僕とうつ&統失 闘病記 2019.07.18 2020年以降の話

洗車会に行ってきました。
梅雨の合間の曇り、小雨もちょっぴり降っていましたが、強行開催。
会と言っても2人です。自分も入れて。
もう一人とは会社の上司。
休職中の身ではありますが、連絡は取り合ってきたので、気まずい雰囲気などは無し。
ワイワイ冗談を言い合って、楽しく行われました。

2019年を休職に充てたらどうか?という案を出してくれたのもこの上司なので、会社を辞めろとも、出てこいとも言いません。
体調は聞かれましたが、病院の先生に言われたホドホド論や、動けない日があること、毎日何やってんの?など色々と話をしました。お互いの車を洗車しながら。

行動を起こすと翌日から反動が来る事も話し、今日会ったことで明日体調悪くなってしまうだろうけど、そこは勘弁してもらって、また洗車しようという話になりました。

洗車が終わってから2人で近所の旨い洋食屋さんに移動して、色々と語り合いました。
会社の事。
2020年以降の仕事の話。
2020年に復帰できない場合の話。
上司からの提案。
自分の感想。考え。
現実的な体調の話と、こうすればいいんじゃないというアドバイスをもらったり。
後はくだらない冗談を言い合ったりしましたが、僕と上司とは社会的価値観が近いなというのを改めて感じました。
この上司の理解あっての安定した気持ちで静養に専念出来るわけですから、嘘や見栄は張らず、腹を割って話し合いました。

別にいつ復帰するか?などの話は無く、会社がこういう方向に動きそうだという話が主で、僕が関わるならばどういう形になりそうだとか、新しい話も出たり、自分が休んでいる間に物凄い早さで世の中が動いているのだという実感ですね。それが有りました。

旨い洋食を食べながら、久しぶりに社会の流れに触れたような感覚。
それが刺激的で、ワクワクして、怖くもなって、悩みも少しだけ。
最近自分の人生について深く考えるのですが、同時に両親の事も考えないといけません。
少しでも早く社会復帰をして、病気と付き合いながら、上手くやっていく方法。
全てを一度に解決する方法はありませんが、目標はあります。
それを忘れないで、ホドホド論を取り入れながら、ちょっとずつ前進できれば良いかと。
前進しない方が良いのかな。
立ち止まっちゃって、静養に専念するのも手かもしれない。
何でも理由や動機や意味を考えてしまう癖があるから、脳が休まっているか?というと微妙なところ。

焦る気持ちはあるが、じっくりと。
いくらでも考える時間はあるが、考えない事。
ホドホドに負荷(刺激)を与えつつ、目標を忘れない。

そんな事を考える1日でした。
グラタンが旨かった。

僕とうつ&統失 闘病記 2019.07.08 必ず来る反動、何か対策はできないか?

昨日、ひきこもり家族会に参加したので、分かりきっていましたが、今日は体調が悪い。
身体が重くて動けません。
一日中眠って過ごし、ブログ更新がこの時間になってしまいました。

何か活動すると翌日は動けなくなってしまう。
毎日物事を続ける事が困難だし、継続して何ヶ月も続けることが難しい。
飽きっぽいとか、すぐ投げ出すとか、そういう事じゃぁないんです。
やりたいと思っているし、意欲はゼロにはなっていない。
その意欲もなくなってしまう日もありますが・・・

先生は理由を考えてはいけないと言いました。
分析して自分に否定的になるのは良くないし、
もっと大らかに、明日も動けたらいいな くらいの考えで止めておくようにと言われている。
でも考えちゃうよね。
確かに穏やかに生活すると、体調の良い悪いの波が小さくなってくれます。
でも考えてしまう。
ただ悪い日が来ないでくれたらいい。悪い日は休むことに専念する。これもいいのでしょうけど、何も対応してないようで、これで本当に良いのかと考えてしまいます。

例えば、体力が無くて、ただ単に疲れが翌日出て身体が重い説。とかね。
でもいくら疲れていたとしても、起き上がれない程っていうのはオカシイし、動けと指示を出しても動けないというのは、疲れとか体力不足ではないでしょう。

では脳が疲れてしまっているのか?
難しい計算を何時間もやったような酷使はしていない。
じゃぁ昨日辛かった時期の話しをした事が原因か?
話すこと自体は自分で話すと決めて話しをしているわけだし、強制されているわけでも無いけど、無意識レベルで脳が辛い時期を思い出し悪化してしまう・・・とか。

脳が疲れてしまう説は、結構当たっているような気がします。
元気なフリをしてしまうこと。
心配かけないように気遣ってしまうこと。
自分はもう大丈夫だと頑張ってしまうこと。
これは病気の状態の脳にしてみたら、大変な処理をしているのだろう。
脳が疲れてしまって、その日の終わりまでは気が張っているから頑張れるけど、睡眠を取って一日が終わったとなった辺りなって脳がやっと疲れ切ってしまった現状報告でもするようなイメージかもしれない。
だから翌朝には一切の情報を受け付けないようになる。
一日の無理を修復するのに3日以上かかる事が当たり前で、これでは時間がかかりすぎる。
無茶はするなということか。
無茶っていうよりは普通の人が毎日やっているような事なんだけどね。
それすらできないのかと落ち込む。
こう落ち込むから先生は考えるなと言っていたのだろう。

寝起きに一欠片のチョコレートを食べると脳の立ち上がりが早いとか、
コーヒーのカフェインは目を覚ますとか、色々試したけど、無駄なんだよね。
普通の脳じゃないんだから、そもそも信号の往来が上手く行ってないわけで、脳は立ち上がらないし、目は覚めても思ったようには動いてくれない。

やはりどうする事も出来ないのだろうか?
薬を飲んで、安静にしているだけしか無いのだろうか?
自分で人生を切り開く、自分で進むとかとは別の道だよね。
良くなってくれと祈るだけの人生なんて。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2019.05.21 意欲無く眠るだけの数日

ここ数日更新が減っている事から、皆さん察してくれていると思いますが、体調が悪いです。
昨日、今日と全く何も出来ません。
背もたれがある椅子に座っていることも出来ず、倒れるように横になって、1日が終わってしまいます。
食事制限をしているから身体が怠いというわけでもなさそうです。
米はかなり減らしていますが、おかずはきっちりと食べていますし、フラフラになるほどのダイエットはしていません。
そうなるとやはり病気の影響なのでしょう。
横になってウトウトすると数時間が経過していて、起き上がって動けるか試すのですが、トイレに行くだけで終わってしまい、また横なって眠る。
何時間でも眠ってしまう。

起きていられない事もそうですが、意欲も無いのでしょう。
何も出来ません。
畦道を書くことも出来ませんし、ニュースなども見れません。
一つの事を考え続ける事が出来ず、思考がすり替えられてしまいます。
どうしたものか。

先生のアドバイスを聞くならば、
どうしてこうなっているのか?
どうしたら抜け出せるのか?
は考えないほうが良くて、心も脳も穏やかに過ごしてください。
という事なので、あまり難しく考えないようにしています。
起きていられなかったら眠る。
考える事は明日は動けるといいなぁくらいで止めておく。
薬はちゃんと飲む。
これくらいの事であります。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2018.12.20 それでもふた月前から比べたら

一日中眠って過ごす。
もう何日この生活を繰り返しているのか?
ダメだとわかっていても起き上がれないし、横になって心を落ち着かせようとする事を試してばかりで時間が過ぎる。
起きているような眠っているような時間帯が続き、何か考えたかというと何も考えられていない。

記憶も曖昧で、文字通り何をしていたか分からない1日。
こんな感じで良いわけがないけれど、目で見ている映像にARで絵が重なるように色々と浮かんでくる。
入院前のひどい時はそれが1秒毎にグチャグチャにチャンネルが切り替わる感じだったが、今は5秒に1回くらいの切り替わりで、映像も血のような赤が多かった頃に比べて、モノクロのように落ち着いた色になったように感じる。
これでも随分と楽。

寝ぼけていて起きているかも分からないという事ではない。
確実に起きているが頭がやはりどこかおかしい。
しっかり起き上がって、座禅でも組むように頭の中を観察すると分かるのだけど、一つの事を考え続ける事が相変わらず出来ない。

それ自体はさほど苦しくはない。
苦しくないと言うのは、1秒で目も耳も頭の中も切り替わっていくのに比べたら苦しくないと言うだけであって、無害ではない。
指を刃物で切りつける映像が浮かび、実際の手に痛みが走る現象はあれ以来起きていないし、少しずつだが脳が休まってきたのかもしれない。

でも何日も何も考えられず、こうしようという案が一つすら出てこない程何も考えられないのは、色々と問題なのかもしれない。

明日は、病院の日なので、色々と話を先生にしてみようと思う。