僕とうつ&統失 闘病記 2016.05 現在にも繋がる話、GoかStopかの線引きは自分でするしかない

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・5月の病院に行ってきた。
 4月は病院に行ってなくない。
 薬を飲んだり飲まなかったりしながら、無くなるのを先延ばしにしていたのだ。
 GWにも入っちゃって病院休みだし、仕事も出続けていたし、しょうがない。
 今日の病院は、GW後の最初の日という事で、凄まじい混みよう。
 なんと5時間待ち(笑)
 たまたまナビでDVDが見れるんだったなぁ なんて考えていて、hideちゃんのJUNK STORYを持って行ったのだけど、映画なんで2時間で終わっちゃうじゃんね
 平日の昼間に、友達たちにLINE送りまくっても、迷惑だろうし、そもそも仕事で見ないわなw
 もうラジオ聴きながら、ウトウトしてました。
 でも、寝過ごすわけにもいかないから、まどろんでました。
 さて、いつもの先生の切り出しから対話が始まる。
 先「どぉ~でしょ~かぁ~」
 M「無理をして仕事に出続けています」
 M「朝が動けなくて、15時くらいにお店に行って・・・」
 M「お店は夕方までやっているのですが、ちょっとだけ皿を洗ったりして帰ってきます」
 M「それでもかなりしんどくて、無理をしています」
 M「でも、ある程度の無理をしないといつまで経っても社会復帰は出来ないですよね?」
 M「どこまでがリハビリで、どこからが逆効果なのか、わかりません」
 先「じゃぁ、薬を変えて、もう少し動けるようにしよう」
 M「その薬で改善すれば良いのですが、母が腰を痛めました」
 M「かなり無理をして仕事に立っていると思います」
 M「僕は朝動けませんから、考えるのです。」
 M「ずるいのです。 ずるいという軽い表現を使っている事すらずるいのです。 汚いのです。」
 M「母の腰の辛さと僕のうつ病の辛さ、どちらが辛いか天秤にかけるのです」
 M「自分はずるいから、大抵自分の方を優先します」
 先「それは考えてもしょうがない事だよ」
 先「それに、自分を優先するべきだ」
 M「不甲斐ない息子で、自分が情けないです」
 先「M君の辛さはお母さんには分からないだろう? 病気じゃないんだから」
 先「M君もお母さんの腰の痛さは分からない。 比べられない」
 M「これも今回処方してくれる薬で改善されれば意味の無い話ですが、ずっと仕事に出ていて、半年なり、一年なりの平均を考えてみると、悪化しているような気がするのです。」
 M「どんどん動けなくなってきているのです」
 先「髪を赤くしたりして、外見から変わっていこうって姿勢は、ずいぶんと前からの事だよね。」
 先「昔よりは、ずいぶんと明るくなったような印象があるけどねぇ」
 M「また悪くなるのが怖いんです。」
 M「今だって良くなったとは言えないかもしれませんが、最悪だった頃に戻ってしまうのではないか?というのが、ものすごい恐怖なんです。」
 M「先生がどこまで頑張るべきかアドバイス出来ないのは分かっています。 患者さんの性格、病状、仕事内容、環境などで一つとして
 同じアドバイスができないはずですから」
 M「さすがに死にたくなったり、自傷行為に走るような衝動が出たら、仕事は休むし、自分最優先にします。」
 M「問題は、今くらいの苦しさに耐え続けて、無理するべきなのか? 分からないし怖いのです」
 先「やるだけやったらいいよ」
 先「やらないでも自分を責めるなら、やれるところまでやるなり、悪化したとしても、やってそうなったら、まだ納得がいく」
 M「そうですね・・・・」
 M「母に自分がどれくらい辛いかを話した方が良いでしょうか?」
 M「知ったら、絶対に腰の辛さを我慢して、僕の負担を軽くしようと無理しますよ」
 先「言っておいた方がいいんだよな。 何かあってからじゃぁ遅いから」
 M「でも言えないですよ」
 とまぁこんな感じ。
 先生はまだまだ頑張れって事だったわけだけど、ほんとしんどくてね。
 難しい舵取りになりそうです。
 今月の薬。
 朝:エビリファイ6mg、セルシン5㎎、アーテン2mg、アモキサン25㎎
 夕:エビリファイ6mg、セルシン5㎎、アーテン2mg、アモキサン25㎎
 このアモキサンというのが初めての薬です。
 どうなる事やら・・・・・

・姉から来週は毎日予定があるから、店に出てほしいと連絡がある。
 正直辛いものがあるが、仕方ない事だし、力になってやりたい気持ちもある。
 でも前日になってから突然明日よろしくというのはやめてくれと送った。
 姉も忙しくて連絡が遅れたのは分かるんだけど、
 一応こっちの立場も伝えたので、送って良かったとは思ってる。

(今月も日記の記述は少なめ
 姉が結構、仕事に出てこれる?ではなく出てきてくれという言い方で
 精神的に追い込まれてしまうので、正直勘弁して欲しい。
 病院の先生とのやりとりは今の自分にも当てはまる事で
 どこまで頑張るか?は重要だと思う。
 体調が悪くなるまでやる事は意味があるのか?
 何もしないで後悔するなら、悪化したとしてもやるだけやる事の方が
 意味があるのではないか?という考えは自分では導き出せなかっただろう。 でもこの考え方は先生の数がいればその数だけ違ったアドバイスが出るような話だと思う。
 今通っている病院の先生は、無理はしてはいけないという考えだし、正解は分からない。
 僕の考えとしては、やるやらないどちらを選んでも後悔するのなら、
 やるべきだと思うし、それで体調が悪化して年単位で後戻りしてしまっても、仕方ない事かと思う。 ずっと社会復帰の挑戦をしないわけにはいかないし、いつまでも年金に頼っているのも違うと思うからである。 しかし最後は自分の感覚でGOなのかSTOPなのかは判断するしか無いし、ここまでで諦めるという線引きも自分しか出来ないことだと思う。)

僕とうつ&統失 闘病記 2016.03 父からの失言、身内から言われるような事ではない、呆れるし悲しくなる

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・父が帰宅して、僕に調子はどうだ?と聞いてきた。
 あまり良くないというと、それはダメだな と言われた。
 この無神経発言にカチンと来たので、言ってやろうと思ったが、この場は謝るかもしれないが、人の気持ちを理解できない人だから、どうせまたやるだろうと思って、怒りを通り越して呆れてしまったし、可哀想な人とさえ思った。
 父が眠った後、母にあの一言どう思った?と聞いたら、怒る事も抗議するのもバカらしいと思った事も一緒だったので良かった。
 姉にも明日の店で母が話をするだろうと思うが、姉も同じ事を考えると思う。
 母と姉にだけ分かっていてくれるなら、それでいいのだと思う。
 今回の一言で、ショックをうけて自殺する何てことは無い。
 まだまだ人生楽しみたいし、死んでなどいられない。
 気にしない気にしない。
(よくまぁそれはダメだななどと言えるものだよね。
 どうダメなわけ? 体調聞いておいてダメ出しって意味が分からない。
 ダメだなと言われて、僕はどうすればいいわけ?
 どうダメじゃない状態にもっていけというわけ?
 生きている事がダメだと言われているような気持ちだよ。
 何も考えてないんだよ。 こう言ったら相手はどう感じるかを考えられない人なのは家族中知っていることだから。)

・父が僕に体調を聞き、悪いと答えると、そりゃダメだな と言った事が大問題になり、母から姉にその話が行くと、姉が家に来て直接話をするという所まで来ていたらしい。
 父が帰宅すると、母がどういうつもりでダメなどと言ったのか?
 何を考えているのか?
 相手がどれだけ傷つくか分かっているのか?と 怒鳴った。
 父は相変わらず、悪気はなくただ発言しただけだと言ったが、
 それでは反省も何もないと。
 しばらくやりあって、父も失言だった事を認め、謝ってきた。
 2度と言ってほしくないものである。

(記録がほとんど無い月だったが、仕事には行けているようである。
 体調に関しては良いも悪いも書かれていないので分からない。
 月末に父の失言が有ったが、これまでも何度も同じような問題を起こしてきた人。 その場は謝るが、根本的に何が問題になったか理解する事ができないので、同じことを繰り返す。 この人には心は開かないと思ってしまうよね。 可哀想な人だと思って、あまり深く関わらない方がいい人だとは思う。 )

僕とうつ&統失 闘病記 2019.08.02 8月の病院にて 運動の必要性、考えることの不必要性

8月の病院に行ってきました。
診察室に入り、あまり体調が良くないこと、頭がフラフラする事などを伝えます。
先生はすぐに僕が痩せたことを指摘して、食事は取っているのか?と。
1日2食で量を減らしている、特に米はかなり減らしている事を伝えました。
顔がだいぶ細くなった反面、落ちにくい場所はお肉が残っていると見たようで、食事だけのダイエットは良くないと言われました。
お腹もだいぶ引っ込んだんだけどね、これでも。
体調が悪いのも食事をしっかり取らない事が影響しているらしく、月にどれくらい痩せているのか?と聞かれたので、月に500gくらいって計算したつもりで言ったんだけど、よく考えたら月に2kgずつ落ちてるよね。
計算ミスだったわけだけど、本当の事を言ったら色々と反対されただろうな。

夏で暑いけど、軽運動をするようにして、体幹を鍛えるようにして下さい。
って言われた。
ラジオ体操でも良い。
涼しい部屋での運動で良いからと言うけど、元気にエクセサイズしている自分を想像できない。
身体重いもんな。

それと「不安に負けない」という本が読めない事も話したのですが、読まなくて良いとのこと。
難しい知識を詰め込むよりも、回復を待ってくれる会社側の姿勢があるのだから、穏やかに生活するべきだそうで・・・
不安はどうやっても不安なんだけどね。

薬に変化は無し。
かなり少ない量の薬でやりくりしているらしいけど、
辛いとか体調悪くなってきていると言っても、薬変わらないんだよね。
肝機能でも弱っているデータがあるのだろうか?
今はできるだけ増やしたくないって言うんだよね。
もっと楽になれる処方があるのなら出して欲しいし、何のために辛いのを耐えているのか分からなくなるんだよね。
薬に頼らないで自力で回復できると思われているのかな。
まさか精神科の先生がそんな事は考えないだろうけど。

病院にて
 ゼプリオン水懸筋注75mgシリンジ
毎日夕食後
 ランドセン錠0.5mg
 オランザピン2.5mg「トーワ」

僕とうつ&統失 闘病記 2019.07.25 「不安に負けない気持ちの整理術」を買ってみた

コンビニに郵便物を出しに行ったついでに本のコーナーを物色。
あまり面白そうな物や、今その情報が欲しいという物は無かったのだけど、一冊目に止まった物が有りました。
「図解 不安に負けない 気持ちの整理術」という900円くらいの本です。
パラパラめくってみると、面白そうな事が書かれていそう。

面白いというよりは、今の自分を救ってくれそうだという予感がしました。
この本は前にこのコンビニに来た時も売れ残っていて、この日も売れ残っていたのだけど、やや埃を被っているし、角も丸くなってしまっている感じ。
でもこの1冊しか無かったし、コレを買うべきという声が聞こえたような気がする。

帰宅してからブログに載せる為に表紙の写真を撮って、、、
そのまま放置。
ちょっと読むの辛いよね。
たとえ発想転換を促してくれる内容だとしても、今出来てない事を実感するわけで・・・
頭をガツンと叩かれたかのように、一気にプラス思考になれるのでしょうか?

こういう本はあまり買わない。
ましてやコンビニに売っている安い自己啓発本です。
効果は分からないけど、明日辺り読んでみようかな。
体調が良かったらだけどね。

今、けっこうな不安(否かなりかな)に包まれていて、どうしたら良いのか悩んだりしています。
考えること考えることがマイナス思考からの発想なので、ロクな考えにはなっていないはずだし、心が弱っているのが分かります。
不安は病気に絶対良くないよね。
ゆったりおおらかに過ごさないと静養なんてあったもんじゃない。
何とかこの苦しみから脱したいという気持ちがあって、気付いたらこの本を持ってレジに並んでいた形です。

900円の価値ある内容が書かれているでしょうか?
果たしてどうなることやら。

僕とうつ&統失 闘病記 2015.08 出勤出来ない日が増える、姉が本音を吐露

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・頭が少しフラフラするが、やらいでかのHPの編集が出来たので、
 まずまず回っていたのだろう。
 死んでしまおうとは思う事があるので、まだまだ油断は禁物だろう。
(ちゃんとやれているのに、死にたくなってしまう。
 病気の怖い所だよね。 現在でも今死のうって考える事があります。
 これは一生消えない考えなのかもしれないから、楽しい事をするようにして、楽しみながらマイペースに生活できると良いね。)

・薬を飲むようになってから、日に日に体が軽くなってきている。
 やはり薬の効果が出ているのだろうか?
 それとも良くなる波と同時に薬を飲んだだけなのか?
 統合失調症は治らない病気。
 一生薬が必要なのか・・・と考えると落ち込む。
(統合失調症も治せる日が来ることを願います。
 あとは偏見も無くなると良いな。)

・午後まで眠ってしまったが、身体は比較的軽く、
 もう少しで働けるくらいの感覚がある。
 今週末は姉を休ませる為に、僕が出る事になった。
 まだ土曜日は先なので、その日に向けて体調を良くするようにしたい。

・やや体が重く、洗濯をする事しか出来なかった。
 本当ならば、愛犬をシャンプーして、
 弟の親友へ渡す資料を作らないといけなかったのだが、それも出来ず。
 少しだけ死んでしまおうかと思った
(何か出来なかったら罰として死ぬことを考えるよね。
 死んでも何も取り返せないし、罪滅ぼしにもならないから死ぬだけ無駄になるよ。 もっと自分勝手くらいに人生楽しんだ方がいいよ。)

・眠気がすごく、移動中の車内でも帰宅してからもずっと眠ってしまう。
 夜の睡眠をしっかりとれば昼間眠くなくなるのかもしれないが、
 昼夜逆転の生活になってしまっているので、
 なかなか夜集中して眠る事が難しい。
(昼夜逆転の生活を直すのは難しいことだけど、何時になったら眠ると決めること。それを守ることしか直す方法は無いんじゃないかな。
本気で直そうと思っていないんだと思う。)

・体が重く、仕事に行く事が出来なかった。
 日曜に活動的になると、その反動が来るような気がする。
 一日のほとんどを横になって過ごしてしまい、また自己嫌悪に陥る。

・昨日、外出した事が原因なのか、体調があまり良くなかった。
 外出した翌日は、体調が悪くなる事が多いので、
 分かっていた事ではある。
 9時に家を出て仕込みをする予定を母と立てていたのに、
 9時に出かける事ができない。
 家を出たのは9時45分になってしまい、母と姉に迷惑をかけてしまった。

・一日中眠って過ごす。
 身体が重く、起きている事ができない。

・早朝から仕込みをして、疲れている所に姉から電話があって、
 姪の体調が悪いから、昼間の営業に出てほしいと言われる。
 疲れ切っていたので、無理だと断る。
 すぐに母から3回電話がかかって来たが、どれも出る事ができなかった。
 午後になって姉から、助けてよとメールが来た。
 母の電話を無視するなという言い分だったが、
 本音は無視などどうでも良く、とにかく店に出て来いという事なのだ。
 手伝える時は手伝うが、無理な物は無理なので、自分は間違っていないと思う。
(姉にも姪っ子にも申し訳ないが、どういう理由だろうと動けるならば出勤しています。 助けたい気持ちが無いわけじゃない事は分かってくれているとは思うが、キツめの言葉を言われ、普段からそう思っているんだろうなというのが見えてしまった。 自分抜きで回してほしい、自分はもう休みたい。)

・昨日めいいっぱい働いたから、その反動が来るかと思ったが、
 特に落ち込む事も無く過ごす事ができた。
 ただ、睡眠不足だったので、一日中眠く、起きているのがしんどかった。

・8月の病院に行ってきた。
 今回はカウンセリングについて先生がどう思っているのか?を聞いてみた。
 以前聞いたときは、カウンセリングに否定的な意見を言っていたが、今回も同じような事を言われるのだろうか?
 先「こんにちはぁ~ どぉ~でしょぉ~かぁ?」
 M「あんまり良くないです。 結構死にたくなってしまいます。」
 先「う~ん、どうしてでしょう?」
 M「仕事に出れない日は、自分を責めてしまします。 家族に迷惑がかかるので、追い込まれてしまって、死ぬしかないと考えるようになります。」
 先「幻覚、幻視、幻聴はどうかな?」
 M「幻覚はほぼ無いです。 幻聴が少しだけ聞こえます。
   家の庭、敷地に人が踏み込んでくる足音が聞こえます。
   仕事をしている時は仕事に集中しているからでしょうか?
   仕事の時に聞こえた事はありません。
   自室にいると聞こえるのです。
   家だけで聞こえる事はどういう意味があるのでしょうか?」
 先「幻覚、幻聴が現れる原因は分かっていないから、何とも言えないなぁ 虫がはっているのはどう?」
 M「ほぼ見えないですが、壁、周りがザワザワしているような感覚はあります。」
 先「セレネースを5㎎増やしてみよう。
   2週間くらいで効果が出てくるから、楽になれるはずだよ」
 M「あと、カウンセリングと言う物は、どんな感じなのでしょうか?
   受けてみた方が良いと思いますか?
   先生は以前、一通り話をしてしまったら、
   次からは話す事が無くなって、進展が無くなるよ
   とおっしゃっていましたが。」
 先「話をしたら、気持ちは晴れると思う。
   話はいくらでも聞いてくれるから。
   でも思考がまとまってない状態の人が話をしても、
   話が違っていて、適切なアドバイスは受けられないと思う。」
 M「なるほど・・・・」
 先「じゃぁ、今日は採血してってね。 お大事に!!」
 M「ありがとうございました。」
 と言った感じです。
 カウンセリングについて踏み込んで質問できなかったのは、頭が回ってないからかな・・・
 あと、うつ病の薬は体調が良くなってきたら減らしていってもらいたいけど、統合失調症の薬は、おそらく一生飲まないといけないかも と思っています。
 統失は治らないとされているからです。
 幻聴、幻覚がまたひどくなるのは辛いので、それだけでも抑えてくれる薬があるのなら、それは飲んでおきたいのです。
 今回の薬
 朝食後 セレネース1.5mg、サインバルタ20㎎、アキネトン1㎎
 夕食後 セレネース1.5mg、サインバルタ20㎎、アキネトン1㎎、ジプレキサ10㎎
 となりました。
 セレネースが1mg1から、1.5mgに増量した。
 これで幻聴が消える?と良いのだが・・・・
(先生はカウンセリングに反対だけど、僕は効果はあると思っています。
 実際にこの後カウンセリングに行って、体調が良くなった事もあります。
 興味があるなら飛び込んでみるべきだし、治そうと思っての行動なので
 やるべきだと思う。)

・問題なく早朝出勤する事が出来た。
 仕込みで疲れてしまって、ランチの営業もやる事になると
 大変だなと思っていたら、母が帰っていいと言ってくれた。
 疲れれているような顔をしていただろうか?

・連日の早朝出勤で、疲れてしまっている。
 仕込みが終わって帰宅して、すぐにダウンして眠るのだが、
 疲れが取れる事は無い。
(疲れが溜まっているよね。 無理をして出ているような状態なので、どんどん悪化するような気がします。 自分が出られない場合でも店が回るようにやり方を話し合う必要があると思う。 いざ出れないとなってからバタバタしているような気がするから。 リタイアするなら早い方が良い。)

・早朝の仕込みに行けないとトモ子に伝える。
 一日中自己嫌悪に陥り、自分を責め続ける。
 身体が動かないので、一日中眠って過ごした。
 食事をとってはすぐに眠る事を繰り返し、何もしない一日。
 最低だと思う

・比較的体調が良くなり、午後からパソコンで作業をするまでになった。
 しかし風呂に入ってないし、愛犬の散歩もなかなか行けずで、
 まだまだ本調子ではない。
 明日は新商品の試食があり、明後日からは提供開始とあって、
 いよいよ日中仕事に出ないといけなくなってきそうだ。
 こちらの体調の良し悪しに関係なく、ドンドン話が進む事が怖い。
 僕が出勤できないとお店が回らないのだが、僕抜きで回すような体制を
 作ってもらい、僕は体調が良い時だけ出勤するような形を望むのだが。

・朝から仕事に行くつもりだったが、仕込みの時間になっても動けず、
 営業時間になっても動けなかった。
 久しぶりに体調が悪く、起き上がって1階に行くだけで
 2時間以上時間がかかってしまった。
 今日は試食と写真撮影があったので、昼飯を食べに行くつもりで出勤し、 お昼を食べてから、30分眠り、それから仕込みをして帰って来た。
 帰宅は9時過ぎになってしまって、結構疲れた。
 明日は家を出るのが8時半という話なので、
 早めに起きて動けるか確認したい。
(だいぶ疲れているよね。 いつまでという期限は無いから、今後ずっとこの生活を続けていく事が果たして出来るのか? よく考えて、進退を考えるべきだと思う。)