僕とうつ&統失 闘病記 2018.09 過去編最終回、新畦道開設の日に追いつく

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・朝起きるのが辛く、どんなに遅くても7時には出発しないと副業に遅刻するのに、家を出たのが7時45分。
 明らかに遅刻なので9時半に、遅刻する旨の連絡を入れる。
 次回は問題なく行けるだろうか?
 新しく処方された薬は、なんとなく朝起きにくくなるような気がする。

・帰宅してからずっと畦道通信の編集をしている。
 疲れは無く、いつまででも作業していたい。
 今日も夜更かしして作業をしたいが、明日からまた仕事の日々。
 どこかで線引きして眠らないといけないだろう。

・体調は良い。
 集中力も続くし、体も動く、頭もそこそこ回っていると思う。
 この状態が続く事を願う。

・引きこもり家族会フォーラムの宣伝として、事前に朝日新聞さんから取材を受けた。
 辛かった当時を思い出しても、体調に変化はなく、質問に答える事ができた。
 これならば当日も問題なく話をする事ができるだろう。

・副業に出勤する事が出来ない。
 理由は自分でも分からない。
 どうして本業は出勤できるのに、副業には行けないのか?
 体を動かす仕事が面倒なのか?
 通勤が億劫なのか?
 人間関係か?
 全部が理由のような気がする。
 別の仕事を探す必要があるかもしれない。

・昨日の不調が嘘のように元気に本業に出社する。
 上司には昨日、仕事に出なかった事を伝えた。
 副業の上司から明日は出られますか?と電話があったので、明日はちゃんと出勤すると伝え、謝罪もした。
 今日は早く眠って、明日に備えようと思う。

・引きこもりの家族を持つ方の集まりに15時半から参加してきた。
 今回は僕に質問がかなり飛んだきたので、一つ一つ丁寧に答える。
 犬を飼った方が良いという話は結構盛り上がった。
 仕事終了後に直帰するか迷ったが、行って良かった。

・今日は副業に行く日。
 5時に目が覚め、出勤までに時間があると二度寝したら9時だった。
9時半に電話ができず、9時58分に電話があるが出られず。
 こちらから電話ができない。
 11時にやっと電話し、それから出勤した。
 信用は全く無くなったと思う。

・謎の眠気が1日を通してあるが、寝坊して遅刻さえしなければ問題は無い。

・1日休みだったので羽根を伸ばすことができた。
 仕事もせずに時間を使いリフレッシュすることができた。

・一人暮らしを続けるのは無理じゃないのか?そう考えてしまう。

朝6時の段階で体調が悪く、副業出勤はやめようかと思った。
 だが休む連絡を入れるのは9時半。
 その時間までに職場近くのセブンイレブンまで行くことにした。
 9時にセブンイレブンに到着し、そこで休むと電話を入れて、海でも見てから帰ろうかと思ったが、
 休むと電話する事ができずに、遅刻ギリギリの時間に。
 ええいっと思って、車を発進させ、出勤する事にした。
 体調が悪いくらいなので、記憶力が明らか落ちていて、3つの数字までしか記憶できない。
 情けなくなったが、このスペックで今日を乗り切らないといけない。
 運悪く今週は棚卸しだったので、物を数えるだけの仕事。
 仕事が遅くてコンビニバイトの時のように、もっと早くと急かされるのではないか?
 言われないとしても思われているのではないか?と恐怖心が出てくる。
 18時半を過ぎている時間になっても上がって良いと言われないので、仕事が終わるまで帰さないという事は分かったので、
 足が痛いが気力を振り絞って頑張る。
 区切りの良い所まで終わると、19時半になっていた。
 足の指の感覚が無く、しびれていて、駐車場で少し休んでから帰る。
 帰宅して夕飯を食べて、そのまま横になって眠った。

・今日も安定していた。
 深夜にフリーランスの仕事の集金に行かないといけないが、それまで時間を潰し楽しむ。
 仕事はバリバリこなしているが、台風直撃の日に集金はきつい、深夜だし。

(今月の記述で通常営業の闘病記に追いついたので、ここで過去編は終わりにします。
 この後、副業は出勤できなくなり、統合失調症の症状が前面に出てきて、病院に行ったら、即入院という事になります。それが10月下旬。
 興味がありましたら、探して読んでみて下さい。
 閉鎖病棟内での1月半の様子や、退院後の仕事の関係、一人暮らしの中止など、色々あります。)

僕とうつ&統失 闘病記 2018.07 終わりの始まり

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・病気の事を考える事なく仕事に集中している。
 良い事だと思う。
 寝る前の薬を飲むのを忘れてしまう事が2日に1回はあるので、
 この点を注意したい。

・体調は悪く無いのだが、今日1日家から一歩も出ていない。
 もっと社交的にはなりたいと思ってはいるのだが、それには金がいる。
 地盤の家の中が荒れていて、どうにも外に出る前にする事があるような気がする。
(家の中が散らかっていると、休める気にもならないよね。 でも片付ける気力は無い。 どうしたら良いのか考えられない。 一つずつ片付けていくしかないと普通なら考えるのだろうけど、それが考えられない。 思考がまとまらない、考えが切り替わってしまうというのは統合失調症がひどくなってきているのかもしれないね。 早く病院に行ってほしい。)

・副業の面接に行ってくる。
 店長はとても穏やかそうな人で、ストレス無く一緒に仕事ができそうな印象を受けた。

・本業のお得意先からの仕事が忙しい
 ありがたいことだが、夜も関係なしに連絡が来るので、やや困ってしまう
 深夜までは仕事はしたくない。
 病気が悪化は今の所していないが、薬を飲んで休める時は休むようにしたい。
(このお得意先は依然大失態をした人なので、ミスしてはいけないというプレッシャーが凄まじい。 この人はどういう時間帯で仕事をしているのか分からないが、深夜まで連絡をしてくるのは厳しい。 プレッシャーが次々襲ってくるようで追い込まれてしまうよね。 強い薬に変えてもらう事。 すぐに病院に行くこと。)

・結構疲れが溜まってきているが、問題はないだろう。
 しっかり食べて、しっかり薬を飲んで、しっかり眠れば大丈夫。
 眠っても眠っても疲れが取れないのが問題かもしれない。
(疲れが取れないのは眠りの質の問題だと思っていたけど、これは病気からくる身体の異常だよね。 そこにも気づけなかったのは色々と対応が遅れてしまい、致命的になっていってしまったよね。 とにかく副業はするべきじゃなかった。 一人暮らしも続ける意味が無い。)

・今日も身体が重い。
 慢性的に眠く、いくらでも眠れそうである。
 疲れを取るには、しっかり食べて、規則正しく眠る事だと思うが、
 どうしても不規則になってしまう。
 完全な休日という物は無くて、何かしら仕事をしたり、電話やらLINEの対応などしなければならず、リフレッシュに全てを使うというわけにもいかない。
 今度の病院は明後日だが、そこで疲れている、体が重い、という事を話してみる。

・身体が重く、なかなか動けないので、在宅勤務に変更できないか?を上司に聞いた
 快諾してくれたが、それから家の事を色々と片付けて、お昼になってしまった。
 副業は採用され働く事になったが、その時は動けないでは通用しないので、体調管理をしっかりするしかない。
 病院で薬を変えてもらうか、こういう場合の対応やら防止策を聞いてこようと思う。

・一日中眠気がある。
 少し眠るつもりでタイマーをかけて仮眠を取るも、全然疲れが取れない。

・金がなくて病院に行く事ができなかった。
 薬はあと少しあるので、それで2週間くらいもたせる事にする。
 どうせ予約を今取っても、2週間以上は入り込めないだろう。
 薬がなくなっていく中、副業をこなす事ができるだろうか?
(副業はするべきじゃない。 バリバリ働ける状態じゃない。 健康な人だってハードな事をやろうとしているのだから、ムリなのである。 身体を壊したら何年も逆戻りする事になる。 もっと慎重にリハビリするべきです。)

・今日から副業出勤
 ストレス無く仕事ができた。
 今回は長続きできるように頑張らねばならない。

・体が重く、あちこちがきしむような感覚がある。
 今日はスタジオでないと出来ない作業は無いので、在宅勤務にしてもらった。

・病気の症状は出ていないが、副業の立ち仕事にまだ慣れていなく、体力的にはしんどい。
 足の裏が痛くなるが、それ以外は、まぁ大丈夫だろう。
 職場までの運転も苦では無く、考え事をする良い時間になっている。
 先日、病院に行けなかった事で、薬はどんどん無くなってきているのだが、予約の電話をする事は出来ていない。

・薬が後少しで無くなる。
 病院の予約も入れてないので、切れる事は確実。
 早く予約を入れるべきだが、バタバタしていてそれどころではない。
 薬無しでどこまで頑張れるだろうか?
(もう異常があちこちに出ていて、薬が無くて、副業まで始めてしまった。 悪化しておかしくなるのは目に見えているはずだけど、この時は頑張れば全てが上手く周ると信じ切ってしまっていた。 対応が遅かった。)

・薬が切れかかっているので、量を減らしている事もあり、体調が徐々に悪くなってきている。
主に朝起き上がれない事と眠っても疲れが取れない事だが、これは気合で何とかするしかない。
(気合も少しならば有効だけど、毎日とか一日中とかはムリなんだよね。 他の人よりも自分は弱いのだと理解して受け入れて、出来るとかやってやるとかそういう気持ちも大切かもしれないけど、まずはしっかり病気を治す事。 そこから社会復帰や仕事を増やす事が大切なんだと思う。)

・安定して仕事をする事ができた。
 病院の予約は日曜で受け付けていない事もあり、明日以降に行いたい。

・やはり朝が体が重く、今日は副業に行けないのではないか?と思う程だった。
 薬の量を減らし、切れるのを先延ばしにしている事も影響しているのだろう。
 今日は平日だったので、予約の電話もできたのかもしれないが、出来なかった。

・朝は体が重いが、副業に遅刻せずに出勤できている。
 薬が無くなるので、早く電話しないといけないのだが、電話が怖いと感じ中々できない。
(一日も早く病院に行くべき、そして今の状況や体調、考えを全て話すべき。 そして先生の指示に従うこと。 頑張るとか、自分はそうならないという事はありえない。 プロの意見を聞いて助けてもらうべきです。)