみないとどうなるかは分からない。
(全員が疲れてしまっている。 自分のせいで。 でも自分のせいではない。 全部病気のせいにして、自分は無罪だと思うようにしよう。
 病気になったのだって、真面目に働き続けたから。
 怠け者だったらこの病気にはなっていない。 すべて病気のせい)

・体が重くて、一日中眠って過ごしてしまった。
 お店は今日もお客さんがたくさん来てくれてようで、
 在庫がすっかり無くなってしまったという。
 母が帰宅したのが21時なので、仕込みを一人でやってきたのだろう。
 何もしてやれない、役立たずな自分を情けなく思う。

・姪っ子が発熱したとメールがあったので、仕事に出るつもりだったが、
 体が重くて出勤できなかった。
 姪っ子は店で眠らせておいて、その間姉は仕事をしたようだ。
 姪っ子が入院する事になった時も、僕が仕事に出られなかったので、
 可哀想な事をしてしまった。
 今回こそはと思ったが、体がついてこないのだから、
 どうしようもなかった。
 情けない。
(姪っ子も姉にも申し訳ないが、動けないのだからしょうがない
 恩返しはずっと後になるけど、そこでしよう)

僕とうつ&統失 闘病記 2019.07.22 やはりの反動日、数日

『反動』という言い方を僕はしているけど、医学用語だと何て言うのかな。
頑張っちゃったり、無理しちゃったりすると翌日から大体数日間身体が重くなって何も出来なくなってしまう事を反動と言っています。

反動の意味のとおり、活動した内容にだいたい比例してカウンターがやってくる。
このカウンターを発生させない方法。
カウンターを避ける方法。 色々考えたし、試したりしたけど、どうやってもかわす事ができない事も分かってきました。

やった事に対して比例した大きさのカウンターパンチが来るので、1日中活動したり、ほどほどの活動だとしても2日続けて活動したり、身体がまだ重いのに活動してしまったりすると、手痛いパンチを喰らいます。

先日、畦道の更新が止まりましたが、ご想像通りで体調が悪かった。
洗車会がまずかったか?
自分では行けると思っての参加でしたが、体感の負荷と脳の負荷は少しずれているようで、思ったよりも大きな反動が出てしまいました。

身体が重くなると書きましたが、具体的には一瞬は起き上がれるけど、10分と座っている事もできない という感じです。
だからトイレには行けるし、何かを食べる事くらいは出来るのですが、せっかく起き上がったんだから、何か作業しようと思ってiMacを立ち上げるともうダメ。
すぐに電源を落として、布団に潜ります。
エアコンもかけていないので、寝苦しく、仮眠もとれず、姿勢を変えたりするのですが、横になっていてもしんどい物はしんどいのです。

今日、こうしてブログを更新出来ているので、多少体調が良くなったようですが、まだまだ重く、呼吸も苦しいような状態。
なんで息苦しいのかは分かりません。
大きく呼吸しても酸素が入ってこないような感じです。

反動も息苦しさも意味が分からないよね。
身体の疲れが残っているわけじゃないと思う。
ダイエット中だから身体がシンドイのはあるけれど、起きていられない程のフラフラ状態はオカシイ。
息苦しいのは本当に謎で、脳が何か信号出しちゃっているんだろうな。
別に高地にいるわけでもないし、マラソンした後じゃないし、酸素が足りないようになるのは意味が分からないよね。

少し調べてみるか・・・

僕とうつ&統失 闘病記 2015.05 ギリギリ出勤はする

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・7時半に家を出て、8時から一人仕込みをする。
 早めに仕込みが終わり、早めに帰る事が出来、体も楽だった。
 明日からまた日曜だけが休みの生活が始まるが、体は動くだろうか?
 自分の身体だと言うのに、その日になってみないと、
 どうなるか分からないのだから情けない。
(週6日働くことがどれほど厳しいかよく分かります。
 現在も6日は働けていない事を考えると、この頃はかなり頑張ったよね。
 早朝出勤なんて今は出来ないから、逆に今の方が体調が悪いくらいです。)

・朝、体が重く、仕事を休むか迷うが、何とか出勤する。
 出勤してからは体がジョジョに軽くなり、
 問題なく仕事をこなすことができた。
 良い時悪い時の波が来ると疲れ切ってしまうので、
 平均して上々っていうようになってほしいものだ。
(何事もやるまでが辛くて、出かけてしまったり始まってしまったりすると、身体が軽くなるのは今も一緒です。 でもこれをやると反動が来るのも分かってきていて、それって無理をして動いているという事なんだと思う。)

・朝体が重くて出勤できない。
 休ませてくれとは思わなかったが、開店30分前の10時半に
 到着するような時間まで動かない事にした。
 この間母は僕の分の仕込みもやってくれているわけで、
 罪悪感を感じる。
(自分が働かない分を母が無理してフォローをする。
 母も若くはないわけで、そういう母に仕事を押し付けて
 横になっている事を恥ずかしく思う。 でも動けないのだから
しょうが無いという気持ちも分かる。 体調の良い日が一日でも多くなるように願います。)

・朝目覚めると体は軽く母の部屋に行き、
 今日は問題なく出勤できると言ったのだが、
 出勤時間が近づくとどんどん体が重くなっていき、
 結局仕事に行くことができなかった。

・薬が効いているのか、ふらつきは無くなり、
 頭も少し回るような感じがする。
 午前中にカラートリートメントをする事もできたし、
 気力が少し戻ってきたように思う。
(動ける日は動ける。
 このギャップが大きすぎて自分の身体をコントロールできないよね。
 気力がある日もあまり無理しないでホドホドにしておくことが大切です)

僕とうつ&統失 闘病記 2015.04 無理をして出勤、無理すらできずに欠勤が増える

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・一日体が重く、少し吐き気がして食欲もない、夕方に少し持ち直したが
 やはり調子が悪く、仕事は早上がりさせてもらった。

・かなり体が重く、立ち上がる事が出来ない。
 母には「今日はダメかもしれない」とだけ伝える。
 母は30分早く出勤し、僕の仕込みを全部やってくれていた。
 11時の開店までになんとか、出勤し働く事が出来た。
 今日は予約が入っていてどうしても店を閉められなかったので、
 無理をして仕事に行ったが、
 この予約のお客さんは定年退職する人の送別会だったようで、
 その店にやらいでかを選んでくれて嬉しかったし、
 仕事に来てよかったと思った。
 15時に早退して、帰宅し、炬燵で睡眠をとる。
 明日、動けるかは分からないが、15時からうつ病を克服した人の話が
 店で会って聞ける機会があるので、行かないといけない。
 楽しみなようでもあり、少し怖いような気がする。
(仕事に行ってしまうと無理をして平気になってしまったりするのだが
 起きる時、出勤準備をする時がとても苦しいよね。
 この辛さは今もあります。
 行くとお客さんの愛顔や会話で元気をもらったような気持ちになるが、
 翌朝になると全てリセットされて、また苦しむことになってしまうのは
 今も全く変わらない。
 思考パターンが何年経っても変わっていないという事?
 病気がそうさせているだけ?)

・うつ病を克服した方と店で会って話をした。
 2〜3歳の子供が自分の中にいて、その子供を喜ばせるように
 活動すればいいというアドバイスを受ける。
 身体が動かない時や、ダメな時は、
 「大丈夫、大丈夫、感謝感謝」と口に出して自分を肯定してやる事で
 少しずつ今の自分を好きになれると言う。
 2日続けて母に朝の仕込みをすべてやらせてしまっているので、
 明日から早起きして、教わった呪文を唱え、体調を建て直し、
 母に今日は何時に仕事に出られるかを、朝の早い時間に
 報告するようにしようと母と話をした。
 かなりの情報が頭に入ってきて混乱している所があるが、
 時間をかけて整理してみようと思う。
(貴重な時間になったよね。
 苦しんでいる人の為になりたいと、わざわざ僕に会いに来てくれたわけで、感謝感謝である。
 自分に暗示をかけるような方法で、ちょっと宗教チックだけど
 暗示でもかけないとやっていけないという事なのかもしれない。
 自分を肯定するのが苦手なので、少しずつ変わっていければいいね)

・身体が重く、朝動くことが出来ない
 10分だけ眠るつもりが40分寝てしまい、出勤が一時間遅れてしまった。
 母は全てお見通しだったらしく、仕込みでフォローしてくれた。

・朝動けない状態で自殺しようと思ってしまい、危なかった。
 弟のように身辺整理もやらないし、遺書を書く事もできません。
 衝動的だ。
 洗面所のドアノブにベルトをひっかけるような映像が頭によぎってしまって、やってしまおうかとまで考える。
 何とか堪えるが、危ないのかもしれない。
 仕事に行くと、忙しさで悪い事を考える暇も無く、
 明るい自分に戻るのだけど、朝のどろどろした状態は
 悪い事を考えてしまう。
 先日うつ病を克服したという方でさえ、
 朝はなかなか起きられないと言っていたので、
 僕だったら尚更無理なのである。
 お店の仕込みは前日にできるだけやってから帰るよにしているので、
 母の負担は随分と減ってきて、少し遅く出勤しても大丈夫になっている。
 また悪い波が来ているだけなら良いのだけれども、
 これが長く続くと危ない。
 今週末に病院に行くつもりなので、強い薬にしてくれと言うつもり。
(母に負担がかかっている事は明白で、自分の不甲斐なさは今も感じています。 朝を何とかする事が重要な気がするんだけど、どうしたら良いのかは今も分からない。 脳がそういう信号を出してしまうんだから、しょうが無いという気持ちもあるが、何も対策を考えないのもオカシイと思う。)

・体調がどんどん悪くなってきている。
 朝起きられなくて、今日こそは仕事を休ませてもらうと
 言おう言おうと思ってきたが、今日は本当に体調が悪く、
 母に電話して休ませてもらう。
 母は一人で店を回した。
 仕事を休む事になってプレッシャーから開放されても体は動かず、
 一日中眠って過ごした。
 帰宅した母に今日のような日が今後は増えるだろうと伝える。
 正直、毎朝苦しむのは辛いので、仕事はやめたい。
 休息が必要なのだと思う。
 ここで無理をすると、SEを辞めた時と同じような病状に
 戻ってしまうような恐怖がある。
(このままでは頭がおかしくなってしまうという恐怖はある。
 仕事を辞めて穏やかに暮らすしか道は無いのか?
 今も解決法法を求めて模索中である。)

・今日は体調がとても良く、朝目が覚めたらすぐに起き上がる事が出来た。
 すぐ母に今日は問題なく出勤できると言うと、
 母は抱きついてきて喜んでいた。
 自分の身体なのに、その日の朝にならないと
 どうなるかが分からないのは不便だし、情けない。
(ケロッと体調が良くなってしまうから、家族は、特に母は振り回されてしまうし、苛ついているのかもしれない。 どうしたら安定して生活を送ることが出来るのか? 未だにまったく分からない)

僕とうつ&統失 闘病記 2015.03 身体が重くなりだし、出勤が辛くなる

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。


(12月から、1月、2月と病気に関する記述はありませんでした。
 一日の行動を読むと、きっちり出勤時間に家を出ているし、
 ほぼラストの夕方まで仕事をしている。
 でも少しずつ無理をしている事が表に出始めているようではある)

・母が休日返上で店に行き、新メニューの試作に行っている。
 僕も手伝うと喉まで声が出かかったが、体が重くて言う事が出来ない。
 お昼を持って行ってあげようかとも思ったがお昼になっても体は重く、
 結局一日中炬燵で横になったり眠ったりしていた。
 母も一人でメニューを考えるのは心細いだろうし、
 味覚の近い僕の意見は聞きたいところだったのかもしれない。
 姉がお昼を買って届けてくれたようなので、姉の意見は聞けたはずだ。
 母が20時ごろに帰宅して帰って来たが、いけなくてすまないとは
 言えなかった。
 何の役にも立てない自分が情けないし、
 申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
(体が重くなってしまう症状は現在もあります。
 健常者に理解は無理だろう。
 休日返上で働くなどおかしな事になってくるので反対だが、
 休めるときは休ませてもらうようにしても良いのではないかな。
 体調最優先。 母もそれは分かってくれるはずだ。)

・朝起きる事が出来ず、やっとの事で愛犬を病院に連れて行ったのだが、
 診察時間を過ぎてしまっていたようで、診てもらえなかった。
 もっと早起きが出来るといいのだが・・・
 早く寝る習慣をつけないとこういう事が今後も起こるから、
 なんとか早寝早起きを根付かせたい。
(愛犬には可哀想なことばかりになってしまっているが、動けないのだからしょうがないよ。 早寝早起きは現在では実行するようにしているけど、良い事だらけだよ。 頑張って早く眠るようにしよう。)

・朝起きると体が重く、今日こそは仕事を休ませてほしいと言いたくなる。
 店に到着するとそういう考えはほぼ無くなるのだが、
 体の重さと頭が回らないのは、なかなか取れず、
 じりじりと病状が悪化しているような感覚になる。
 月曜に病院に行って先生に相談し、更に強い薬が無いか聞いてみようと思う。
(毎日今日こそは休むと言いたいが言えない日が続いたよね。
 そうしているうちに一日一日、体調は蝕まられていく。
 遅く出勤したり、早退したりは出来ないのだから、休むしか無いと思う。 店の休日を増やすとか検討しても良かったよね。 あらゆる方法を検討すればもっと良かったんだけど。)

・身体が重く病院に行くつもりだったが、行けない。
 明日仕事が終わったら、店から直接病院に行こうと思う。
 クスリは今日の夜の分で無くなってしまうが、問題は無いだろうと思う。
 辛いという事を何とかならないかと先生に聞いてみようと思う。
(体がだいぶ重くて辛そうだね。
 薬を強くしても焼け石に水なんだと思う。
 薬でなんとかなってしまうならば、うつ病などすぐに治って全員が社会復帰を成功させるようになっている。 そうならないで多くの人が失敗に終わるということは、薬は気持ち程度軽くなるくらいのものだということ。
薬を飲む事は大切だけど、体が重くなってしまう根本的なこと。
仕事を無理してやっていることを解決しないと、この症状はどんどんひどくなっていくと思う。)