僕とうつ&統失 闘病記 2019.11.22 11月の病院にて

今日は通院の日。
今日も身体が重く、病院には行けないかと思ったのですが、行かなければ更に辛くなる事は分かっているので、何とか起き上がって病院に向かいます。
天気は雨で気温は6℃。
先月の通院時も雨だったなぁ。
寒いです。

今日は混んでいるのか?
話し込む患者さんが多いのか?
2時間多く待たされました。
完全予約制で言われた時間に行っているのにそれだけ待つのは厳しい。
座っているだけでも、それがしんどい。
やっと僕が呼ばれる頃には午後の部の患者さんが待ち始めて、先生お昼食べる時間無いだろうな。

さて診察の様子です。
とにかく身体が重いと伝えました。
無気力はこれまでもありましたが、プラス身体が怠くて横になって休んでばかりだと。
それと思考が停止してしまって、毎日何も考えられない。
1日天井を見ていても、何を考えていたか分らない。何も次の行動の事が考えられない。
それと頭がフラフラして、少し頭痛がする事など伝えました。

先生によるとじゃぁ抗うつ薬を増やしましょうという事は難しいとのこと。
セロトニンの動きを正しく抑える事と、やる気を出す為にセロトニンを活発にする事は効果を打ち消し合ってしまって、結果体調が悪くなるだけだと。
取り敢えず、身の回りの事をやれているならば、それで良しとしないといけないそうです。
またバリバリ働いていた頃と今(今後も?)比べてはいけないとアドバイスも。

お尻に打っている注射の薬を変える事はできるそうですが、それが先生が前から言っているやる気を出す薬のようです。
ただしそれを打つと、今打っている、頭がグチャグチャになってしまう事や、ストレスから身を守る事が弱くなるとのこと。
そういうわけで今までやる気を出す薬は出さなかったということらしいです。
確かにもっと頭がスッキリして安定してからでないとやる気の注射に切り替えるのは危険です。
なかなかこれといった手が打てないのかもしれませんね。
あまりに今の状態が辛い場合はそれを放置するような事にはしませんとも言ってくれたので、今はこの処方で少しずつ頭の調子が上がってくる事を待つしかないのかも。

因みに、今仕事が立て続けに入ってきていて、追われているような感覚でとても辛いと言うと、薬を変えるよりも、仕事を減らす事の方が効果が出るとも。
そりゃそうだよね。
原因から距離を取る事が一番手っ取り早いし、確実で基本です。
でも仕事をゼロにする事はせずに、3分の1くらいに減らしたほうが良いって言われた。
ちょっと何もやりたくないのですが・・・やれないしね。

11月は色々有りすぎたから、しばらく休みたいというのが本音。
上司には仕事を回さないでくれって言わないといけないけれども、今実際に追い込まれてしまっているから、このままだと壊れてしまいそう。
言うしかないな。
分かってくれるとは思うけど。

っというわけで薬はこれまでと変化無し。
お尻に注射、ゼプリオン水懸筋注75mgシリンジを打って、
夕食後にランドセン0.5mgを2錠。

僕は今後どうなってしまうんだろうか?
いつまで耐えないといけないのだろうか?