僕とうつ病&統失 闘病記 2014.08 店舗探しで出かけるのがしんどい

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・夜中に目が覚めてしまい、そのまま6時まで起きている事が影響してか、
 愛犬の散歩は10時頃に行くようになってしまっている。
 申し訳ないので、7時には行くようにしたい。
 それには0時には眠らないといけないだろう。
 夜更かしせずに眠る事ができるだろうか?
(昼夜逆転の生活は中々直らないよね。 深夜は快適だからしょうが無いような気もするけど。 愛犬の散歩だけ早朝に行けるなら起きていてもいいような気がする。)

・病院に行ってきた。
 前回の通院から1か月、どうだったか?と何も浮かんでこない。
 物忘れが激しいと言いましたが、少しはマシになったような感覚がある。
 でも完全に覚えられない。
 朝食に何を食べたか覚えていられないのは、改善した。
 少し時間がかかるが、なんとか思い出せる。
 副作用も無く、快適なのですが、薬を飲むと眠くなる事が問題か。
 1時くらいまで起きていて値落ちしてしまい、
 PCの電源を落とす事は何か月もやってないような気がする。
 相変わらず先生は「こんにちはぁ~ どぉ~でしょ~か?」と軽いノリ。
 「死にたくはならないです。 眠くなってしまって寝てしまいますが」
 と伝える。
 物忘れが少し改善したような気がするけど、それを言うのを忘れた。
 物忘れの話しをする事を忘れた・・・(笑)
 ラミクタールという薬なのですが、薬疹が出たら即飲むのをやめてね
 と脅されていましたが何も出なくて、僕の身体には合ってたみたい。
 それを伝えると、量を倍に増やすと言われた。
 本来この量で処方するのが一番効果が出るらしく、
 この量にしたかったようですが、なんせ副作用が危険なので、
 少量で様子を見ようという事だったみたい。
 この量にして調子が良くなったら、他の薬の量を
 減らす事ができるとも言ってくれたので、
 結構いい感じなのか?と思ってしまいます。
 先生が、僕は今よりも更に良くなる伸び代があると言っていてたので、
 薬が大幅に減るのか?とか、期待ばかりしてしまう。
 あまり妄想しないようにします。
 大したことにならなかったとしても、ダメージが少しで済むように・・・
 でも、僕はまだ上に行ける!!
 そう思えたら、解放されるような気持ちにもなります。
 客観的に様子を見るようにしないとね。
 さてさて、病院でお会計をしていたら、
 スタッフだけが利用するドアが開き、
 自転車を押しながら出て来る人物が!!
 薬を搬入する業者さんじゃないし、スタッフでもない。
 だって全身白の、何て言うの? 自転車に乗る人が着る
 ぴっちりしたハーフパンツみたいなのを着ていて、
 頭には流線型のヘルメット、
 ゴーグルをしていて、誰だかも分かりません。
 1分程考えて理解しました。
 先生だと。
 診察室で白衣を着ている先生は、ぽよぽよした身体だとばかり
 思ってましたが、この体型、かなり絞ってます。
 お腹など出てないし、何より足のモモの筋肉がムキムキ。
 ちょっと別人ですよこれは。
 そしてさっそうと、街の中に消えて行きました。
 かっこいい・・・ 不覚にもそう思ってしまった(笑)
 薬は先月とほとんど同じです。
 朝食後 : ラミクタール25㎎(これが増えた)
 夕食後 : ラミクタール25㎎、セルシン5㎎、アーテン2㎎、ジプレキサ10㎎2錠
 就寝前 : リーマス200㎎3錠
 です。
 果たして僕は、更に上に行けるのだろうか?
(先生のように外に出て身体を動かす趣味を持つ必要があるのかもしれないね。 現在も完全インドア派だけど、運動を趣味にできれば最高なんだけど。)

・レシピ作りがさほど苦にならずに、こなす事が出来た。
 回復してきているのか? 薬が効いているのか?
 それは分からないけれど、レシピ作りは問題なく終わった。
 この調子が続けばいいと思う。

・朝からお店の物件探しで、タバタバする。
 疲れたや、身体が重いとは、とても言えない。
 9時に家を出て、帰宅したのが14時頃なので、結構しんどかった。
 しかしお店を始めたら、このような事は言っていられないので、
 運動をするしかないのだろうか?
(運動したほうが良いね。 絶対にイイね。)

・セブンイレブンに寄り、スイーツを買い込んでしまった。
 買う事自体は構わないのだが、それを一気食いしてしまったのは
 いかがなものかと思う。
 満腹で胃が痛いと言うのに、食べてしまって、歯止めが利かなくなる。
 このパターンで何度リバウンドした事か。
 コンビニに立ち寄るのは止めにした方がよさそうだ。
(コンビニは駐車場に入ったら負けです。 ウィンカーをあげたらもう負けです。 前だけ見てコンビニの方を見ないようにする事!!)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.11 薬無し3週間&過食で闘病する気があるのか 

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・朝まで眠れ無かった代わりに日中倒れるように横になる。
 深夜2時を過ぎても眠くない夜は、
 素直に睡眠薬を飲むほうが良いのかもしれない。
(もうさぁ、深夜2時を待たずに23時とか24時になる前に睡眠薬飲んで、布団に入って眠くなるのを待つべきだと思うんだ。 飲んで直ぐに眠れるわけでもないしね。 もっと生活を正す心構えが必要だと思うよ。 何の為に睡眠薬だしてもらっているか分からないじゃん。 早寝早起きが基本だよ。 寝るのが遅いから翌日の昼間も眠いって事だってありそうじゃん。 薬をしっかり管理して有効に使うようにしないと、渋々病院に行ってくる意味も無いしね。 もっとしっかりしなよ。)

・弟にお供えするケーキを買いに、市内のケーキ屋に行ってきた。
 ついでにスーパーに行き、
 カップラーメン、カステラ、プリン、カマンベールチーズを購入。
 今度こそ一気食いしないようにしたい。
 食べ物を買いに行くという目的があると、外に出られるような気がする。
(この日は弟の命日だから行動することが出来たね。 余計なものを買い込んでしまっているのは褒められないけど、外に出ないよりはいいか。 でも毎日少しずつ食べるようにしないといけないけど、どうせ過食するんだろうな。)

・少し死にたくなってしまう。
 薬はきちんと飲んでいるので、死にたい気持ちは
 抑えきれないという事だろう。
 あるいは、別の薬にしてもらわないといけないのか。
(死にたい気持ちはゼロにはならない、薬をきちんと飲んでいても体調が一定という事にはならない。 期待は苦しむだけ。 死にたくなっても、生きているのは何故? 何か少しだけなら楽しめることや心が落ち着く事があるんじゃないか? そういう事だけ考えたりやっていれば良いんだよ。 高望みはしない、現状から考えて出来ることだけを考えてその中で生きていくしかない。 そこで選択肢の少なさに落ち込まずに、自分なりの幸せの形を見つけることです。 幸せはなるものじゃなく、感じるものです。)

・今日の分の薬が無い。
 体は比較的軽くて、お昼とおやつを買いにセブンイレブンまで行く。
 大量にスイーツを購入し、半分は一気食いしてしまった。
 体重はまだ増え続けていて、過食をやめたいがそれが出来ない。
(セブンイレブンに行くことが出来たなら、その勢いで病院に行けばいいのに。 病院に行ったご褒美にセブンイレブンに寄るようにすれば良いんじゃないかな。 先にご褒美が手に入ってしまったら辛い病院には行かないよね。)

・薬が切れて3週間近くが経った。
 薬を飲んでないと旧あぜ道でポロリとこぼした事で、
 病院行けと常連さんに言われ、力をもらって病院に行く。
 薬が切れていることを楽しんでるようようなニュアンスで
 お知らせしてしまったが、病院に行くのは身体の負担が大きい。
 遠い事、混む事、先生との対峙。
 どれもヘビーである。
 体調を見ていたつもりが、気付けば3週間。
 体調は万全ではないが、行かねばなるまい。
 心配してくれる人達に失礼だから。
 今回の病院、何を先生に話そうかと考えたのだが・・・
 何も浮かばない。
 ノープランである。
 僕にはもう薬が必要ではないのでは?というやりとりは
 さんざんやったし、なんと返ってくるのかも分かっている。
 今回は薬だけもらって帰ってこよう・・・ そんな感じだった。
 先生に「どうですか?」と聞かれ、
 「朝起きられないです。 夕方頃になってやっと動けるようになり、
 犬の散歩に行き、ご飯を食べ、寝る。
 朝は動けと強く思っても、身体が言う事を聞きません。」と伝える。
 ここで先生が意外な行動にでる。
 薬を熟考しだしたのだ。
 こんな事は今まで一度も無かった。
 薬の知識は半端ではなく、定番から最新の薬まで、
 あらゆる組み合わせを瞬時に考え、最適な組み合わせを
 導き出してくれる先生が、今月は悩んでいる。
 ぶつぶつ独り言を言い、1分くらい考えていただろうか。
 動けるようになっても、手が震えるのはやだよね?
 壁を虫が這っているのは、最近見る?
 などと質問をいくつか繰り返し、決めたようだ。
 髪切って、さっぱりした方が良いよ。 と最後に一言。
 美容院に行くのが怖くて行けないんだってば。
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:エビリファイ6mg1錠、ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠
 診察後に採血し、肝臓と脂肪?と、リーマスの効き具合をみるそうだ。
 とても疲れた。
 お正月は病院休みなので、12月中に遅れないで病院に行く必要あり。
 行けっかなぁ〜
 とか言ってちゃだめだよね。 行きます。
 またひと月頑張ろう。
(あの先生が処方に悩む理由は分からないけど、どうしたらいいのか分からなくなってしまったのかもしれない。 でも助けてやろうとするから悩むわけで良く考えてくれてると思うよ。 その薬を大切に飲んで、切らさない事。 多くの人が自分の事を考えてくれている事を忘れてはいけないよ。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.07 壁を虫がはっている

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・9時から15時まで、眠ってしまった。
 1日中寝てしまっている。
 食事も不規則で、深夜に台所に行って食べ物をあさるのが
 当たり前になってしまっている。
 体重も落とさないといけないのに、夜食や過食を繰り返し、
 自己嫌悪になってしまう。
(夜食も過食も止めらられないのに、やってしまった後は自己嫌悪になるんだよね。 だったら最初からって思うけど、それが我慢できるならば苦労はない。 夜食に関しては、寝てしまうこと。これに限る。)

・早起きは出来たのだが、その後二度寝してしまった。
 午後からのレシピ作り以降は、伯父が来てくれた事もあり、
 昼寝をする暇が無くそのまま深夜まで一睡もせずに過ごす。
 夕方にはPCでの作業もこなす事ができ、集中力が続いた1日だった。
 二度寝をしないようにできれば、完璧な過ごし方になるのだが・・・
 頑張るしかない。
(深夜まで作業をせずに早寝早起きを心がけよう。 規則正しく生活するだけで体調が良くなるものかと思っていたけれども、今になってみるとそうすると身体が軽くなる事を実感している。 早く眠ること。)

・体が重くて、読書などを続ける事ができない。
 14時からのレシピ作りも気が重かったが、
 作業を進めるうちに体は軽くなり、夕方には感じていた重さも消えた。
 夕方になると体が軽くなるというのは、うつ病の典型的な症状なので、
 病気はまだまだ僕の中にあるのだろう。
 夜は睡眠薬が無くても眠る事ができるので、助かっている。
 睡眠薬は所持していた方が良いかを、次回病院で聞いてみようと思う。

・最近の睡眠時間は3時間と短く、その短さを補う形で、
 日中寝オチしてしまう。
 夜の寝る時間を増やせば解決してしまいそうだが、
 どうしても3時間ほどで目が覚めてしまい、その後眠れなくなる。
 やはり睡眠薬が必要なのだろうか?
(深く眠れない事にも睡眠薬は有効だから、最初から飲んで眠るようにした方がいいかと思う。)

・病院に行ってきた。
 死にたくなる事は無くなったが、
 部屋の壁を虫がはっているように見えると伝える。
 それと、睡眠薬を飲まなくても眠れるのだが、
 2時間くらいで目が覚めてしまって、その後眠れないと伝える。
 この場合睡眠薬を飲んで寝たほうが良いのか?と質問すると、
 飲んで目が覚めないようになった方が良いだろうと解答をもらった。
 薬は少し変更され
  朝夕:エビリファイ5mg2錠、アキネトン1mg、セレネース3mg
  就寝前:リーマス200mg3錠、ベゲタミンB、ハルシオン0.25mg
(壁が見えないほどの大量の虫がはっているように見えるが、幻視だよね。 こんな部屋にいたら心が休まるわけもないが、どこに行っても見えるんだろうから逃げ場は無い。 薬があまり変わっていないけど先生は何を考えているのだろう? この処方で幻視が消えてくれるといいのだが。)

・体が重くて、日中座っている事もできない。
 15分も座っていると体が重くなってしまい、
 横にならないといられなくなってしまう。
 横になると眠ってしまうので、日中何もする事ができない。
 薬が変わる前からこのようになっていたので、
 薬の副作用だとは考えにくい。
 原因は何なのか?
(身体が重いのは今も変わらず残っています。 鬱なのか統合失調症なのか分からないけど、起きていられないよね。 無理して起きていると辛いだけなので、その時は横になって休もう。 サボっているわけでも怠けているわけでもなく、自分から休んでいるのだと割り切って自分を責めないようにしよう。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2013.03 自分と愛犬、2つの通院に無理がある

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・愛犬の病院に行く事ができなかった。
 薬は無くなっているので、今日行かないといけなかったのだ。
 午前中しか病院がやっていないので、行けるかも分からない。
 それと、自分の病院にも行かないといけない。
 両方が行くことはかなりのプレッシャーを感じ、
 体が重くなってきてしまう。
 やらないといけない事があると、どうして体が重くなってしまうのか
 自分でも分からないが、この症状には打ち勝たないといけないだろう。
(打ち勝とうとする考えはアリなのかもしれないけど、無理ならば他の人に頼むという方法もある。 全部自分で背負い込まずに無理だったら無理なんだから別のやり方を考える事も必要かと思う。 毎月病院の事で苦しんでいるから、病気も副作用も通院も苦しくて全然休まっていないように感じます。 これでは静養など出来るわけがない。)

・愛犬の病院に行く事ができた。
 体は重かったけど無理して起き上がり、強引に出かけた。

・薬が効きだしたのか、死にたくなる事が無い。
 薬が残り8日分しかないので、
 今度は薬が切れる前に病院に行くようにしたい。
 行けるだろうか? 自信は無い。

・過食とまではいかないが、かなり食べてしまっている。
 病気の影響なのかは分からないが、
 買ってきた菓子パンやスイーツを1日で食べてしまう。
 体重は量っていないが、お腹周りがかなりやばい。
 3kgくらいはリバウンドしているような気がする。
 コンビニでおやつを買うという目的があると外出できるのだが、
 買いすぎてしまう。
 明日、体重を量ってみようと思う。
(急激に太ってしまっているよね。 コンビニ通いも困った部分がある。 このままだと糖尿になってしまいます。 毎日体重計に乗って自己管理と危機感を持たないといけないところまで来ていると思う。 食べていると気持ちが落ち着くけど、量を減らしていこう。)

・母と今後始める商売の話になり、
 僕からどこまで動けるか分からない事が不安だと言った。
 自殺する事はありえない。
 今は死にたいと考えなくなったと話したついでの展開だった。
 母も僕がフルタイムで働く事はできないと思っているようで、
 お店は昼の営業だけになっても構わないと言っていた。
 それは有り難いが家賃との兼ね合いで、
 昼だけの営業では赤字になってしまうだろう。
 商売はそんなに甘くない。
 夜も営業しないと採算は取れないだろうから、
 フルタイムで僕が動けるようにならないといけないだろう。
(今思えば、母は僕の将来の事を考えて商売の話をしてきているのだが、僕からするとまだまだ働ける段階ではない。 それに料理界には戻りたくない。 それを早めに話すべきだったね。 何でも思ったことは言ったほうがいい。 子供の頃から自分の意見を言わないで抑えてしまってきたから今こういう事になっているのだし、変わりたいならばまず思っている事を話す事です。)

・薬が残り1日分になるが、明日は病院が休みなので
 薬が切れてしまう事になる。
 今月こそは早め早めに病院に行こうと思っていたが、
 愛犬の病院に行く事で気力を使い果たしてしまった。
 体が重い。
 TSUTAYAでDVDを借りる為に外出するのは良い事だが、
 それで病院に行けないとなるのは本末転倒になってしまう。
(TSUTAYAは車で5分、病院は1時間以上かかり3時間以上待ち、1時間以上かけて帰ってくる。 待合室の椅子は背もたれが無くとても疲れる。 通院の日が近づいてきて薬が無くなってくると、気が重くなるのも分かる。 あの病院にこだわる必要は無いんじゃないかな?)

・病院に行ってきた。
 症状は落ち着いているが、体が重くて外出できないと伝える。
 薬を変えてみる?と聞かれたが、今の薬で症状は抑えられているので
 変えたくないと言い、いつもの薬のままになった。
 季節の変わり目で体調が悪くなっているだけかもしれない
 と先生は言っていたが、本当に季節が変わるだけで
 体調が悪くなるのか疑わしい。
 とりあえず薬を飲んでいれば死にたいとも思わないので安心である。

・左手の震えが止まらない。
 薬は今朝から飲んでいるが、薬を飲まない日があった事が原因だろう。
 あと数日薬を飲めば、症状は治まると思う。

・今日は体が重く、1日中コタツで横になっていた。
 愛犬の散歩はなんとか行けたが、
 何もしないで一日が終わった。
 自己嫌悪に陥る。
 左手の震えは治まった。
(愛犬の散歩に行けただけでも良しとしよう。 何も出来なくても愛犬と遊ぶだけの日にすればいい。 意味のない日なんて無い。 )

・薬があと2週間分になった。
 今月は早めに病院に行きたい。
 残り1週間になったら行こうと思うが、体は動くだろうか?
 愛犬の病院もあるし、PCでやらないといけない事もある、
 やらないといけない事が沢山ある。
 あると言っても、自分の病院、愛犬の病院、自分の作業と
 3つしかないのだから、気合いがあれば何とかなってしまうだろう。
 まずは目の前の仕事から片付けるようにしよう。
(仕事の早い人は基本的に一つ一つを確実に片付けていく。 次、次ときりかえるのが早い。 3つやる事があっても、結局は1つずつ片付けるしか無い。 だから3つやる事はあるけれども、まず1つの仕事を片付ける事。 終わったら次の事を考えるようにすればいい。 たくさんやる事があると思うと身体が動かなくなるのが自分の症状だから、追い込まれない発想に変えていこう。)

・あぜ道通信に鬱病経験者からコメントがあった。
 今回の人に限らず、鬱病や精神病の人からコメントがあると、
 とても嬉しい。
 力になってあげたいと思うし、僕自身も返信を書くと力になる。
 理想としてはコメントを見た他の読者と僕と三角関係で、
 支えあうような形になると良いのだが、まだそこまではいっていない。
 あぜ道通信は毎日150人程がアクセスしてくれているが、
 コメントを書いてくれるのは、2〜3人。
 どうすればコメントを書いてくれるのか分からないが、
 毎日ブログを更新するしかないだろう。
(闘病のブログだし、読みに来る人も病気の人が多いのでしょう。 コメントを書けない人がほとんど。 アクセス数を見れば分かる通り読者は居る。 それだけでも良いんじゃないかな。 僕の様子を観察して参考にしてくれている人も居るだろうし、頑張って闘病する事。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2011.06 睡魔と過食

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・今日も一日横になって過ごす。
 カーテンを閉めると、部屋の中が暗くなって、比較的良く眠る事ができる。
 カーテンを閉めないと、うたた寝状態が数時間続き、疲れるのである。
 かといって毎日カーテンを閉めていても問題だと思うし、難しい所である。
 それに昼間寝てしまうと夜眠れないのだが、
 昼間ずっと起きていられるほどの体力、気力が無い。
 だからどうしても横になってしまう。
(カーテンは開けろ、窓もたまには開けて空気を入れ替えろ、朝日を浴びろ、それが簡単に出来たら苦労はしない。 やりたくないのではなく、苦痛が伴う事を健常者には分かってほしい。 横になっている事を改善したいと思っている事は褒めてあげたい)

・プログラムの本を引っ張り出してきて勉強をし直しているのだが、
 集中力が続かない。
 1時間だけ勉強をしたら、横になって眠ってしまった。
 これではいつになっても作業が進まない。
 落ち込んだ。
(難しい本を読んで疲れてしまう。 やらないといけない事だけど、絶対に今やらないといけないと言われるとどうだろう? 体調が悪くなる、消耗してしまうならば、もっと時間を考えるとか、別日にするとか方法を考えた方が良いと思う。)

・家族で出かける予定の日だからか、朝もすっと目覚める事ができ、
 日中も色々と動く事ができた。
 帰ってきてからも写真を取り込ませたり、
 PCの問題を解決したりと、動く事ができた。
(この日は楽しくて色々と活動出来てしまったよね。 楽しい事は動ける。 だったら何事も楽しんでしまうように考える癖をつけたらどうだろう? 何かストレスが加わると身体が重くなってしまうわけだから、楽しむ事を前提にやる事を選ぶと良いかもしれない。)

・眠気が強くて、起きていられない。
 眠ってしまっても1時間で目が覚めるが、起き上がることもできずに
 また眠ってしまう。
 落ちていくような感覚があり、このまま死ぬのでは?と思う程だ。
 寝不足ではなく、毎日がこうなので、薬の副作用だろうか?

・一日中死ぬ事を考えている。
 前向きに考える事ができず、
 どう死ぬか、いつ死ぬか、身辺整理はどうするか、遺書は書くか
 などを考える。
 今後も考えるだろうし、どうせ死ぬなら早くしなければならない気がする。
(身辺整理だけはやらないようにね。 それをやってしまったらもう留まる理由が無くなってしまうから。)

・病院に行ってきた。
 3時間半待ちという混み方で、疲れ果ててしまった。
 先生には、強く死にたいと伝えた。
 理由は思い当たるか?と聞かれたが、思い当たらないと答えた。
 おそらく、社会復帰の話が上がっている事が影響しているのだろうが
 その話はしないことにした。
 梅雨時の季節は体調を崩す人がいるとのこと。
 薬が変わった。
 朝:アキネトン1mg、セレネース3mg、セルシン2mg
 夕:アキネトン1mg、セレネース3mg、セルシン2mg、ジプレキサ10mg

・落ち着いてはいるが、ちょくちょく自分が死んだ場合の
 残された人達の事を考える。
 特に母の事が心配である。
 僕が死んだら母も後追いするか、精神を病んでしまうだろう。
 姉はそんな母を一生面倒見ると言っている。
 その他にはこの家の墓を守る人がいなくなる事も考える。
 姉は離婚してこの家の姓に戻る事を旦那に話したことがあるらしい。
 またこの前のような悪い波が来た時、耐えられるかは分からない。
(皆が僕が死んだ場合の事を考えている。 それだけ心配させてしまっているという事。 早く元気になろうと焦る必要はないけれども、心配をかけてしまっていることはいつも心に留めておいて、感謝を忘れないように。)

・甘い物が食べたくて食べたくて、セブンイレブンに行こうか随分迷った。
 結局行く事はなく我慢できたのだが、
 父がコンビニで甘い物を買ってきてくれた。
 気持ちが落ち着いた。

・死にたいと思う事もほとんど無く、安定している。
 どうなると死にたくなるのか?自分でも分からない。
 先生は梅雨だの気圧だの言うが、そんな物で体調が変わるとは思えない。
 何か思考の出発点になるような何かがあるはずなのだ。
 それが分かればいいのだが・・・。
(気圧で体調変化説は本当なんだろうけど、自分に当てはまるかは謎。 たぶん自分には関係ないことだと思う。 体調に波があるのはそのとおりだけれども。)

・落ち着いてはいるが、昼間眠ってしまったり横になったりするので、
 夜眠れない。
 昨日、今日と早朝5時まで眠れないかった。
(昼間眠らない方法は無いのだろうか? なにか楽しみを・・・と言っても何も楽しめないだろうし、消耗してしまうから難しいのだけど。)

・今日は死にたいとほとんど考える事が無かった。
 身体も少し重いが、愛犬の散歩にも午前中に行けたし、
 合格点だったと思う。
 こういう日が続くと自信がつくのだけどなぁ。
(こういう日が続くと思い込まないこと。期待しないこと。回復はとてもゆっくりなので、一日だけ調子が良いということでは喜ばない。波の平均線が上向きになっているかが大切。)

・睡眠があまり取れていないので日中身体が重く、
 眠かったり、覚醒したりする。
 そろそろ新しい薬の効きめが出てくる頃だが、
 身体がだるくなる症状は好転していない。
 ここ数日、死にたいとはあまり考えないようになっている。
 薬が効いているのか?

・筋トレの疲れか?薬が効きだしたのか?は分からないが、身体がダルイ。
 今日の昼間はずっと熟睡してしまった。
(筋トレしていた記憶が全く残っていないのだけど、頑張っていたね。 現在の自分も見習わないといけないかもしれない。 見習うべきだ。)

・身体が重く、一日中寝て過ごした。
 午後に入り、甘い物がむしょうに食べたくなって、コンビニブンブンに直行。
 甘い物をしこたま買ってきて一気食いしてしまう。
 またリバウンドするような気がする。
 身体が重いのは筋トレの疲れがピークに達してる可能性もあるはず。
(少し痩せた頃に無性に甘いものが食べたくなるんだよね。 この衝動がものすごくて食べないことがとてもつらい。 普通の食べたい欲求のレベルじゃないよね。 過食に走る傾向があるから気をつけて。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。